季節ごとのイベント情報と観光地情報、豆知識・お役立ち情報などをご紹介!

栃木県の日光国立公園を楽しみ尽くすためのオススメポイント3つ

栃木県の地を楽しく巡る旅で、ぜひ押さえておきたい
魅力溢れるオススメの観光地やお出かけスポットと言えば
あなたはどのようなスポットを思い浮かべるでしょうか?

雄大な大自然を満喫する、日光国立公園をはじめ
あしかがフラワーパークや、日光東照宮など。

その地に息づく、自然と歴史を活かした観光地
県内の随所に展開されている、栃木県―

 

 

こちらの記事では、そんな栃木県の数ある観光スポットから
日光国立公園にフォーカスした、オススメのポイントについて
全部で3つのテーマに分けながら、その魅力をご紹介します!

今までの栃木旅で、日光国立公園に訪れたことが無い
というあなたはもちろん、そうでないあなたにも
今後の旅の参考にしていただける内容にまとめてみました。

 

 

こちらでお伝えする、3つのオススメポイントをチェックしながら
ぜひあなただけの、日光国立公園ならではと言える
お気に入りの楽しみ方を、探してみてはいかがでしょうか?

それでは早速、栃木県日光国立公園を楽しく巡る
オススメしておきたい、3つのポイントについて
それぞれの気になる魅力を、順番に紐解いていきましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

 

日光国立公園を楽しみ尽くすオススメポイント①「四季の花々」

栃木県の日光国立公園を楽しみ尽くすためのオススメポイント3つ

 

 

初めにお伝えする、日光国立公園を楽しく巡るオススメポイントは
1年を通して、フラワースポットの散策を満喫できる、「四季の花々」です。

日光国立公園の中で、最もバリエーションが豊富な見どころとして
訪れる人々に癒しを与えるのが、「四季の花々」!

 

 

日本特有とも言える、それぞれのシーズンならではの、花の魅力
ゆったりと楽しめるのは、まさに日光国立公園の醍醐味ですよね。

日光国立公園は、「那須甲子・塩原地域」と
「日光・鬼怒川・栗山地域」の2つの角度で構成されており
各地域独自の自然界が形成されているのが、特徴的なポイント。

山麓のブナやミズナラをはじめ、「戦場ヶ原」のワタスゲや
「八方ヶ原」のレンゲツツジ、「霧降高原」のニッコウキスゲなど
四季の彩りを堪能しながら、公園内を散策できます。

 

 

日光国立公園は、シラネアオイやシロヤシオをはじめとした
日本の固有種の地である他、秋の紅葉の名所にもなっているのも
オススメしたくなる印象的なポイントです。

日光国立公園を巡りながら、「四季の花々」を通して
ぜひあなたも、洗練された自然旅を、体験してみましょう!

 

 

日光国立公園を楽しみ尽くすオススメポイント②「生きもの」

栃木県の日光国立公園を楽しみ尽くすためのオススメポイント3つ

 

 

続いてご紹介する、日光国立公園の魅力溢れるオススメポイントは
自然の命が宿り続ける、バラエティー豊かな「生きもの」です。

日光国立公園を巡る上で、「四季の花々」に、より瑞々しい
命の息吹を加える存在でもあるのが、「生きもの」の存在!

 

 

ニホンザルや二ホンジカをはじめ、日光国立公園に息づく
個性豊かな「生きもの」たちも、見逃せないポイントです。

ニホンザルの生息数が多い日光は、全国で初めて
サルの餌付け禁止条例」が制定されたエリアとしても知られます。

市と国の協力の下、国内外の観光客とサルとの距離感が特徴でもある
斬新な土地柄も、見どころの1つであると言えますよね!

 

 

また、奥日光の二ホンジカや、ハイキング中に遭遇するケースもある
ツキノワグマは、どちらも大型生物であり、公園内における
自然の生態を学ぶ上で、重要な存在になっています。

この他、ニホンカモシカやカジカガエルなど
各地域特有の生態系が、至る所で観察できる、日光国立公園―

ぜひあなたも、「生きもの」の姿を1つのきっかけにしながら
大切な人と一緒に、日光国立公園での旅の時間を
より有意義なものにしてみてはいかがでしょうか?

 

 

日光国立公園を楽しみ尽くすオススメポイント③「水源エリア」

最後にご紹介する、日光国立公園をオススメしたくなるポイントは
水のエネルギーに溢れた場所である「水源エリア」です。

日光国立公園において、連なる山々に負けずとも劣らない
広大な敷地面積を有しているのが、「水源エリア」!

 

 

日光国立公園の中でも、特に見どころが詰め込まれた
絶景スポットとして、ぜひ注目しておきたい見どころの1つです。

県内屈指の河川・「鬼怒川」をはじめ、日本一の標高・「鬼怒沼」や
3つのコースがある「塩原渓谷」、日本の滝100選でも有名な
「華厳の滝」など、存在する水源はまさに多種多様

また、数ある日光国立公園の「水源エリア」の中でも
同時に注目しておきたいのが、ラムサール条約湿地にも登録された
「奥日光の湿原」をはじめとする湿地の数々であると言えます。

 

 

ニッコウキスゲが広がる「沼原湿原」も、絶好のフォトスポットに
なっていると言えるので、写真が好きな方はぜひ
これらの「水源エリア」にも足を運んでみてはいかがでしょうか?

雄大な日光国立公園の「水源エリア」を巡りながら、ぜひあなたも
記憶に残る、水辺の旅をしてみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

栃木県の日光国立公園で思う存分旅の醍醐味を満喫してみよう!

ここまでご紹介してきた、栃木県日光国立公園を満喫するための
3つの魅力溢れるオススメポイント。

どれか1つでも、今後の観光や旅行に活かしてみたくなる内容は
見つけられましたでしょうか?

 

 

これら3つのポイントをチェックしていくと、国立公園の名に相応しい
栃木県きっての雄大な景観が、日本の四季に合わせて織り成される
日光国立公園の姿を知ることができますよね!

広大な栃木県の自然の中で、長年の月日をかけて磨かれ続けている
国内有数の天然物に囲まれながら、マイナスイオンに満ちた空間で
非日常的なひと時を過ごせる日光国立公園―

こちらでご紹介した、3つのオススメポイントをヒントにしながら
ぜひあなたも、栃木県に訪れる際には、日光国立公園
足を運んでみてはいかがでしょうか?

.

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク