季節ごとのイベント情報と、最新の芸能ニュースなどトレンド情報をいち早くご紹介!

夏の食べ物といえば?夏が旬の食べ物をまとめてみました!

いよいよのシーズンですね!

日差しが暑くなり、「夏野菜」がみずみずしく、美味しくなる季節です。

 

 

夏バテ防止で、元気に暑い夏を乗り切りたいところです。

そんな夏が旬の食べ物を情報満載で紹介します!

 

 

スポンサーリンク

 

 

夏の食べ物といえば? No.1 うなぎ

 

夏の食べ物といえば? No.1 うなぎ

 

 

うなぎ夏バテ防止に効果があると言われます。

うなぎには「レノチール」ビタミンB1ビタミンB2などが含まれていて健康にとても良いです。

 

 

「土用の丑の日」を仕掛けたのは、江戸時代の学者、平賀源内とも言われています。

土用の丑の日は年により2回あることがありますが、
土用の丑の日うめぼしうどんなど「う」のつくものを食べると健康に過ごせ、
縁起が良いとされています。

 

 

うなぎの名産地としては四万十川福岡柳川、仙台、浜松、三島などがあります。

四万十川のうなぎは天然うなぎ養殖うなぎがありますが、
天然うなぎを食べに行くときは旬の時期に行くのがベストです。

 

 

柳川では、うなぎはウナ重ウナ丼にせず、
郷土料理としとて「セイロ蒸し」にして良く食べられているため、
少し変わったうなぎの食べ方を楽しみたい方にはお勧めです。

 

 

浜松「養殖ウナギ発祥の地」といわれ、日本でもうなぎ出荷量が特に多い地域で、
うなぎパイなどもあり身近にうなぎを楽しめます。

 

 

夏の食べ物といえば? No.2 すいか

夏の食べ物といえば? No.2 すいか

 

 

すいかにはカリウムβカロテン、リコピンなどが含まれていて、
利尿作用高血圧予防にも良いとされていますが、
注目すべき栄養素は、「シトルリン」美白効果があります。

 

 

ウリ科に属するスイカの主な産地は、熊本、千葉、山形、新潟などがあります。

すいかの種類としては、縞王、紅こだま、でんすけ、
ダイナマイト、マダーボール
などがあります。

 

 

「縞王」は日本全国どこでもとれるポピュラー大玉スイカで、
作りやすく緑の皮に果肉は鮮やかな桃紅色です。

 

 

「紅こだま」は、サイズは小さいですが、糖度が高く歯ごたえがあるスイカで、
3月から7月になり、スーパーでは真っ赤なシール目印です。

 

 

「でんすけ」北海道旬の幸であり、黒く座りもよく高級スイカの仲間で、
ギフトやご贈答にもとても喜ばれます。

 

 

夏の食べ物といえば? No.3 きゅうり

夏の食べ物といえば? No.3 きゅうり

 

 

キュウリは皮に張りがあり、表面のイボイボがとがっている方が新鮮で、
サラダ漬け物、酢の物、炒め物などにすると美味しくいただけます。

 

 

キュウリには「カリウム」「βカロテン」が沢山含まれていて、免疫力アップにも良いですよ。

キュウリ種類としては、
白イボキュウリ、イボナシキュウリ、四川キュウリ、加賀太、ミニキュウリなどがあります。

 

 

白イボキュウリは、市場に沢山出ているのがこの品種で、食べやすいため人気があります。

イボナシキュウリは文字通り表面にイボがなく、つるつるしたキュウリですが、
加工用として需要が高いです。

 

 

夏の食べ物といえば? No.4 パイナップル

夏の食べ物といえば? No.4 パイナップル

 

 

パイナップルには「マンガン」「ビタミンB1」、「クエン酸」などが入っていて、
疲労回復にもききますが、注目される栄養成分は、「ブロメライン」という成分で、
消化促進効果があります。

 

 

シャーベット酢豚などにして食べると美味しくいただけます。

パイナップル種類としては、
スムースカイエンボゴール、ピーチパイン、ゴールドバリイなどがあります。

 

 

スム―スカイエンは世界的に生産が多く、
沖縄石垣島などでも栽培され、甘味が強く美味しいパイナップルです。

 

 

ボゴール「スナックパイン」とも呼ばれ、糖度が高く酸味が少ないパイナップルです。

ピーチパイン沖縄で良く栽培され、1999年(平成11年)にできた品種で、
「ミルクパイン」とも呼ばれています。

 

 

夏の食べ物といえば? No.5 なす

夏の食べ物といえば? No.5 なす

 

 

なすにはカリウムが沢山含まれていますが、
注目すべき栄養成分は「ナスニン」で、がん予防に良いです。

 

 

炒め物煮物、揚げ物、焼きなす、漬物にしても美味しくいただけます。

ナスの種類としては、中長なす、丸なす、小なす、米なすなどがあります。

 

 

丸なすは、京野菜で有名な「加茂なす」や長野県の「小布施丸なす」などが有名です。

市場に良く出回っているのが、中長なすで、「焼きなす」などにすると素材の美味しさが引き立ちます。

 

 

夏の食べ物に関連して!その1 夏野菜

夏の食べ物に関連して!その1 夏野菜

 

 

夏野菜に中でも特徴的な野菜にゴーヤがあります。

ゴーヤ沖縄九州で良く食べられていますが、苦みがあるため料理にも一工夫手間がかかります。

 

 

炒め物酢の物、漬け物、揚げ物などにしても工夫次第では美味しくいただけます。

苦みが気になる場合は、でさらしたり、砂糖を使ってもんだあと、
ゆでたりして料理するとベストです。

 

 

ゴーヤにはビタミンCカリウム、βカロテンなどが含まれ、がん予防にも良いですが、
注目される栄養素は「モモルデシン」で、血糖値を抑える働きがあります。

 

 

ゴーヤには大きさが大、中、少短果種、中長種、大長種がありサイズで識別されますが、
いずれも歯ごたえがあり、独特の「苦みが」がありますが健康にはとても良い食材です。

 

 

夏の食べ物に関連して!その2 梅

は日本人にとって欠かせない食べ物ですが、カリカリ梅うめぼし
梅酒などいろいろと加工して食されています。

 

 

「クエン酸」「リンゴ酸」を含み、疲労回復効果などに期待されまた、
有機酸には殺菌効果があり食中毒の予防にもつながります。

 

 

の種類としては、南高白加賀、古城、小梅、などがあります。

「南高」和歌山県の代表的な梅で、主に「うめぼし」「梅酒」などに使われています。

「白加賀」は主に関東地方で流通し、古くから栽培されていて、
「梅シロップ」などにするとベストです。

 

 

「古城」は、和歌山の青梅で、「梅ジュース」などにすると美味しくいただけます。

「小梅」長野県で主に栽培され、「カリカリ梅」などで食べるとよいです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

夏の食べ物といえば?夏が旬の食べ物のまとめ

夏が旬の食べ物の紹介はいかがだったでしょうか!

うなぎなど、
夏バテ防止食中毒防止といったには欠かせない食べ物が多く市場に出回る季節です。

 

 

健康や体の体調に注意して、元気に暑い夏を乗り切りたいものです。

旬の食べ物を沢山食べて、素敵なをお過ごしください!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク