季節ごとのイベント情報と、最新の芸能ニュースなどトレンド情報をいち早くご紹介!

「ロハスフェスタ 2018」でゴミを出さないイベントを体験しよう!

家族でおでかけしたくなる季節がやって来ましたね!

子どもと一緒に、なるべくコストパフォーマンスを実現させたイベントに参加したい!

 

 

と、お考えのあなたにピッタリの、
エコにフォーカスした「ロハスフェスタ 2018」をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

「ロハスフェスタ 2018」について

「ロハスフェスタ 2018」でゴミを出さないイベントを体験しよう!

 

 

ロハスフェスタ 2018」とは、子どもから大人まで、楽しみながらエコについて考え、
実際にアクションを起こすことができる、体験型のイベントです。

 

 

2018年のスケジュールは、4月20日(金)~22日(日)と、
4月27日(金)~30日(月)2部構成で、大阪・「万博記念公園 東の広場」にて、
最初の「ロハスフェスタ2018」がスタートします。

 

 

また、5月25日(金)~27日(日)にかけて、広島・「旧広島市民球場跡地」で行われ、
少し間が空いて、9月15日(土)~17日(月)まで、
東京・「光が丘公園 芝生の広場」でも開催される予定です。

 

 

昨年は、10月淡路島でも行われていましたが、
今年はまだ詳細が発表されていないので、気になる方は随時チェックしておきましょう。

ところで、「ロハスフェスタ 2018」の“ロハス”とは、何を意味するものなのでしょうか?

 

 

「ロハスフェスタ 2018」の“ロハス”とは?

ロハスフェスタ 2018」の“ロハス”とは、
Lifestyles Of Health And Sustainabilityの頭文字をとった略語「LOHAS」に由来するものです。

 

 

一口に“エコ”と言っても、「ロハスフェスタ 2018」では、人間の健康と、
持続可能な社会に適応した日常生活の在り方の模索向上を目指した考えのことを指します。

 

 

人間の心や身体に優しいということは、言い換えると地球環境にも優しいことなのではないか、
という考えから生まれたライフスタイルが、“ロハス”とも言えるのではないでしょうか。

 

 

ロハスフェスタ 2018」は、“エコ”について、一人ひとりの意識に呼び掛けながら、
オシャレにかわいくエコを実践しよう」というコンセプトの下、
環境に優しいエコな姿勢を身近な感覚としてもらえるような取り組みを行っているイベントです。

 

 

一人ひとりのエコに対するアクションは小さくても、たくさんの人が小さなアクションを起こせば、
世界の環境を変えられる、ということを体現した取り組みになります。

さて、そんな「ロハスフェスタ 2018」では、一体どのようなことができるのでしょうか?

 

 

「ロハスフェスタ 2018」でできること

「ロハスフェスタ 2018」最大の特徴と言えば、「ゴミを出さないイベント」であることです。

主催する側のみが、ゴミの削減に取り組むのではなく、出展される方や、来場される方にも、
徹底的にゴミを無くすよう垣根を越えた喚起が「ロハスフェスタ 2018」のポイントです。

 

 

例えば、飲み物を買う以前に、お家からマイボトルタンブラーに飲み物を入れて持ってきたり、
フードコーナーで使えるマイ箸やランチボックスなどを用意して持ってくるようにするなど、
とにかく徹底したゴミの削減に取り組んでいるのが「ロハスフェスタ 2018」です!

 

 

また、「ロハスフェスタ 2018」では、手作り雑貨
家具自然食材から作られたオリジナルフードやスイーツのほか。

 

 

石鹸作りやアクセサリー作りなど、実際に挑戦できる自然に配慮した
エコなイベントが盛りだくさんです!

 

 

お気に入りのコップやエコバッグ、タオルやレジャーシートを持っていくことで、
ピクニック遠足の気分を楽しみながら、
家族でエコについて考えるきっかけを与えてくれる展示が並んでいます!

 

 

また、実際にランチボックスやエコバッグ、お皿やどんぶりなど、お家から持ってきた
エコグッズ」を各ブースでアピールしていくと、特典がつくこともあります。

 

 

1つでも多くの「エコグッズ」を持って、
ロハスフェスタ 2018」に出向いてみたいですよね!

 

 

また、コップや使った自分のお皿も、「エコな洗い方」で、片付けられるよう、
お支度グッズ洗い場」というスペースが設けられています。

 

 

この「お支度グッズ洗い場」では、古布などを使って、大まかな油分を取り除き、
水で洗って、タオルで水気を拭く、という極シンプルな方法で実践できます。

 

 

お子さんと挑戦する祭には、多少汚れてもかまわない格好で参加すると、
心置き無く楽しめます!

 

 

そのほか、100円でレンタルできるリユース食器や、
オリジナルの「お支度セット」なども販売されているので、
肝心のマイ食器を忘れてしまった場合でも、問題なく次回にも使い回せるようになっています。

 

 

ここで、「ロハスフェスタ 2018」を安全に楽しむための、
いくつかの注意事項も確認しておきましょう!

 

 

「ロハスフェスタ 2018」を楽しむために

ロハスフェスタ 2018」は、あくまでも野外のイベントです。

エコに特化した舞台だからこそ、身体への配慮も忘れては行けません。

タッパーなど、フタ付きの保存容器に長時間、食べ物を保存しないようにしましょう。

 

 

また、マイ箸マイ食器と言っても、
使い捨てであっては「ロハスフェスタ 2018」の意味がありませんよね。

 

 

ゴミが出ないように工夫した持ち物を揃えるようにしましょう!

そして、衛生面についてですが、あくまでも“エコ”を身近な存在として
意識してもらうためのイベントなので、自己管理自己判断が前提になりますので、
その旨を前もって把握しておくことが要されます。

 

 

基本的に、上記の注意点を認識さえしていれば、問題なくお子さんでも楽しめるようになっています。

滅多にない貴重な経験に伴って、理解しておくべきことも出てくるということですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

「ロハスフェスタ 2018」のまとめ

「ロハスフェスタ 2018」でゴミを出さないイベントを体験しよう!

 

 

ロハスフェスタ 2018」の面白さや楽しみ方をきちんとお伝えできましたでしょうか?

普段の生活で、安さや利便性のみを追求するだけではなく、どこかしらに小さくても“こだわり”を見つけて、
ゆとりを持った心の目で、地球環境に意識を向けてみる重要性を伝えています。

 

 

家族でエコについて、アクティブになってみるきっかけの1つとして、
お子さんと楽しみながら「ロハスフェスタ 2018」で、
地球に優しい取り組みをスタートさせられるといいですよね!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク