季節ごとのイベント情報と観光地情報、豆知識・お役立ち情報などをご紹介!

新しき歴史の街・長崎県~外せない観光スポットとグルメとは?~

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月19日17:00~9月24日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月24日16:59まで)はこちら

 

 

長期休暇は、家でゆっくりしたり、外で普段と違う体験を楽しむなど
様々な過ごし方がありますよね。

インドア派もアウトドア派も、旅行や観光の魅力的なスポットを巡るのは
空想でも現実でも、共通して楽しいもの。

海外旅行は素晴らしいものですが、日本国内で楽しむのも
思い出作りにピッタリなテーマではないでしょうか?

 

 

筆者自身もまた、国内旅行が好きで、色々な場所に行きましたが
中でも、九州旅行・福岡県は、実に思い出深い土地になりました。

美味しいグルメからショッピング、あるいは九州エリア
心臓部であったことに、確かな感動を覚えたのです。

そこで、こちらの記事では、そんな福岡が結んだ
九州長崎県の観光スポットについて、ご紹介しましょう!

 

 

筆者自身が人生で初めて、長崎県へ訪れた際に、街の雰囲気やグルメ
景色の良さに感動し、何度でも来たいと決起して以来
事実、何度も足を運んでいます。

そんな魅力たっぷりの長崎県の中から、外せないスポット
いくつかご紹介していきますので、ぜひ最後までチェックしてみましょう!

 

 

定番の外せないスポット~ハウステンボス・軍艦島~

新しき歴史の街・長崎県~外せない観光スポットとグルメとは?~

 

 

ここではまず、いわゆる定番と呼ばれる観光スポットを
大きく2つに分けて、ご紹介します!

1つ目の場所は、長崎県の代名詞であると言っても過言ではない
ハウステンボス」です。

 

 

長崎県佐世保市にあるハウステンボスは、1992年に開園して以来
年間約270万人以上の来場者数を誇ります。

ハウステンボスのコンセプトは
1年を通して6つの王国を楽しむ」というもの!

 

 

花の王国・・・1年中咲き誇る季節花々を楽しめるエリア
光の王国・・・365日、夜が煌めくライトアップのエリア

ゲームの王国・・・子供も大人の楽しめるゲームエリア
音楽とショーの王国・・・美しい音色が響くパレード

健康と美の王国・・・大人も健康と美を追求できるエリア
ロボットの王国・・・最先端のロボット科学を学べるエリア

 

 

シーズンにより、様々なイベントが催されている
長崎県のハウステンボス。

まさに、誰がどのタイミングで訪れても
必ず楽しめる場所であると言えるのではないでしょうか?

 

 

2つ目の場所は、歴史深き世界が広がる
軍艦島」になります。

長崎市にある軍艦島は、明治から昭和にかけ、海底炭鉱によって栄え
ピーク時には、島内約5,000人もの住民が暮らしていました!

当時の島の人口密度は、2021年現在でいう東京の約9倍以上
その中に、病院や学校などの公共施設、映画やパチンコ店などの
娯楽施設まで揃っていたと言います。

 

 

その後、エネルギー革命により、石炭の需要が減少し
そこに比例して人口も減少、1974年に閉山してしまいました。

しかし、2015年、改めてその歴史的価値が認められ
「軍艦島」の名称で、世界文化遺産の登録に至ります。

 

 

2021年現在でも、その姿を見られる「軍艦島クルーズ」が展開されており
独立した島に拓かれた、廃墟とも呼べるその異様さと
かつての繁栄を反映した、建築物の多さに圧巻される「軍艦島」。

長崎県を巡る旅の際には、ぜひ1度、「軍艦島」も
見に行ってみてはいかがでしょうか?

 

 

外したくないスポット~稲佐山・出島~

次にお伝えしていくスポットは、ずばり
同じ旅路ならば外したくはない、2つのエリアです。

1つ目の場所は、県内屈指の夜景を堪能できる
稲佐山」です!

 

 

稲佐山からの夜景は、世界新3大夜景に認定されており
1000万ドルの夜景」と呼ばれているのが、最大の特徴。

ホテルから直接バスで向かえる、稲佐山ならではのツアーも企画されている他
ドライブルートとしても気軽に行けるのが、嬉しいポイントになります。

美しい夜景の写真は見事なものですが、ぜひ1度、あなた自身の目に
その絶景を焼き付けてみてくださいね!

 

 

2つ目の場所は、長き外交の歴史を誇る
日本屈指のベイエリアである、「出島」です。

出島の歴史について、簡単におさらいすると、江戸時代の鎖国制度下において
日本では数少なかった、外国との窓口の1つであったのが出島。

その影響から、江戸時代を筆頭に、和洋折衷の建築物や文化が
非常に栄えた場所でもあります。

 

 

それを受け継いだ出島は、縮小こそしたものの
2021年現在も、健在しています!

出島のエリア内では、タイムスリップした雰囲気を味わえたり
当時の和・洋両文化が息づく、和服体験もできます。

普段はできない、非日常的な体験を楽しく学べる、出島ならではの空間で
ぜひあなたも、思い出を作ってみてはいかがでしょうか?

 

 

長崎県の外せないグルメ3選

新しき歴史の街・長崎県~外せない観光スポットとグルメとは?~

 

 

長崎の食べ物は、彩り豊かなものが多く、様々な名物グルメ
ありますよね。

今回は、そんなグルメの中から、「ちゃんぽん」、「トルコライス
カステラ」の3つを、ご紹介していきましょう!

 

 

①ちゃんぽん

長崎ちゃんぽん」の名でも親しまれる「ちゃんぽん」は
豚骨ベースのスープと太麺、そこに乗った色鮮やかな野菜が最大の特徴。

長崎発祥の「ちゃんぽん」は、多くのお店で提供されるので
ぜひあなたも、自分好みのお店を探してみてくださいね!

 

 

②トルコライス

これまた長崎発祥とされる「トルコライス」は
トンカツ、ピラフ、スパゲティが1つのお皿に乗った、地元グルメの総称

 

 

お店毎に、ピラフやチャーハン、ソースの違いなど
様々なバリエーションがあるので、数日かけて食べ比べられるのも
オススメの楽しみ方であると言えます!

筆者が感動したトルコライスは、極シンプルなものでしたが
実に美味しかったので、ぜひこちらも
気になるお店をチェックしてみましょう。

 

 

③カステラ

ポルトガルから長崎に伝わったとされる「カステラ」は
今や全国区で専門店まで沢山ありますが、やはり本場・長崎県のカステラは
どこか一味違います

 

 

また、カステラを出荷する際に余った端を、格安で買えるお店があるのは
日本広しと言えど、ここ長崎県だけ。

味はそのままに、沢山のカステラを格安で食べられる長崎県で
ぜひ思う存分、その美食を堪能してみてはいかがでしょうか?

 

 

長崎県を巡る観光にまつわるまとめ

ご紹介してきた、長崎県観光名所にまつわるポイントについて
いかがでしょうか?

どこか昔を思い出す、懐かしい街並みはもちろん
現代性すらも感じられる建物が、見事に融合した長崎県。

 

 

紹介しきれなかった観光スポットも
まだまだ沢山あります。

今回の記事を参考に、あなたもぜひ1度
長崎県に足を踏み入れて、観光巡りを満喫してみましょう!

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月19日17:00~9月24日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月24日16:59まで)はこちら

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク