季節ごとのイベント情報と、最新の芸能ニュースなどトレンド情報をいち早くご紹介!

キリンの首はなぜ長いの?長さや骨の数はどのくらい?

つぶらな瞳と長い睫毛、そしてなんといってもその長い首で、
動物園の人気者、キリン

 

 

そのキリンについて、
キリンの首はどうして長いの?」「首の長さは?」「骨の数はいくつくらいだろう?
といった疑問を、誰でも一度は持ったことがあるのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

 

 

キリンとは?

キリンの首はなぜ長いの?長さや骨の数はどのくらい?

 

 

キリンは、偶蹄目キリン科キリン属に分類される動物で、
アフリカ中部以南のサバンナ疎林に生息します。

 

 

角先端までの高さはオス4.7 ~ 5.3mメス3.9 ~4.5m
体重オス800 ~1,930㎏メス550 ~1,180㎏と、かなりの大型動物です。

 

 

体は橙褐色赤褐色・黒と、淡黄色からなる斑紋が入り、この斑紋は個体によって異なります。

オス1頭とメス2~3頭、子どもの平均6頭ほどの群れで、
主にアカシア属・シクンシ科などの木の葉若芽小枝などを食べて生活しています。

 

 

キリンの首の長さと骨の数

キリンの首の長さは約2mあります。

では、骨の数はいくつでしょうか。

 

 

なんと、人間の首の骨と同じ7つなんです。

長さにしたら人間の20倍ほどありそうなのに、骨の数が同じだなんて不思議ですね。

 

 

実は首の長短に関わらず、人間でもキリンでも犬でもパンダでも、
哺乳類の首の骨の数は全て7つと決まっています。

 

 

キリンの長い首は、一つ一つが大きい脛骨(けいこつ)と、
他の哺乳類の筋肉よりも発達した筋肉によって支えられているのです。

 

 

また、キリンは心臓から2mもの高さにあるに血液を送る必要があるため、
哺乳類の中では、1番血圧が高く
そのため、首の血管には血液の逆流を防ぐためのが付いています。

 

 

キリンの首はどうして長いのか?

それではなぜ、キリンの首はそんなに長いのでしょうか。

実は、キリンの古代の祖先は、現在のキリンよりも背が低く、首は今よりも太くて短かい動物でした。

 

 

森で木の葉を食べてくらしていたキリンの先祖は、やがて森を出て、
草原で暮らすようになりました。

 

 

広々として見晴らしの良い草原では、に見つかりやすくなります。

生きていくには、大きな体機動力が必要でした。

 

 

それで、キリンの先祖も長い脚を持つ、体の大きな動物に進化していったのですが、
ではなぜ首が長くなったのかというと、いくつか説がありますのでご紹介します。

 

 

①高い枝の葉っぱを食べられるように進化していった

キリンが他の草食動物との生存競争に打ち勝つため、一生懸命高い枝の葉を食べようとしていたので首が伸び
それが子孫に遺伝していって今の首の長さになったと言われています。

 

 

②たったまま水を飲める、首の長い種族が生き延びた

首の短いキリンの祖先から、たまたま首の長いキリンが産まれ、
それが草原での環境に適していたため、何百万年もの世代交代を経て生き残ったという説もあります。

脚の長いキリンは、水を飲むときに前脚を折り曲げ、座るようにしなくてはいけません。

 

 

キリンのように体が大きい動物が、水を飲むたびに座っていては、
に襲われそうになった時にすぐ逃げ出すことができませんが、
首の長さがあることで立ったまま水を飲むことができるのです。

 

 

また、遠くの敵をいち早く見つけることができる
ということも生き延びるのには有益だったと思われます。

 

 

厳しい環境の中で、
たまたま生まれた首の長い遺伝子ばかりが残っていく形で淘汰されたということです。

 

 

③その他

キリンの首は徐々に進化したのではなく、
何らかのウイルスによる突然変異で一気に伸びたという説もあります。

 

 

古代種より長く、今よりは首の短いキリンの化石が見つかっていないため、
急速に伸びたのではないかというものですが、まだ立証はされていません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

キリンの首についてのまとめ

キリンの首はなぜ長いの?長さや骨の数はどのくらい?

 

 

キリンの首の長さは約2m、しかし首の骨の数は人間や他の哺乳類と同じ7つです。

高い所の葉っぱでも食べられる」。

立ったまま水が飲めるので敵の襲撃にも機敏に反応できる」。

 

 

遠くまで見渡せるので敵や餌場・水場を見つけやすい」など、
首が長いという利点があるからこそ、サバンナの過酷な条件下でも繁殖し続け、
生存競争に勝ち抜いてこられたのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク