季節ごとのイベント情報と、最新の芸能ニュースなどトレンド情報をいち早くご紹介!

ミニマリストになりたいあなたへ~「シンプル」は「キレイ」の秘訣~

ミニマリスト―ここ数年の間に、一躍その名をあげるようになった言葉を、
あなたも何度か耳にしたことがあるのではないでしょうか?

 

 

無駄なモノとはおさらばした、シンプルな生き方を選んだ人は、
常に洗練された雰囲気をまといつつ、しっかりとした「こだわり」が、時々垣間見えます。

 

 

こちらの記事では、そんなミニマリストへの憧れを叶えようとしているあなたに、
ぜひ読んでいただきたい秘訣内容が詰まっています。

 

 

要領が悪い」、「片付けられない」、「何をやっても中途半端・・・」など、
仕事やプライベートの隔てなく、ご自分のライフスタイルに対して、
少しでもお悩みの方にとって、参考にしていただければと思います。

では早速、ミニマリスト定義や、ミニマリスに近づくための秘訣をご紹介していきますね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

「ミニマリスト」とは?

ミニマリストになりたいあなたへ~「シンプル」は「キレイ」の秘訣~

 

 

そもそも、ミニマリスとはどのような人のことを指すのでしょうか?

ミニマリスの言葉自体は、ロシアが発祥であり、
最小限度の要求を行う社会主義集団」とされています。

 

 

言語的な由来は、その名の通り「minimal(ミニマル)」から来ています。

2010年頃から、外国の生活様式のひとつとして、認知され始めて以降、現在の日本では、
特にこの「最小限度の」理想(こだわり)を実践する人のことを、
広く「ミニマリス」と呼ぶようになりました。

 

 

自分のライフスタイルのなかにある、余分なモノや過程を、極力自分の意志で減らし、
目に見える余白(余裕)を生み出すことで、より豊かな生き方をしよう、
という考え方でもあります。

 

 

大量生産・大量消費が常態化している昨今、服や雑貨、家具に至るまで、
あらゆるレパートリーを減らすこと

 

 

長く使っていないモノをリユース・リサイクルに回してみるなど、
常に身の回りのモノを吟味し、厳選する方針そのものがミニマリストと言えます。

 

 

ミニマリストになるために

ミニマリストになりたいあなたへ~「シンプル」は「キレイ」の秘訣~

 

 

ミニマリストに憧れることは、シンプルさを追求していくことに他なりません。

自分にとっての「無駄」が何なのかを分析・理解できるかどうかが、
ミニマリストに近づく鍵とも言えるでしょう。

 

 

そこで、ここからは、ミニマリストに少しでも近づきたいとお望みのあなたに、
ぜひ意識していただきたいポイントをお伝えします!

 

 

秘訣その1.「こだわり」リストを書き出す

まず、何よりも最初に、「自分」を知ることが最重要事項です。

 

 

就職活動みたいでなんだか気が引ける・・・」と思ってしまいそうですが、
少し頑張って、ここは明確にしておきましょう。

マインドマップや、エクセルなどでリスト化するのでも構いません。

 

 

自分のなかにある「こどわり」や、
自分自身の「構成要素」を知ることが、ファーストステップです。

 

 

真剣に「断捨離」に取り組むことはもちろん大切です。

しかし、「自分」を無視して、必要な物やまだ使うモノまで放り出したり、
逆に、まったく需要がないモノまで管理してしまっては本末転倒です。

時間やお金の「ムダ」を避けるためにも、このプロセスはじっくり取り組みましょう。

 

 

秘訣その2.片付ける「順番」を決める

順番」と聞くと、長丁場の「断捨離」になるのかな・・・?

と思われがちですが、この「順番」は、何もお片付けに限った話ではありません。

 

 

シンプルに言えば、
スケジュールを立てる」ということにもなります。

 

 

部屋の「断捨離」を行う場合にも当然、
休日取得や掃除の順序、モノによっては処分代までかかってくるものです。

 

 

だからこそ、仕事でも家事でもプライベートでも、
基本的なスケジュールを立てておくことが肝心になってきます。

 

 

「計画なんて苦手だな・・・」と思う方であれば、「この仕事を〇時までに終わらせる」、
今日はこの場所を片付けきる」と、まずは大雑把に決めてみることです。

 

 

最初の数日~数週間は、人によってストレスを感じるかもしれませんが、
その時は、「〇時以降は何もしない!」と、ゴールだけは決めておくようにしてください。

 

 

その3.区分けした「目標」を定める

順番」を決めて行動することに慣れてくると、ポジティブな「目標」を作りましょう。

 

 

たとえば、「この部屋の断捨離で要らないモノを〇〇円に換えよう!
という金銭的目標でも構いません。

 

 

自分のモチベーションを維持するための「目標」がないと、
人はなかなか努力の継続困難になるものです。

「今日中に〇〇を終わらせたら子どもと一緒に食べに行こう!」などでも構いません。

 

 

今月中に〇〇を達成して、ディズニーに行く!」と、
自分のコンディションを常に一定以上に保つものがあるのと無いのとでは、
行動効率が変わります。

 

 

身近な願望や希望で例えれば、「早く帰って早く寝たい」人ほど、
会社でもラストスパートで力がこもりやすい傾向があります。

 

 

同じ原理で、「〇〇のために動く」という直接的な理由があることで、
人は反射的に体を動かしやすくなります。

 

 

また、この「目標」や「ゴール」を達成することが、
次の順序だてをスムーズに促すきっかけにもなるので、
ライフサイクルのリズムを作り出すのにも大きなメリットを与えてくれるということですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ミニマリストになりたいあなたへ~「シンプル」は「キレイ」の秘訣のまとめ

ここまでご紹介してきた、ミニマリストに近づくための秘訣
少しでしたが、ご理解いただけましたでしょうか?

 

 

誰しもが同じ価値観環境で生活しているわけではありません。

ミニマリストとして「ゆとり」を持ち、
物事に取り組むことは、現代社会では実は至難の業

 

 

だからこそ、シンプルに自分の「こだわり」を見つけ出すことは、時間やお金、
その他の自分の生活そのものを「洗練」されたものに変えていくこととも言えます。

 

 

この記事が、あなたにとって心に余裕のあるミニマリストの生活を自ら作り出していく
きっかけになれば、幸いです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク