季節ごとのイベント情報と、最新の芸能ニュースなどトレンド情報をいち早くご紹介!

異性とのコミュニケーションを円滑に!相手に伝わる話し方をご紹介

あなたは、学校や職場など、身の回りにいる異性
上手くコミュニケーションをとることができますか?

一般的には、男性脳女性脳で、感じ方が大きく異なるので
初めから上手にコミュニケーションをとるのは、難しいことである
とも言われていますよね。

 

 

察することや説明すること、それぞれの得手不得手が混同する
生物学的な性別の違い―そんな両者が上手にコミュニケーションをとるには
一体どうすべきなのでしょうか?

今回ご紹介する、異性とのコミュニケーションの方法
ぜひ身につけ、友達や恋人、夫婦や職場の人、あらゆる相手との
異性・同性の垣根を越えた、円滑なコミュニケーションを目指しましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

 

そもそもの男女による感覚の違いとは?

異性とのコミュニケーションを円滑に!相手に伝わる話し方をご紹介

 

 

これから、いくつかのグループに分けて、男女の考え方や捉え方の違い
またその特徴について、順番ご紹介していきます。

まずは、基礎認識として、押さえておくべき男女の感覚の違い2つ
お伝えしていきましょう!

 

 

・男性は「察しない」、女性は「説明しない」

冒頭でもお伝えした通り、男女のコミュニケーションによる
多くの障壁は、この部分に起因すると言っても過言ではありません。

 

 

男性は、古くより、外で狩猟などをして生き伸びてきた歴史があり
本能的に、目の前の獲物に集中することに長けています。

故に、その反動で、周囲を見渡す能力、即ち全体を察することは
非情に不得手であると言われているのです!

 

 

一方の女性は、エスパーの如き洞察力
あらゆる可能性や経験、話や背景を基に、色々なことを察します

こちらも歴史的に本能がものを言うわけですが古より
女性は結婚後、家内と呼ばれていたほど、家族と過ごす時間が長く
家庭内での目の行き届きが要されていました。

この目の行き届きの範疇が、ママ友や子どもの友達
学校や職場、義理の父母、社会情勢にまで、時代の流れの中で
自然と広範囲に至った、ということですね!

 

 

そんな感覚の違いを抱える両者だからこそ、好きな人や大切な人には
男性から、「いつもと雰囲気が違う」ことを察して伝え
女性からは、「〇〇だから△△である」と説明してみましょう。

いつもと違う」というフレーズは、普段からあなたのことを見ている
ことの裏返しなので、気になる女性へより自然に好意を伝えられるのです。

また、自発的に「〇〇だから」などの論理的な表現を使うだけでも
男女問わずに、インテリジェンスな印象を与えられるので
男性はより、その話を理解し易くなる、ということですね!

 

 

・男性は「理論」で行動、女性は「感情」で行動

一般的に、多くの女性は男性に比べ、自分の感情を言語化する能力が
非常に長けています。

その理由は脳の構造にあり、感情を司る右脳と、言語を司る左脳を
連携する脳梁(パイプのような物)が、男性よりも太いからです。

 

 

より多くの情報を、一度に処理できる容量が大きいため
驚くべきスケールで周囲の事に気が付けるのです!

ただし、それだけの度量を抱える女性だからこそ
それぞれに伴う感情も、一度に多く処理する必要があるもの。

優柔不断な性格の女性が多くなるのも、実はこうした
脳の仕組みによる背景があるということですね!

 

 

一方の男性は、その脳梁が、女性に比べて極端に細いため
一度に処理できる情報量が、比較的少ないとされています。

ですが、それは裏を返すと、1つの事象や状況に対する
徹底した集中力や洞察力、あるいは分析力や行動力は
非常に優れているということ。

 

 

女性の感情的な表現において、男性が最もイメージしやすい言葉
実に漠然としていて、その要素を探すことが、時に困難でもある
かわいい」にも、実は深い理由があります。

「かわいい」という表現の正体は、十中八九「感情が動かされている
という事実に対する言葉なのです!

これは、「感動した」や「衝撃を受けた」など、見聞きした状況に対し
心が動かされた瞬間に、条件反射で口走る「合図」のような言葉
と捉えましょう。

 

 

例えば、ピンク色のフリルスカートを見て
「かわいい」と口にした女性が、必ずしも
ピンク色やフリルのスカートが好きである、とは限りませんよね!

これはあくまでも、今見ているそのスカートに
心を動かされているのであって、表現力や語彙力の総合格闘言語として
「かわいい」が挙げられている、と言えます。

 

 

そんな感覚の違いを実感する場面において
男性はあえて、「なんとなく~」や「~な感じ」と曖昧な表現
女性は端的に、「要点は2つ」などと、明確な表現を意識しましょう!

男性は理屈っぽい印象を、女性は話の切れが悪い印象を
それぞれに与えがちなので、フランクなコミュニケーションの場では
ぜひ、こうした会話の緩急を使い分けてみてくださいね。

 

 

異性とのコミュニケーションのポイント―恋愛編

では次に、恋愛における、異性とのコミュニケーション
より円滑にするための、押さえるべき2つのポイント
お伝えしましょう!

気になる相手や憧れのあの人との関係を、より親しい間柄に
進展させるためにも、ぜひ以下の内容を参考にしてみてくださいね。

 

 

・男性は「初めての人」、女性は「最後の人」

恋愛ソングの歌詞にある、「初めての人」と「最後の人」という比喩
―あなたには、どれくらい当てはまるでしょうか?

 

 

前述した通り、男性は狩る側として生きてきたことから
本能的に物事に対する支配欲が強く、こと恋愛におけるスタンスもまた
常に相手の価値観や気持ちを、自分色に染めたいと思うもの。

だからこそ、恋人や好きな人に、他人と比べられることに対しては
女性以上にナイーブな精神を持つ側面があるのも、事実です。

「元カレはこうだった」という、典型的な昔の恋話は
男性には耐え難いもの、人により、悲しみが怒りに変わることもあるので
憧れの人と話すときは、ぜひ気を付けておきましょう!

 

 

方や女性は、いわゆる「洗練された男性」に惹かれることが
実に多いですよね。

物語の最後に訪れる、白馬の王子様に恋焦がれるように
恋愛、また結婚というキーワードに対しては
男性以上に早くからその先を考える人が多いものです。

 

 

そこで、男性女性も、特にデートやお喋りの中で、ぜひ
その時々の気分や体験において、君・あなたが「初めてである」という
キラーフレーズを添えてみましょう!

男性は女性に、「あなたしか見えません」と、最初で最後の感情
女性は男性に、「あなたが初めての人である」と、彼に対する希望
それぞれにアピールできます。

初デートや、思い出の旅行はもちろん、両親への挨拶の場においても
特に効力を発揮する言葉なので、ここぞと言う時には、ぜひあなたも
「初めて」と「最後」という言葉を通じて、信頼を培ってみてくださいね。

 

 

・男性は「ナンバーワン」、女性は「オンリーワン」

人は誰でも、「愛されたい」と、心の奥底で望む生きものですが
男性・女性それぞれに、愛され方の願望にも、その違いが出てきます。

 

 

一夫多妻制という仕組みが成立する国がある通り
男性は元来、恋人以外の女性にもモテていたい
という願望があります。

大元の恋人は据えたまま、出来るならば他の女性とも仲良くなりたい
と考えてしまう傾向があるのも、男性特有の思考回路
であると言えます。

 

 

これも本能的な課題であり、男性はより多くの子孫を残そうとする
思考と行動が働くので、この願望そのものを解消することは
子孫繁栄を停滞させる行為にもなり得る、非常に難解な課題です。

不特定多数の女性にモテたい、という繁殖本能
恋人の絶対的な1番でいたい、という競争本能
実に欲張りな潜在的傾向が垣間見えますよね!

 

 

一方の女性はと言うと、1人の愛する人から愛されたい
という、内向的な愛され方の願望があります。

女性は男性とは逆の思考で、大勢の異性から愛されること
好意を寄せられることに対して、さほど興味を示さない場合が多いもの。

 

 

一般的なプロポーズなどのイメージも
「男性がアプローチし、女性が応える」といった構図が多く
男性側から言い寄られることそのものは珍しくありません。

しかし、尽くす相手が増えるのは、精神的にも物理的にも
手間や面倒が増えるもの、であれば、私が好きな一人の男性に愛されたい
という思考に至る、ということですね!

 

 

この違いを踏まえて、男性は「特別な存在である」ことを
女性は「一番大事な存在である」ことを、伝えましょう!

好きな女性が特別に見えるのは、男性にとっての事実であり
好きな男性が一番大切であることも、女性にとっての事実なので
大事な場面では、ぜひそのことを改めて表現しておきたいものです。

 

 

ちなみに、他の女性から好意を寄せられることに比較的寛大な男性も
多数の男性から言い寄られることに興味が無い女性も
ことパートナーが自分以外の異性に好意を示す時点で、互いにその姿勢は一転

話を合わせていても、実際の内心は、大なり小なり
嫉妬やジェラシーが芽吹くので、この共通点に関しては
実に不思議なポイントであると言えるのではないでしょうか?

 

 

異性とのコミュニケーションのポイント―生活編

異性とのコミュニケーションを円滑に!相手に伝わる話し方をご紹介

 

 

最後に、生活全般における、男女でのコミュニケーションの違い
より身近な角度から、確認していきましょう!

恋人や家族、友だちにも応用できる内容なので
ぜひあなたも、実践的に活かしてみてくださいね。

 

 

・男性は使えない物を「集める」、女性は使えそうな物を「捨てられない」

時に男性は、一見ゴミにしか見えない物さえも
集めたがる傾向にあります。

男性の本能として、狩ってきた食料を家へ持ち帰ることに
達成感や喜び、生き甲斐をも感じて生きてきたわけなので
これは幸か不幸か、自然の摂理に適った事象であると言えますよね!

 

 

時代と共に変化を重ね、食料から日用品、趣味のグッズまで
結果的にコレクションする行為に、達成感を得る男性が増えたということ。

集めることが目的となってしまう時点で、フィギュアやカードに止まらず
半券やスタンプ、レシートなど、実際にはほとんど使えない物が
ことごとく家の中に溜まっていく、というスパイラルが始まります。

また、コレクションアイテムの多くは、販売する側も
期間限定やシークレット商品など、収集欲を刺激するシステム駆使するので
男性の多くはそこに乗せられやすくなる、ということですね。

 

 

反対に女性の多くは、同じ収集行為でも、特に「使えそうな物」を
捨てられない傾向にあると言えます。

流行を終えた服や靴、ショッパーやラッピングのリボン等―
たしかにどれも、使おうと思えば使える物ですよね!

 

 

ですが、実際に流行を終えた服を着る場面はあったのか
若干の折り目が残るリボンで何をラッピングするのか
目的の無い袋やパッケージは―本当に必要な物なのでしょうか?

現実は、古着屋さんで新たな1着を買い、ラッピング素材は押し入れで埃を被り
いくつもの袋は結局ゴミ袋にと、結局こちらも、ゴミの収集に等しい行為
であると言えてしまうのです。

ただし女性の収集行為の場合、厳密には、集めてたくて集めるよりも
使えそうな物を「捨てられない」わけなので、こだわりが無いという点は
男性の収集行為との大きな違いであると言えますよね。

 

 

これらの違いを基準にしながら、男性は「必要な時に揃えよう」と
女性は「一旦、仕舞っておこう」と提案してみてはいかがでしょうか?

家族であれば尚のこと、男女共に「物を集める」羽目になるので
十中八九、家の中はあらゆる物で溢れ返るシナリオが構成されてしまいます。

 

 

まずは少数精鋭のお気に入りアイテムだけを視界に並べ
今現在必要なアイテムだけを残す、この2点を意識するだけで
生活の質も、お互いへのストレスも、一気に改善されるもの。

どちらとも、すぐに納得し合うことが困難な場合は
期限を設けること、壊さないために一旦他の部屋に仕舞うことも
オススメの提案であると言えます!

 

 

・男性は「謝れない」、女性は「忘れない」

男性はプライドで生きているとも言われており、謝る=負けるという
極端な発想が強く、自分から謝ることに苦手意識を持つ人も多いです。

逆に、女性は謝ることそのものに対して、プライドを重ねることが少なく
自らの改善点や反省はもちろん、場を円滑に納める1つの手段として
謝れる手腕を備えている人も多いもの。

 

 

そんな能力を持つ女性は、まさに全体像を把握する能力が高く
記憶力が優れているのも、特徴の1つであると言えます!

お世話になった人や子どもの友だちの名前、地名や道順
作業手順から人間関係の相関図まで、もはや無双とも呼べる記憶力
を兼ね揃えた女性の脳は、かくして「不快感」も鮮明に覚えているもの。

だからこそ、「相手が悪かった」ことは、どれほど時間が経とうとも
本当にチャラにすることは出来ない、と言っても過言ではありません。

 

 

男性には少し理解し難い特徴ですが、過去、現在、未来、の何処にあっても
「不快感」という感情が軸にあるため、正確には、以後の行動と誠実な実績で
納得させるのが、最善の策です。

伴侶の女性と長く連れ添うと、時に自分の母親のように思い込む男性もいますが
残念ながら、パートナーは1人の女性であり、ましてやあなたの母親ではないので
その部分は忘れないように意識しておきましょう。

また、パートナーの男性の行動は、どんな些細なこともストレスになる
という女性も珍しくありませんが、これまた、自分の感情の無駄遣いになっている
可能性があるので、適度なスルースキルを身に付けましょう。

 

 

ゆえに、お互いが気を付けておきたい点として
何よりもまず、「言い訳や弁解をしない」、という部分を挙げておきたいところ!

職場の状況など、あらゆる背景は存在しますが
どうしようもない事態に陥る時こそ、素直に一言「ごめんなさい
という意思を添えることです。

 

 

どんな状況であれ、パートナーを傷つけた、あるいは悲しませた
事実は変えられないもの。

そして、そのパートナーの「ごめんなさい」に対しては
気遣えなかった・気づけなかった」自分を顧みて、「自分もごめんなさい」と伝えましょう。

お互いが対等な関係でいるための、最難関にして最低限度の一言は
正直な「ごめんなさい」であると言えるのではないでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

 

異性とのコミュニケーションにまつわるまとめ

ここまでご紹介してきた、異性に伝わるコミュニケーションのポイント
について、どれか1つでも、気になる内容は見つけられましたか?

同じ人間であっても、男女による性別1つで、感じ方、受け取り方が
大きく異なります。

 

 

相手に与える不快感を減らすためにも
自分の自信を確保するためにも
本当の意味で伝わる話し方を、マスターしておきたいところ!

話し方1つを変えるだけで、より円満な関係で居られるからこそ
大切にしておきたい、異性とのコミュニケーション
―あなたもぜひ、周りの人々と末永く、円満な関係を築いてみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク