季節ごとのイベント情報と、最新の芸能ニュースなどトレンド情報をいち早くご紹介!

父の日に渡してみたいプレゼント紹介~頑張る父を応援しよう~

時間が経つのは、大人になるほど早く感じるもので
ふと気づく頃には、「1年が終わる」実感も湧いてきますよね。

新年を迎え、春の桜が咲き
セミの鳴き声が響く夏を終えると、秋から冬へ―

 

 

そんな忙しない日々の中にあっても
忘れたくない、特別な1日があることを、あなたは知っていますか?

それはずばり、6月の代名詞であると言っても過言ではない
父の日」です。

 

 

5月の母の日は、常にメディアにも取り上げられ
母の日に関連した、CMや広告をしていることもあり
この日を忘れる方は、比較的少ないもの。

ですが、一方の「父の日」は、6月の祝日の少なさの中で
うっかり忘れてしまう、なんて方も多いですよね。

 

 

そこで、こちらの記事では、そんな「父の日」を忘れないためにも
その背景や由来について、あらゆるお話を紹介しています。

父の日にまつわる、様々な豆知識を蓄えながら
実際に贈りたくなる、プレゼントの中身についても
チェックしてみましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

 

父の日にまつわるそもそもの由来とは?

父の日に渡してみたいプレゼント紹介~頑張る父を応援しよう~

 

 

父の日」という風習は、アメリカが発祥の地であるとされており
ジョン・ブルース・ドット夫人という方がその生みの親になりました。

「母の日があって父の日が無いのはおかしい」
父の日も新たに制定してもらいたい」―

前月の5月に、「母の日」が出来たことを知ったドット夫人は
そう希望し、母の日が制定された翌年にあたる
1909年に、改めて、協会に申し出たことがきっかけです。

 

 

当時はまだ、一般市民に過ぎなかった1人の少女
「母の日同様に父の日を作りたい」と望むことは
時代背景を考えると、非常に稀有な出来事でした。

そんな異例とも呼べる事態が、見事受け入れられた理由は
一体何だったのでしょうか?

 

 

ドット夫人の父親は、アメリカ軍の一軍人として
日々母国へ奉仕する生活を送っていました。

そのため、ドット夫人たち子どもと母親の生活は
1年を通して、女手一つの状態を強いられていたと言います。

 

 

そんな自分の父親が、改めて復職して程なく
ドット夫人の母親は、この世を去ることになりました。

そこからの生活は一転、父親1人で子どもの世話をするという
当時としてはイレギュラーな環境が、ドット夫人の一家に訪れます。

ドット夫人は、6人兄妹の末っ子で、当時の社会背景を考えると
お父様の苦労は、並大抵のものではなかったことが、よく分かります。

 

 

この理由から、「お父さんのための特別な日を作りたい」と願う
子どもたちの素直な気持ちが、教会を動かしたと言えますよね!

親想いの子どもの声が、見事に功を奏し
後7年の歳月を経て、1916年に、晴れて「父の日」が成立した
というのが、一連の歴史的な由来になっています。

 

 

毎年の父の日はいつやって来る?

では、そんな父の日が、そもそも何月何日であるのか
という部分についても、同時に確認しておきたいところ!

残念ながら、元来、「父の日」に決まった日にちは存在しません
だからこそ、母の日に比べると、物理的に忘れやすい
という背景があるのも、理解に難くない理由になりますよね。

 

 

ただし、一般的な定説としての父の日は
毎年6月の第3日曜日、というのが、広く認識されています。

ちなみに、2021年の父の日は6月20日にあたるので
自分のお父さんへのお祝いをしたいあなたは
ぜひ、忘れない内にメモを残しておきましょう!

 

 

また、豆知識として知っておきたい事の1つですが
父の日というのは、必ず、6月15日から21日の間にあたります。

これは、1週間が7日間ある以上、物理的に必然の事象である
と言えるので、ぜひ覚えておきましょう!

 

 

父の日にピッタリなプレゼントの選び方について

父の日に渡してみたいプレゼント紹介~頑張る父を応援しよう~

 

 

ここまでは、父の日の歴史を辿ってきましたが、ここからは
より身近なお悩みである、「プレゼントの選び方」を、紐解いてみましょう!

母の日にはカーネーション、といった要領で選べる
定番のギフトや、代表格の品物が非常に少ない事も
父の日に頭を抱える部分の1つですよね。

 

 

同じ贈り物ならば、やはり少しでも良いと思う物
というあなたの気持ちに沿った、主なプレゼントの選び方について
全部で6つのポイントに分けながら、ご紹介していきます!

あなたのお父さんの、性格やタイプを理解した上で
実用的な物、機能的な物、ワクワクするものなど
男性ならではのロマンや心理を活かしながら、検討してみましょう。

 

 

①普段から使える物

普段の仕事や日常生活の中で使える物は
男女を問わず、非常にオススメであると言えます。

 

 

ハンカチや靴下など、この系統のプレゼントをもらって
嫌がるお父さんは、比較的少ない上に
性別の壁を越えてプレゼントできるのが、嬉しいポイント。

日頃からスーツを着る仕事であれば、ネクタイやネクタイピン
職人などの業種であれば、特定の道具ではなく
タオルやバンダナ等も、オススメのアイテムです。

 

 

②お父さん自身の趣味に使える物

こだわりが浅いうちは、この手のギフトを嫌がるお父さんも
少ないと言えるのではないでしょうか?

お父さん自身が無趣味である場合は、得策とは言えませんが
何かしら明確な趣味を持っているならば、こちらもオススメです。

 

 

ゴルフを始めたお父さんには、ゴルフボールを
釣りが趣味のお父さんには、お気に入りのルアーなども
人気のプレゼントになっています。

お父さんの趣味について、なるべく丁寧に調べながら
良いと思う物を、ぜひプレゼントしてみてくださいね!

 

 

③自分の趣味をシェアしてみる

こちらは、先ほどと対称で、普段から無趣味なお父さん
ぜひオススメしたくなるプレゼント!

人は、何か1つでも、趣味があることで、ストレス発散のきっかけや
リフレッシュを実現する生きものでもあります。

 

 

まさに趣味を探している、というお父さんであれば
ぜひ、プレゼンターになるあなた自身の趣味
あえてシェアし、オススメしてみてはいかかでしょうか?

共通の話題が生まれることで、あなたの話相手が増えるのみならず
1つの家族団らんのきっかけにもなりますよね。

 

 

④ハズれ無しの好物・飲み物

お酒が好きなお父さんへは、いつも飲むお酒をプレゼントする
というのは、比較的よく挙がる贈り物のアイデアですよね。

ですが、ここはせっかくの父の日、どうせ贈るのなら
普段は買えない、買わない、少し高級なお酒をプレゼントする
というのはいかがでしょうか?

 

 

お酒に限らず、甘いものが好きな方には、お取り寄せの限定スイーツ
コーヒーが好きな方には、ドリンクチケットなども、人気のギフトです。

この他、お父さんの好きな食べ物をプレゼントするという
最もシンプルな贈り物も、オススメの方法であると言えます!

 

 

ここまでは、父親との距離感に関わらず選べる
定番のプレゼントを中心にご紹介してきました。

この先は、兄弟や親友の様に仲が良い親子
ぜひオススメしたくなるプレゼントを、お伝えしていきましょう!

 

 

①最新の人気商品

意外性という意味では、トップクラスのプレゼントですが
昨今の人気商品や、その時々の話題の商品であれば
「これは何?」と、驚きを隠せないお父さんも多いですよね!

そんな、使いこなせるかどうかもわからない
最新の人気商品をプレゼントするメリットは、何と言っても
絶え間ないコミュニケーションの時間を作れること。

 

 

「そもそもこれは何?で、これをどうするの?」と
お互いに笑い声を弾ませながら、いつも以上に
親子のコミュニケーションを楽しめるプレゼントです。

タピオカやロールアイスなど、お父さんと一緒に
思い出のグルメ旅を楽しむだけで、親子にとっての
かけがえのない時間を過ごせますよね。

また、暑い季節にはモバイル扇風機
寒い季節には履く湯たんぽ、なども、話題性と実用性が相俟った
オススメの商品であると言えます!

 

 

②感謝の手紙

プレゼントと言えば、「何かを買う」というイメージですが
実は買わずにできるプレゼントもあります。

その代表格であると言えるのが
日頃の感謝を込めた、真心の「手紙」です!

 

 

普段感じる感謝ほど、分かっていても中々言い出せないもの
照れくささや、恥ずかしさもあってか
言いたいけど言えない、もどかしい想いは募りますよね。

だからこそ、「プレゼントとして」という形であれば
そんな気持ちや本音も、書き出しやすいのではないでしょうか?

父の日のプレゼントに、普段は言えない感謝の気持ちを綴るだけで
親子の距離は、今まで以上に、よりグッと近くなります!

 

 

スポンサーリンク

 

 

父の日に渡してみたいプレゼントのまとめ

こちらの記事では、毎年訪れる「父の日」について
あらゆる角度から、その魅力をお伝えしてきました。

父の日の由来に関して言えば、筆者を含め、知らなかった方も
多かったのではないでしょうか?

 

 

母の日に比べると、定番商品も少なく
認知度も決して高くはない父の日ゆえに
プレゼントの選び方1つにも、悩みは絶えません

一般的な感覚として、男性は使える物を望む傾向にあり
使えない物や使わない物は、書いて字の如く、使い物にならない
と考える方が多いのも事実です。

ただ、父の日に限らず、プレゼントというものは
本来、何かを渡すこと以上に、その人を想い、考えるプロセスに
大きな意味があると捉えられます。

 

 

「あれがいいかな?」、「これはどうかな?」と
その人の事を想い、考える事が、結果として
良いプレゼント、価値ある贈り物になるということ―

プライドを持つ人間ゆえに、価格帯を気にする気持ちも
十二分に理解できるところですが、価格帯だけに囚われず
ぜひあなたも、記憶に残る素敵なプレゼントを考えてみましょう。

感謝の気持ちで、最高のプレゼントを見つけられるよう
ぜひあなたも、この記事をヒントにしながら
思い出に残る、有意義な「父の日」を迎えてみてくださいね!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク