季節ごとのイベント情報と観光地情報、豆知識・お役立ち情報などをご紹介!

北海道の知床ネイチャークルーズをオススメする3つのポイント

北海道を楽しく巡る観光や旅行において、ぜひ押さえておきたい
オススメの観光地や、注目のお出かけスポットと言えば
あなたはどのような場所を思い浮かべますか?

知床の海を満喫できる、知床ネイチャークルーズをはじめ
山岳と水辺のコラボレーションが印象的な、摩周湖や阿寒湖など。

その地に息吹く、大自然が持つエネルギーを
最大限に活かした観光地を、数多く抱えている北海道―

 

 

この記事では、そんな北海道の数々の観光地から
知床ネイチャークルーズにまつわるオススメポイントについて
全部で3つのポイントに分けて、それぞれにご紹介しています!

今までの北海道旅で、知床ネイチャークルーズに触れる機会が無かった
というあなたはもちろん、そうでないあなたにも
今後の旅の参考にしていただける内容にまとめてみました。

 

 

こちらの記事でお伝えする、3つのオススメポイントをきっかけに
ぜひあなたも、知床ネイチャークルーズならではと言える
お気に入りの楽しみ方を、探してみてくださいね。

それでは早速、北海道知床ネイチャークルーズ
楽しみ尽くすための、オススメすべき注目ポイント3つについて
それぞれの気になる魅力を、順番に紐解いていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

 

知床ネイチャークルーズのオススメポイント①「生態系」

北海道の知床ネイチャークルーズをオススメする3つのポイント

 

 

初めにご紹介する、知床ネイチャークルーズのオススメポイントは
知床の海上だからこそ学べる、命の温もりに溢れた「生態系」です。

海の生き物と陸の生き物が、ほとんど同時に見られる
知床ネイチャークルーズの「生態系」―

 

 

だからこその魅力とも言える、羅臼沖・根室海峡
北海道屈指の、野生動物の聖地と言っても過言ではありません。

西は知床半島から、東は国後島に至るまで
広大な大海原を漂う流氷を含む、数々の動物たちとの
ドラマチックな出会いが体感できる、知床ネイチャークルーズ。

 

 

そのスケールは、まさに北海道トップクラスの
思い出作りの場であると言えますよね!

マッコウクジラやイシイルカをはじめ、オオワシやミズナギドリの他
好条件の日にはシャチまで見られる、知床ネイチャークルーズは
海の世界を形成する、「生態系」とのコラボステージです。

 

 

クルージングに際しては、そうした「生態系」への配慮として
クジラたちから、約50m以内に近づくことはできません。

だからこそ、知床を知る上で欠かせない、「生態系」の不思議を
肌身で感じられる、知床ネイチャークルーズ
ぜひあなたも、その迫力を実際に確かめてみましょう!

 

 

知床ネイチャークルーズのオススメポイント②「エバーグリーン」

次にご紹介する、知床ネイチャークルーズをオススメするポイントは
人と海とをつなぐ、随一の橋渡し役を担う、「エバーグリーン」です。

知床ネイチャークルーズの顔でもある、「エバーグリーン」は
北海道の海を渡る船の名前

 

 

最新鋭の設備や、安全対策、自然環境への配慮が
船内外の至る所に施されているのが特徴であると言えます。

元々、水産高校の小型実習船での使用を目的に
製造された「エバーグリーン」は、船上2階建ての構造。

定員が50名という、ハイクオリティな船になっており
船の中でも、外のデッキでも、心地よい船の旅を実現できる
様々な工夫がなされています。

 

 

2階のデッキからは、海上観察ができる他、海鳥の姿や
遠くの陸地を眺めるのにも適しており、乗船時に足を踏み入れる
エントランスの役割を果たしているのもポイント!

外での時間が肌寒くなれば、室内キャビンで休める他
小型のお手洗いも整備されているので、船に弱い方や
お子さん連れの方も、安心して楽しめるのも、嬉しいポイントです。

 

 

大海原の空気に身を浸し、洗練された、最新鋭の環境を体感できる
知床ネイチャークルーズの「エバーグリーン」。

あなたも、船の上で思う存分、知床の海のエネルギーを
吸収してみてはいかがでしょうか?

 

 

知床ネイチャークルーズのオススメポイント③「知床雑貨カフェ cho-e-maru」

北海道の知床ネイチャークルーズをオススメする3つのポイント

 

 

最後にご紹介する、知床ネイチャークルーズを楽しむオススメポイントは
記念に立ち寄りたくなる、「知床雑貨カフェ cho-e-maru」です。

知床ネイチャークルーズの旅を記念して、大切な人へのお土産などを
購入したいあなたは、ぜひ、ネイチャークルーズ事務所の
真向かい・「知床雑貨カフェ cho-e-maru」に立ち寄ってみましょう!

 

 

羅臼沖の、クジラやシャチをモチーフにした
可愛らしいハンドメイド雑貨は、特に人気のアイテム。

漆器やファイル、パーカーやTシャツなど
個性豊かなオリジナルグッズが、多数販売されています。

 

 

また、観光船への乗船までには、待合所として利用することもでき
ホットコーヒーが味わえるなど、喫茶店としての役割も果たしている
知床ネイチャークルーズの、「知床雑貨カフェ cho-e-maru」―

存在感に溢れた、オーシャンブルーの建物が目印なので
ぜひあなたも、北海道を巡る旅の隙間を縫って
1度チェックしてみてはいかがでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

 

北海道の知床ネイチャークルーズで充実した旅を実現しよう!

ここまでご紹介してきた、北海道知床ネイチャークルーズにまつわる
オススメのポイント3つ。

どれか1つでも、今後の旅のヒントにしたくなる内容は
見つけられましたでしょうか?

 

 

これらのポイントをチェックしていくと、雄大な北海道の中の
知床の地に焦点を当て、訪れる人々に、感動とエネルギーを与え続ける
知床ネイチャークルーズの姿が垣間見えますよね!

国内外の老若男女を問わず、知床の地へ足を踏み込んだ人々に
圧巻の知床の海の、リアルな姿を、実践的に楽しく教えてくれる
ある種の学びの場でもある、知床ネイチャークルーズ―

こちらの記事でお伝えしてきた、3つのオススメポイントをきっかけに
ぜひあなたも、北海道知床ネイチャークルーズ
充実した海の旅を体験してみてはいかがでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク