季節ごとのイベント情報と観光地情報、豆知識・お役立ち情報などをご紹介!

カメラの初心者にオススメの上達方法をご紹介!

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月19日17:00~9月24日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月24日16:59まで)はこちら

 

 

趣味の1つとして、カメラを始める方は年々増えていますが
あなたは、上手に写真撮影する方法をご存知でしょうか?

カメラを始めてみたのはいいものの、なかなか思うように上達しない
と悩んでいる方も、少なくありませんよね!

 

 

カメラで上手に写真を撮るためには、もちろん相応の経験が
必要ですが、それ以前の心得としては
やはり、正確な上達方法を知っているかどうか、という部分です。

そこで今回は、カメラ初心者にオススメしたい上達方法について
3つのポイントに分けながら、それぞれご紹介していきましょう!

 

 

同じ被写体の写真をたくさん撮る

カメラの初心者にオススメの上達方法をご紹介!

 

 

カメラ上達の第一歩と言っても過言ではないのが
同じ被写体の写真をたくさん撮る、という練習方法です。

同じ被写体を何度も撮るというと、カメラの連写機能で撮るもの
と考える方もいらっしゃいますが、この練習においては
1枚ずつ、別々の写真を撮る必要があります。

 

 

写真を撮る時の、角度や時間、距離など
基本的な構図を変えながら、何度も撮影してみて
その後に、作品毎の確認も忘れずに行いましょう!

撮った写真を見比べながら、実際の構図はどうか
次はどの部分を改善して撮影すべきか、都度考えながら
それらの内容を参考に、何度も写真を撮り直していきます。

これを繰り返すことで、少しずつ、良い写真を撮るために
必要なことや、コツが分かり始めるもの。

 

 

同じ被写体を、どれくらい撮るべきかについては
対象となる被写体や、上達スピードによっても変わりますが
基本的には、できるだけ多く撮るよう心がけたいところ!

最低でも50枚以上、平均100枚以上を目標にするのが一般的ですが
多い人になると、1つの被写体で約1,000枚以上の写真を撮影する
なんて方も珍しくありません。

 

 

何枚撮れば、どれくらい上達する、という基準はありません
写真に関しては、撮れば撮るほど上達していくと言えます。

ゆえに、最初の頃は、同じ被写体を撮ること自体
あまり楽しくない、と感じられる場面も多いものですが
上達するために必要な過程であると割り切って、練習しましょう!

 

 

過去に撮った写真を見直す

過去に撮った写真を見るだけでは、カメラの腕は上達しないのでは
と考える方がいらっしゃいますが、写真を見直すこと
もちろん、カメラの上達に繋がるアクションの1つであると言えます。

過去に撮った写真を見直す、基本的な方法ですが、まずは
撮った写真を見る際に、自分の写真の癖を探しながら見てみましょう!

 

 

癖を探しながら写真を観察していると、自分の写真のどこが悪いのか
どのような失敗をしているのか、という傾向を見つけ出せます。

写真の中から、その欠点や情報を見つけられさえすれば
その後写真を撮る際も、この悪い部分を直しながら
写真の撮影ができますよね。

初心者である間は、保存してある写真こそ
決して多くありませんが、この作業は定期的に行いましょう!

 

 

実際は、撮る写真の枚数にもよりますが、1年近くで約1,000枚以上の
写真のデータを溜められるので、それらの見直しを行った後に
データを整理することで、後の写真管理にも応用できます。

また、過去の写真を見直すことには
モチベーションの維持にも効果があります。

過去の写真を見れば、今の自分が、その写真を撮影した当時よりも
どの程度上達しているか分かるため、写真の見直し作業は、カメラへの
モチベーションが低下した時にも、オススメの練習方法であると言えます!

 

 

自分で撮った写真を共有サイトに投稿する

カメラの初心者にオススメの上達方法をご紹介!

 

 

周りの人からの評価というのは、自分で行う評価よりも
公平であることが多くあります。

そのような意味でも、自ら撮影した写真を、ネット上の共有サイト
投稿してみることも、ぜひオススメしておきたいところ!

 

 

また、写真を投稿すると、様々な人から評価を得られたり
意見をもらえるのも、魅力的な特徴の1つです。

自分が撮影した写真を、誰かに見てもらえるというのは
写真を撮る上で、モチベーションの維持に繋がるのみならず
写真を撮り続けてきた、先輩や同志と関われる場にもなります。

そのような仲間からの、意見やアドバイスは、非常に貴重なものなので
その言葉を実践するだけでも、上達への近道になると言えますよね。

 

 

自分では上出来の取れ高だと思った写真でも、客観的な反応では
あまりいい評価を貰えなかったり、自己評価が低めの写真でも
高い評価を貰えた、というケースは、決して珍しくありません

こうした経験を積むことで、写真の良し悪しを見極める目を
鍛える訓練にもなるので、最初の抵抗を克服し、ぜひ勇気を出して
写真の共有サイトを、有効に使用してみましょう!

 

 

そんな写真の共有サイトはたくさんあるものの
基本的にはどこも無料で使用できるケースが多いので
実際にチャレンジする際は、使いやすいサイトを探しましょう。

写真の共有サイトでは、意見交換できる掲示板などが
用意されていることもあるので、こうした機能も
ぜひ積極的に、利用してみてはいかがでしょうか?

 

 

カメラ初心者にオススメしたい上達方法のまとめ

ここまでご紹介してきた、カメラの初心者にオススメしたい
上達方法について、少しでも今後の参考にしていただけましたか?

カメラを始めて間もない時点では、ただ写真を撮っていることが
純粋に楽しいものですが、写真を撮っていくにつれて
カメラの腕をもっと上げたいと思い始めるのも、極自然なこと―

 

 

だからこそ、こちらの記事を通して、写真やカメラの
本来の楽しみ方や学び方を吸収しておきたいところですよね!

カメラを手に取った時、こちらでお伝えした3つのポイント
少しでもあなたの趣味の充実に繋げてみてはいかがでしょうか?

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月19日17:00~9月24日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月24日16:59まで)はこちら

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク