季節ごとのイベント情報と、最新の芸能ニュースなどトレンド情報をいち早くご紹介!

みどりの日の由来は?昭和の日や天皇誕生日との違いとは?

寒い冬が終わりを迎え、もうすぐ春がやって来ます。

冬は寒くてどうしても外出が億劫になりがちです。

なのでその反動か、暖かい春は外出したい!
と思うことが非常に多いです。

 

 

せっかくなので遠出もしたいですし、
休日の予定を調整して旅行へ行く人も多いのではないでしょうか?

そんな春の旅行にありがたいのが祝日です!
 

みどりの日の由来は?昭和の日や天皇誕生日との違いとは?

 

 

4月末の祝日は『昭和の日』がありますので、
5月頭の『みどりの日』や『こどもの日』も合わせて利用したいところですね。

 

 

そういえば、今は『昭和の日』と定着している4月29日ですが、
元々は『みどりの日』でしたよね?

けれど、今の『みどりの日』は5月4日…。

 

 

なぜ『みどりの日4月29日から5月4日に変わってしまったのでしょうか?

正直、違いを感じることはあまりないように感じますが…。

 

 

もしかすると何か重要な違いがあるのかもしれません。

せっかくなので、『みどりの日』について詳しく調べてみましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

 

現在の『みどりの日』の由来は?なぜ『昭和の日』に改名さたのか?

はじめに、現在の『みどりの日』の由来についてご説明します。

現在の『みどりの日』が5月4日なのはあなたもご存知の通りですが、
この『みどりの日』は、「自然にしたしむことと共にその恩恵に感謝し、豊かな心を育む
と言う趣旨で、5月4日の国民の祝日となりました。

 

 

元々の5月4日は『国民の休日』でしたが、実は正式な祝日ではありませんでした。

みどりの日』に名前が変わったことにより、正式に国民の祝日になったのです。

 

 

そして、元々『みどりの日』であった4月29日は、今や『昭和の日』と定着しておりますが、
なぜ『みどりの日』から『昭和の日』へと改名されたのでしょうか?

それは、2007年1月1日施行の改定祝日法にて『昭和の日』が新設されることになったからです。

 

 

国民の祝日に関する法律の一部改正により4月29日は、
激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす
と言う趣旨のもと、『昭和の日』と言う名前に改名されることになったのです。

では、元々の『みどりの日』は、一体どんな由来だったのでしょうか?

 

 

元々の『みどりの日』の由来は?

元々『みどりの日』とされていた4月29日は、昭和天皇の誕生日でした。

みどりの日』になる前は、『天皇誕生日』と言う国民の祝日の一つでしたが、
その後現在の天皇の誕生日である12月23日に『天皇誕生日』は改められ、
4月29日は『天皇誕生日』ではなくなりました。

 

 

しかし、昭和天皇が深く関係する日を祝日で残したいという思いと、
国民の生活への影響が懸念されるという理由もあり、
4月29日は『みどりの日』と改められ、祝日として継続されることになりました。

 

 

この時、4月29日国民の祝日がなくなり平日になっていれば、
ゴールデンウィークは現在のように長期で休みを取ることも難しくなっていたでしょうね…。

 

 

そして、4月29日の『みどりの日』と言う名前の由来に関しては、
「昭和天皇は植物に造詣が深く、自然をこよなく愛したことから『』にちなんだ名がふさわしい」
と言う意見が、当時の小渕恵三官房長官私的諮問機関にて多数を占めたからだと言われています。

 

 

昭和天皇へのリスペクトが生んだのが、『みどりの日』と言う名前だったのですね!

しかし、そんな『みどりの日』は結局、昭和天皇誕生日と関係のない5月4日に変わってしまうのです…!

 

 

『みどりの日』も『昭和の日』も、昭和天皇が関係していることは同じなのに、
なぜ『みどりの日』のままじゃだめだったのでしょうか?

一体、『みどりの日』は『昭和の日』や『天皇誕生日』と何が違ったのでしょうか?

 

 

『みどりの日』が改名された本当の理由は…?

みどりの日』が元々『天皇誕生日』だったことは先ほどご説明しましたね。

そして、昭和天皇と大いに関係ある4月29日をとして残すために、
昭和天皇が自然をこよなく愛していた方だったので、
緑にちなんだ『みどりの日』となったとお伝えしましたが、この話の裏にはこんなことも言われていました…。

 

 

それは、「『天皇誕生日』の後は元々『昭和の日』にしたかった」!

実は『天皇誕生日』後の祝日の名前の候補の中に『昭和の日』は元々あったのです。

 

 

しかし、” 祝日昭和”という言葉は戦争を強く連想させます。

戦争で日本は負け、多くの国の人たちが戦死しました。

 

 

なので、”昭和”という言葉のつく日を祝日にするということは、
当然良い顔をされるものではありませんよね…。

 

 

こうした事情もあり、近隣諸国に配慮し、この時は『昭和の日』を実現することをやめて、
みどりの日』という名前の祝日に決めたのです。

 

 

しかし、それでも『昭和の日』を作りたいという動きが根強くあったため、
2007年に『みどりの日』は『昭和の日』に改名されたのでした。

 

 

つまり、4月29日が昭和天皇の『天皇誕生日』だったが故に、
昭和”という言葉を使った祝日をどうしても残したかった、ということなのだと解釈しました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

みどりの日のまとめ

みどりの日の由来は?昭和の日や天皇誕生日との違いとは?

 

 

みどりの日』に関して色々調べてみましたが、
正直あまりピンとこないことも多々ありました。

法を改正してまで『みどりの日』を『昭和の日』に変える必要なんてあったのかなと…。

 

 

けれど、きっと戦争を経験した人たちにとっては明確な違いがあるのではないかな、
と想像はできます。

昭和”という時代に対する思いが強くあるのだと思いました。

 

 

思っていた以上に、『みどりの日』には歴史があったのですね!

今回はそれが知れて勉強になりました。

これからは『みどりの日』ができた背景も踏まえて、休日を満喫しようと思います!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク