季節ごとのイベント情報と観光地情報、豆知識・お役立ち情報などをご紹介!

料理の初心者が揃えておくべき必要な調理器具とは?

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月19日17:00~9月24日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月24日16:59まで)はこちら

 

 

あなたは普段、自炊したり、料理をしていますか?―
様々な理由により、料理を始めようと考えている方にとって
料理をする前段階の、調理器具の有無は、大きなポイント!

しかし、料理を全くやったことがない、という初心者にとっては
どのような調理器具を揃えるべきなのか
という部分さえ、分からないことがありますよね。

 

 

そこで今回は、料理の経験がなく、どのような器具を準備すべきか
分からない、という方にフォーカスした内容でまとめてみました!

料理初心者はもちろん、料理が好きな方も、改めて確認できる
揃えておくべき調理器具を紹介していくので、ぜひあなたも
最後までチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

 

料理をする上で「必要になる調理器具」

料理の初心者が揃えておくべき必要な調理器具とは?

 

 

料理をする際、まず用意しなければならない器具と言えば
やはり「包丁」であり、これがなければ
根本の料理に必要な材料を切ることもできませんよね。

そんな包丁には、本来用途毎に、いくつかの種類があるものの
料理を覚えたての時期は、あらゆる食材に使用できる
三徳包丁さえ用意できれば、おおよそ問題ありません。

 

 

包丁は、一家に一本あれば十分であると言えますが
使い始めると、その頻度が格段に上がるため、安過ぎるものでなく
ある程度の値段の包丁を購入しておきたいところ。

安い包丁の場合、すぐに切れ味が落ちてしまい
料理を行う際も、常に支障をきたしかねません。

また、包丁の材質としては、錆びにくく、手入れをしなくても
切れ味が持続しやすいステンレス製のものが、オススメであると言えます。

 

 

加えて、包丁と同時に用意するものとして、「まな板」が挙げられますが
こちらは特に、サイズ感を重視しておきましょう。

大き過ぎるものを選んでしまうと、収納が困難になりかねず
小さ過ぎるものを選ぶと、食材を切る時に不便であると言えます。

なので、まな板を選ぶ際は、こちらもまた、自宅のキッチン・台所
合ったサイズのものを選んでおきたいところ!

 

 

まな板はそれほど高価なものでなく、基本的にはあまり大差ないものの
木製のまな板の場合は、手入れに少しコツが必要なので
比較的手入れしやすい、ポリエチレン製のものを選びましょう。

また、まな板の中には、抗菌作用が含まれた製品もあるので
抗菌作用付きでポリエチレン製のまな板があれば、初めのうちは
それを選んでおくと、より便利であると言えるのではないでしょうか?

 

 

料理をする上で「用意すべき調理器具」

また、包丁やまな板以外にも、料理をする際に必要な器具としては
やはり「」が挙げられるのではないでしょうか?

鍋は、様々な料理を作る際に使用しますが、中でも特に
代表的な料理としては、カレーやシチューなどがあります。

 

 

ものにより、そのまま料理を保存できる鍋も数多くあるので
料理を始める時に、ぜひ用意しておくべき器具の1つとなっています。

また、鍋と同様に、料理をする際に必要な器具として
フライパン」も挙げられますよね!

料理をする際には、フライパンと鍋があれば、大抵の料理を作れる
と言っても過言ではありませんが、実際に鍋やフライパンを選ぶ際
重視するべき点としては、その大きさであると言えます。

 

 

鍋やフライパンには、1人用の小型鍋もありますが
いざという場面が多い鍋類は、ある程度の大きさがあるものを
購入しておくのが無難です。

あまりに小さいものを選んでしまうことで
料理の作り置きの際など、かえって不便になりかねません。

 

 

フライパンも鍋も、高級なものを除くと、基本的な値段や性能は
ほとんど変わらないと言えるので、自分の好みや
趣向に合ったものを、ぜひ選んでおきたいところ。

ただし、IHで料理をする際は、IHに対応したものでなければ
ならないので、その場合は必ず、対応しているかどうか
事前にチェックしておきましょう!

 

 

料理をする上で「あった方がいい調理器具」

料理の初心者が揃えておくべき必要な調理器具とは?

 

 

最後にご紹介するのは、料理をする際、手元に無くても
料理は作れるものの、実際にはあった方がいい調理器具の数々です!

以下3つの「あった方がいい器具」をご紹介していくので
ぜひこちらも合わせて、チェックしておきましょう。

 

 

①計量カップ

計量カップは、料理の初心者にとって、非常に便利な道具なので
なるべく用意しておいた方がいい道具の1つであると言えます。

 

 

料理を始めて間もない頃は、レシピを見ながら料理をする
という機会が多いので、計量カップを使用する頻度も高くなります。

計量カップの購入は、基本的にどのような物でも問題ありませんが
種類によっては、耐熱性でないものもあるので
頻繁に温めたり、熱いものを扱う場合は、その確認をしておきましょう。

 

 

②軽量スプーン

また、計量カップでは細かな数字まで測ることはできないので
計量カップと一緒に計量スプーンも用意しておくと便利です。

 

 

③菜箸

この他、普通の箸よりも長い、菜箸もあった方がいいものの1つであり
料理作りのシチュエーションで、頻繁に使用されるアイテムです。

菜箸は、フライパンなど、鍋で料理をしている時でも
火傷の危険性を減らせるなど、調理中の場面だけではなく
料理の完成後、盛り付けにおいても、非常に役立つ道具となっています。

 

 

料理の初心者が揃えておきたい調理器具のまとめ

今回は、料理の初心者揃えておくべき調理器具について
様々ご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

調理器具のほとんどは、100均などで購入できますが
包丁やフライパン、鍋といった調理器具については、可能な限り
ある程度の値段と耐久性に優れたものを購入しておきたいところ。

 

 

安価であれば、それだけ消耗も激しく、すぐに使えなくなるので
長期間使用することが分かっている道具については
少し高価でも、良い物を押させておくに越したことはありません。

お気に入りと呼べる調理器具を探しながら、より充実した
お料理タイムを、楽しんでみてくださいね!

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月19日17:00~9月24日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月24日16:59まで)はこちら

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク