季節ごとのイベント情報と観光地情報、豆知識・お役立ち情報などをご紹介!

カメラによくある故障の原因とその対処方法とは?

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月19日17:00~9月24日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月24日16:59まで)はこちら

 

 

カメラを使用していると、ある日突然、あるいは日々少しずつ
どうしても故障に至ってしまうことがありますよね。

その故障にも、様々な原因があり、それによって
実際の対処方法も異なってくるもの―

 

 

そこで今回は、カメラが故障してしまう主な原因
故障してしまった時の、基本的な対処方法にフォーカスしてみました!

体験したことのある故障の状況から、修理に出す前の時点で
確認しておくべきポイントについても、紹介しているので
ぜひあなたも、最後までチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

 

カメラの故障でよくある原因

カメラによくある故障の原因とその対処方法とは?

 

 

初めに、押さえておきたい故障の原因について
全部で3つ、それぞれの背景をご紹介しておきましょう。

 

 

①バッテリーの消耗

カメラが故障する原因の1つとして、最もありがちなケースは
「バッテリーの消耗」ではないでしょうか?

 

 

バッテリーは、デジタルカメラに必要不可欠な物であり
使用頻度が最も高い部品でもあるため、とりわけ
故障の原因に結び付きやすい部分であると言えます。

そんなバッテリーが消耗してしまうと、カメラの電源自体が入らなかったり
電源は入るものの、写真を撮影できないといった状態に陥ってしまいます。

 

 

②液晶の損傷

バッテリーの次に、頻発する故障の原因としては
液晶が損傷・壊れてしまう、というケースが挙げられます。

 

 

カメラの液晶が壊れてしまうと、画面にノイズが入ったり
写真の色味が不自然に変色しかねません。

写真のデータ自体には、異常が無いにも関わらず
カメラの液晶で確認すると、このような症状が起こる場合は
液晶が損傷している可能性が考えられます。

 

 

③その他の原因

この他、故障の原因として、その他の理由でよくあるのが
カメラのレンズに傷がついていたり、カメラ本体の墜落事故や
ボタンが機能しなくなる、などの原因が挙げられます。

 

 

レンズに傷がつくと、目視での確認では気付けないことが多く
写真には異常がないのに、作品の全てに、その傷の跡が入るので
一度負ってしまうと、厄介な故障の形であると言えます。

また、カメラを落としてしまった場合に現れやすい症状として
カメラのボタンが効かなくなったり、シャッターの開閉や
ズームの誤作動なども起こりやすくなります。

 

 

このように、カメラの故障の原因や症状には
様々な背景があり、それぞれ、分かりやすい原因や
見えにくい理由が伴うことが分かりましたよね。

もちろん、これら以外にも、様々な故障の形があるので
自分のカメラの状態をしっかりと把握しておきましょう!

 

 

カメラが故障してしまった時の対処方法

では実際に、カメラが故障してしまった場合
どのような対処方法を講じるべきか、気になるところですよね。

以下3つの方法を押さえながら、いざという時に備えて
ぜひあなたも、カメラの故障に対応できるようにしましょう!

 

 

①修理相談窓口を頼る

カメラが故障した場合、基本的には、各カメラメーカーの
修理相談窓口に連絡しますが、このメーカーに依頼することで
ほとんどの場合、きちんと修理をして返却してもらえます。

ただし、故障の内容次第では、修理不可であったり、買い直す方が良い
といったケースなど、完全な修理が行われない場合もあるので
修理の対象項目には注意しておきましょう。

 

 

②保証書を活用する

カメラの購入時に、保証書がある、あるいはあった場合には
購入した店舗へ、直接持参するのも、1つの方法です。

保証期間内であれば、通常の修理代よりも割安で修理できたり
場合によっては、無料で取り換えてもらえることもあります。

 

 

③自力で補修作業を行う

故障した部分によっては、わざわざメーカーや店舗へ
出向かずとも、自分で修理できるケースがあります。

 

 

例えば、バッテリー不足でカメラが作動しない場合、対応するバッテリーを
買い替えれば済みますし、カメラ専門店であれば、様々な種類のものが
取り扱われているので、修理に出す前にそこで探せます。

また、レンズ部分に傷がついている場合でも、レンズが取り外せる場合は
その部分だけ買い替えられるので、修理に出さずに済むということ。

 

 

このように、カメラの故障時には、基本的にメーカーへ修理依頼を出すのが
一般的な対処方法であることが分かりました。

ただし、状況や条件次第では、自分で修理ができる場合もあるので
なるべく低予算で済ませたい方は、それらの方法を調べてみましょう。

 

 

修理に出す前に確認すること

カメラによくある故障の原因とその対処方法とは?

 

 

最後にご紹介していくのは、初心者にありがちなケースとして
故障していないにも関わらず、設定などの影響によって
勘違いで、故障していると思い込んでしまう場合です。

故障したと思い込んで、修理代に不要な出費がないよう
確認しておくべきポイントを3つ、お伝えしていきます。

 

 

①USB

基本的に、デジタルカメラのデータは、USBを通してPCなどの機器に送られますが、
付属のUSBケーブル以外を使用することで、PCがカメラを認識しないことがあります。

なので、USBを認識しない時には、使用しているケーブルが
カメラの付属品であるか否かを確認してみましょう。

 

 

②SDカード

写真を撮ってもカメラ内に記録されていないという場合に限って、
SDカードが正常に付けられていないケースは
決して珍しくありません。

あるいは、非対応のSDカードを使っている時にも
同じく、こうした症状が起こる可能性は、十分にあります。

 

 

③レンズの埃

写真に点が映り込む場合は、レンズ自体に目視では気付けない、
埃が付いていることもあります。

レンズの埃を取り除くことで、おおよそ改善されるので
気になる場合は、一度レンズを丁寧に拭いてみましょう。

 

 

これらの他にも、故障と勘違いして、カメラの設定を飛ばしていた
というケースは珍しくありません。

物損やカードに影響が見られない場合は、まず一度、カメラの設定と
付属の説明書を見比べ、改めて再設定してみて
手に負えないようであれば、修理の依頼に出してみましょう。

 

 

カメラでよくある故障原因とその対処方法のまとめ

今回は、カメラでよくある故障の原因と対処方法について
それぞれのポイントを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

過去に経験した故障のパターンから、そうでないパターンまで
あらゆるケースが存在することが分かりましたよね!

 

 

カメラを管理している以上、故障はどうしても起こってしまう
自然の摂理と言っても過言ではありません。

だからこそ、故障した時の対処方法を、改めてしっかりと
自分自身が理解しておくようにしましょう!

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月19日17:00~9月24日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月24日16:59まで)はこちら

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク