季節ごとのイベント情報と、最新の芸能ニュースなどトレンド情報をいち早くご紹介!

大学運営に挑戦した方がいい3つの理由と社会に通じる心構えとは?

こちらのページでは、学祭や学生自治会など、
いわゆる学生が主体的に大学を運営するメリットと、
その行動のなかに生まれる「心構え」についてお伝えしています。

 

 

断片的ではありますが、3つのポイントと、どの社会にも通じる「心構え」について、
この記事をきっかけに考えていただければ幸いです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

冷めない熱意かどうかの確認

大学運営に挑戦した方がいい3つの理由と社会に通じる心構えとは?

 

 

大学の運営において、最重要事項と言っても過言ではありません。

この大学のために」あるいは「自分自身のために」なんでも構いません、
が、大事なことは、その「目的」のために持ち続けられるだけの「熱意」があるかどうかです。

 

 

極論になりますが、「目的のために大学を嫌いになる」くらいの熱意で取り組む方が、
本気でその大学の負の遺産にも気が付ける場合が多いです。

 

 

大学の運営を通して、ひとつのコミュニティの細分化を図りつつ、
自分自身の熱量を常に確認することができる、というのは、
ごく普通の生活では滅多に考えるきっかけが見当たりにくいものです。

 

 

学生でありながら、自分の熱意覚悟を社会のなかで何度も確認、
認識することができるフィールドは、大学の運営のなかだからこそ、体得できるものではないでしょうか?

 

 

理想と現実のギャップを感じられるかどうか

感じて当たり前、と思われがちの「ギャップ」ですが、
実はそのギャップに心底頭を抱える人はあくまでも少数派である場合がほとんどです。

 

 

キラキラして見えた学祭の実行委員会学生自治会でも、実際に所属してみるや否や、
どうにかしたいことだらけ」の現実にしかぶつからないことも多いです。

 

 

そんな中で、「結局そんなもの」と、流されて諦めてしまうのと
所詮は人の集団」だからこそ、その集団を分析しにかかるのとでは、まさに雲泥の差が現れます。

 

 

このギャップを持ち合わせているか否かは、
社会に出てから「モチベーションのアゲ方」を知っているかどうかに繋がります。

 

 

常に現実を分析しながらも、理想像を忘れないでいるだけで、周囲や学内における、
少しの変化や一人ひとりの進歩に感動できる自分になることができます。

 

 

つまり、理想像をひとつでも持つことで、
どんな場面でも周囲を見る目が多角的に鍛えられ、強いては次のポイントでもある
知識の応用」にも成果を発揮することになります。

 

 

知識を応用できるかどうか

妥協しないための、最重要事項が、この「知識の応用」ができるかどうかです。

ぶっ飛んだプロセスあり得ない発想アイデアは、大学生活のなかでなぜか常に需要が尽きません。

 

 

無事故のイベントや大学生活を実現するためには、
固定概念が最大の敵」だという心構えが必要になります。

 

 

学生でも先輩後輩のなかには、平気で自分たちの常識を覆しにかかってくる人がいますし、
普段自分たちが毎日通う大学について、一般の人はほぼ無知だと思ってください。

 

 

内部の人間、外部の人間が、同時平行で同じ空間にいる時間は、常にあらゆるリスクが伴うものです。

だからこそ、普段の勉強やゼミ、実技で習う知識や能力を「フル活用」してください。

 

 

一人の能力や実力は、新鮮さを含んだ「フル活用」になる場合と、
伝統や慣習の中に思考回路が沈みがちな「古渇様」になる場合があり、
大学運営の場面では、その差を目の当たりにしやすいという明確なメリットがあります。

 

 

なので、その「古渇様」を見抜き、時には自らもその様を認め、
変革してみる姿勢を忘れないようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

大学を運営するということ

大学運営に挑戦した方がいい3つの理由と社会に通じる心構えとは?

 

 

ここまで、大学運営を行うおおよその3つのメリットをお伝えしてきました。

これらを大まかに要約してみると、「熱意・理想・知識」の3要素を、
学生の間に常に研磨できる環境である、ということになりますね。

 

 

なぜこの3要素が大切になってくるのかというと、
単純な話が、「自己実現」を常にできる社会人になれるから、です。

 

 

もちろん、完璧な人は世界中どこにもいませんし、
人間である以上、必ず誰もが弱点盲点を持ち合わせています。

 

 

だからこそ、大学の運営というチャレンジは、少なからず自ら
考え、試し、見直し、実行」する「PDCAの道場」のひとつであり、その失敗が許された環境です。

 

 

たとえ歴史に泥を塗る結果になったとしても、後輩に数少ない「汚名返上」や「起死回生」、
形勢逆転」のチャンスや歴史を生み出すきっかけを
無条件に与えることにすら成り変わっているのが大学運営の醍醐味です。

 

 

苦境を展開すること、誰かとものづくりを行うこと、能力の限界にぶつかることに、
真正面から挑むことができる社会人は、実際多くありません。

 

 

だからこそ、学生の間に少しでも大学の運営に携わることは、
その後の生き方生活基準を左右する力になってくれる、ということにお気づきいただければ本望です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク