季節ごとのイベント情報と、最新の芸能ニュースなどトレンド情報をいち早くご紹介!

秋の食べ物といえば?秋が旬の食べ物をまとめてみました!

いよいよ秋のシーズンですね!

初めにこの記事ではは気象庁の基準の9月から11月と致します。

「食欲の秋」とも言われ、旬の食べ物がおいしくなる季節です。

野菜やフルーツなどがとてもフレッシュで、「食」を楽しめます。
 

秋の食べ物といえば?秋が旬の食べ物をまとめてみました!

 

 

そんな秋が旬の食べ物を情報満載で紹介します!

 

 

スポンサーリンク

 

 

秋の食べ物といえば?No.1 柿&梨

秋の食べ物ランキングNo.1 柿&梨

 

 

美味しい太秋柿は、表面黒い筋が出ますが、この「筋」が成熟の目印です。

柿の成分の「タンニン」は、アルコールを分解するため、ビタミンCと相まって二日酔いに効き、
また渋み成分で血圧の上昇を抑え鉄分の吸収をおさえるため、
貧血気味の方は沢山食べすぎない方が良いです。

 

 

日本のには大きくわけて、「赤梨」と「青梨」の2種類に分かれ、
赤梨」は「幸水」や「豊水」などがあり、「青梨」には「二十世紀」などがあります。

青梨」は糖度が比較的低く酸味があり水分が多く歯ごたえがあり、
赤梨」は水分が少なめですが、糖度が高いのが特徴です。

 

 

幸水」は1959年(昭和34年)に「菊水」と「早生幸蔵」を交配してつくられた梨で、
日本にある梨の約40パーセントを占めています。

「二十世紀」は鳥取県産ブランド梨で、1888年(明治21年)に発見されました。

 

 

秋の食べ物といえば?No.2 松茸

秋の食べ物ランキングNo.2 松茸

 

 

「秋の味覚の王様」とも言われる松茸の美味しさの特徴は香りで、
マツタケオール」という成分からきています。

この香は松茸のカサの部分から出ると言われていますが、
カサの開き具合と「」がしっかりしたものを選ぶと良いです。

 

 

マツタケには高血圧予防に良い「カリウム」や毛細血管の血行を促進する「ナイアシン」など、
体に良い成分が含まれています。

松茸を使った料理と言えば、「松茸ごはん」がいいですね!

松茸ごはんは薄味に仕上げると、松茸本来の「香り」が引き立ち美味しいごはんができます。

 

 

その他松茸は「お吸い物」や「炭火焼」、「すき焼き」、「天ぷら」にしてもおいしく召し上がれます。

 

 

秋の食べ物といえば?No.3 秋サバ

秋の食べ物ランキングNo.3 秋サバ

 

 

サバは「秋サバ」「寒サバ」など、秋から冬にかけて一番脂がのり美味しいです。

主なサバの産地長崎県茨城県静岡県三重県富山県などでよくとれます。

ブランドサバとしては、「金華サバ」や「松輪サバ」、「関サバ」などがあります。

 

 

サバに含まれている、EPA(エイコサぺンタエン酸)や、
DHA(ドコサへキサエン酸)などの「多価不砲和脂肪酸」は血液をさらさらにし、
悪玉コレステロール中性脂肪減らし動脈硬化脳卒中
高血圧などの生活習慣病の予防をする素敵な食材です。

 

 

その他にも健康な栄養素として、細菌感染予防する「ビタミンA」や、
カリウムリンの吸収を良くする「ビタミンD」など、健康になる成分が豊富に含まれています。

サバの料理で美味しいものは「塩焼き」や「みそ漬け」、「しめさば」、
カルパッチョ」、「みそ煮」、「フライ」などで美味しく召し上がれます。

 

 

秋の食べ物といえば?No.4 秋ナス

秋の食べ物ランキングNo.4 秋ナス

 

 

ナスは一度夏に収穫された後、秋に再び実を付け収穫されますが、このナスを秋ナスと言います。

秋ナスは皮が薄くアミノ酸が多く含まれ種が少なく美味しいです。

夏野菜のナスは、水分を含み、フレッシュなのが特徴ですが、
秋ナスは皮が薄く身がしっかりしているのが特徴です。

 

 

ナスにはポリフェノールが多く含まれ、抗酸化作用があり、美容にも良いです。

ナスは冷気や乾燥が苦手でデリケートな野菜のため、冷蔵庫の野菜室などで保存しましょう。

ナスに含まれる「ナスニン」という栄養成分が水に溶けやすいため、
味噌汁カレーなどの料理に最適です。

 

 

その他「炒め物」や「煮物」、「焼きなす」、「揚げ物」、
パスタ」などにしても美味しくいただけます。

ナスの種類としては、中長なす丸なす小なす米なす水なすなど、
多彩な種類があります。

 

 

秋の食べ物といえば?No.5 ブドウ

秋の食べ物ランキングNo.5 ブドウ

 

 

ブドウの果皮は色によって「」「」「」の3つに分かれます。

夏から秋にかけて旬なのがブドウですが、
日本では山梨県長野県山形県などが主にブドウの名産地です。

 

 

巨峰マスカットデラウェア甲斐路などブドウには多くの種類があります。

巨峰は、1942年(昭和17年)に「石原早生」と「センテニアル」を交配してできましたが、
正式名は「石原センテニアル」といいます。

昭和50年には「種なし巨峰」の生産が始まり、現在では「黒ぶどう」の定番品種になりました。

 

 

秋の食べ物といえば?No.6 サツマイモ

サツマイモは1597年に日本の宮古島から入り、主に九州地方で栽培されています。

食物繊維ビタミンCが豊富に含まれ、の部分にはカルシウムが豊富に含まれています。

糖化酵素を多く含んでいて、蒸したり焼いたりする過程で甘みが増します。

 

 

サツマイモの種類ですが「紅あずま」や「紫イモ」、「安納芋」などいろいろな種類があります。

紅あずま」は主に関東地方人気があり、焼き芋にすると甘みもあって美味しいです。

安納芋」は種子島特産の品種で、焼き芋にしてじっくり焼くとさらに糖度が増し美味しくなります。

 

 

秋の食べ物といえば!No.7 かぼちゃ

秋の食べ物ランキングNo.7 かぼちゃ

 

 

かぼちゃは免疫力を高め、がん予防老化予防にも効くβカロテンや、
血液の流れを良くするビタミンEを多く含む健康的な食べ物です。

その他カリウム食物繊維、カノテロイドの一種の「ルテイン」などが含まれています。

 

 

かぼちゃを料理するときのポイントとして煮る時は、
皮をある程度むいてから煮ると味が染みやすく火が通りやすいです。

全部皮をむいてしまいますと荷崩れしてしまいますので、
皮は半分以上残すほうがうまく料理ができますよ。

 

 

かぼちゃの種類は、「黒皮栗かぼちゃ」、「赤皮栗かぼちゃ」、「青皮栗かぼちゃ」、
白皮栗かぼちゃ」などがあります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

秋の食べ物についてのまとめ

秋が旬の食べ物の紹介はいかがだったでしょうか!

秋の食べ物には隠れた効能体に良い成分が沢山含まれています。

賢く使い分けながら食すれば、病気にならず、また元気に秋の季節を過ごせます。

今年の秋は「旬の食べ物」を存分に楽しんで下さい。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク