季節ごとのイベント情報と、最新の芸能ニュースなどトレンド情報をいち早くご紹介!

人類の起源にまつわる説~猿人間と宇宙人は人類のご先祖?~

地球上に君臨する知恵の塊とも言える人類
ですが、実際には、どのようにして進化してきたのでしょうか?

広く知られているのは、海に住んでいた古代生物たちが
長い時を経て、徐々に上陸し、爬虫類から、猿や人間に進化した
という、いわゆる「進化論」ですよね。

 

 

ただ、一口に「進化」と言っても
この地球に存在する過程は、本当にその1つだけが正解である
と言いきれる人は少ないもの。

これらの歴史は、一般人のみならず、専門家や研究者にとっても
まだまだ未知の領域であり、真実が分からない部分も大きいとされています。

この記事では、そうした「人類の起源」にまつわる諸説について
いくつかのポイントに分けながら、ご紹介していきましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

 

人類の起源にまつわる説① 類人猿が多くなった地球

人類の起源にまつわる説~猿人間と宇宙人は人類のご先祖?~

 

 

歴史の教科書にも、初めのページに書かれている「ビックバン
―これによって、星の材料となるあらゆる粒子や原子が飛び散り
それらがまとまったことで、太陽系、そして地球が生まれました。

地球では、ガスの化合でができ、オゾン層が発生すると
水中で植物が生まれ、年月を経てその植物を栄養源とする
微生物や水中動物が誕生したとされています。

そして、両生類、爬虫類、猿といったプロセスを経て
二足歩行ができる、人類の大元へ進化した、とされるのが
最も有力な説であると言えます。

 

 

しかしながら、実際には、猿から人間へ変貌する
途中の骨」が発見されていない、という事実があるのです。

この意外な事実が発現すると
1人の科学者は、ある1つの推論を展開し始めました。

 

 

猿人間、即ち類人猿が、地球上に多数誕生し、飽和状態を目前とした状況下
突如宇宙人が現れ、その種と今の人類の祖先となる人間を誕生させた―
という内容であったと言います。

無論、真偽の程は分かり兼ねるものの、「途中の骨」が発見されない以上
何らかしらの出来事が起きたと推測するのは、理に適ったもの。

SFの小説や映画でも、このテーマは数多く扱われていますが
いずれも宇宙人という共通点があるのは、不思議なものですよね!

 

 

人類の起源にまつわる説② 彗星が激突した地球

①の説でお伝えした、宇宙人に関連する、2つ目の説は
彗星の衝突という歴史に基づくものです。

地球では、恐竜の絶滅に起因する「彗星の衝突」が
何度か起きていますが、仮に、宇宙人の高度な技術が伴っていれば
そうした予測はできたのではないでしょうか?

 

 

にも関わらず、なぜ地球に彗星がぶつかる羽目になったのか―
その理由には、人類ならではの悪しき部分が起因したとする説が
この説に由来しています。

人類同士の争いが絶えない地球の姿を知った宇宙人が
この彗星の衝突を利用して、醜い争いを一掃しよう、という考えに至りました。

 

 

彗星の衝突による天変地異の未来を
善良な人類・「ノア」にのみ知らせた宇宙人は
船にあらゆる動物の雄と雌を乗せ、生き延びよと助言。

そして、山の頂上まで押し流されながら
辛うじて生き延びたその子孫が、現代に生きる人類となった
という説です。

 

 

この説について、どこか聞き覚えのある話だと察した方も
多いのではないでしょうか?

ユダヤ教、及びキリスト教の「旧約聖書」に遺された、「創世記」の一部にも
記載されている説です。

この逸話が事実であれば、現代社会においても尚
地上で争う人類を見て、宇宙人が嘆いているとしても
不思議ではありませんよね。

 

 

人類の起源にまつわる説③ 神様やキリストを崇める人々

人類の起源にまつわる説~猿人間と宇宙人は人類のご先祖?~

 

 

2つ目の説でお伝えした、ユダヤ教やキリスト教によっては
神様と呼ばれる存在があり、時に何百歳もの寿命を持ってますよね。

キリストは、パンやぶどう酒を突然作り出す、魔法の持ち主
ともされている節があります。

こうした神と称される存在は、当時を生きた人々にとって
どのように感じられたのでしょうか?

 

 

初めにお伝えした、人類の先祖に話を戻すと、神様とは元来
宇宙人との混血、あるいはそのものであると仮定できます。

この宇宙人との血が濃いほど、いわゆる長生きであった
という仮説を立てることができます。

また、キリストの魔法についても
現代で言う、パン焼き機やぶどう酒製造機によるものだとすると
ある程度、合点がいきますよね!

 

 

宇宙人の濃い血統と、進んだ科学技術に付随する応用力があれば
そうした人物を神様として、現代の人々までもが崇めるのも
無理はありません。

特に、キリスト教によると、キリスト自身には
若い頃の記録が無かった、とする説さえ存在するほどです。

仮にキリストが宇宙人の子孫であったとすると
それまでの間、宇宙旅や研究という修行をしていたとしても
不思議ではありません。

 

 

映画「十戒」に出てくる海が、両側に開け、その中央に道ができる場面は
宇宙規模における高度な土木工事の一場面であったのでは
という推論もあります。

キリストの復活についても、遺体のそばで墓守りをしていると
空に光る物体が現れ、キリストの遺体を持ち去った、という記録も残っています。

宇宙人が、その遺体から細胞を取り出し
いわゆるクローン技術を以て、キリストそっくりの人類を創造したとしても
辻褄が合うのではないでしょうか?

 

 

今でこそ、実現可能な技術となったクローン技術も
当時の人々には異常な光景であったが故に、死者が復活した
と言い伝えられたと考えるのは、自然の摂理であると言えますよね。

時代や技術の要領が違うだけで
それぞれが不思議な魔法や神様の仕業に七変化するのは
時を経ても変わらない原理であることが、よく分かります!

 

 

これからの地球について

人類の起源にまつわる説で、宇宙人による人類への加筆が
実際にあったとすると、争い続ける地球の姿が引き金となり
いずれまた天変地異が降りかからないとも限りません。

宇宙人が人類を観察する本拠地として
最も有力な候補地になっているのは、衛星であるとされています。

 

 

長く月を観察していた研究者の話では
時折、月面の表面からのようなものが出ていたり
地震に似た振動が見受けられた、という報告もあります。

こうしたことから、この月自体が宇宙船であり
その中の宇宙人は、人類の有様を見かねた時に
メッセージを出すのでは、と推測する研究者もいるほどです。

今後の地球市民の動きにより、未来の地球の姿が変化するという点では
現代社会に求められる、SDGsを中心とした取り組みやアクションが
非常に重要な役割を担ってくるということが、よく分かりますよね!

 

 

スポンサーリンク

 

 

人類の起源のまとめ

ここまでご紹介してきた、人類の起源にまつわる
3つの説について、いかがでしたでしょうか?

SFの作り話のような部分も多くありましたが
人類の起源は、未だにその大部分が謎に満ちています。

神様やキリストの復活など、宗教的な観点から紐解くにも
その真相は、まだ良く分かっていない部分の方が多いもの。

 

 

これからの地球は、惑星直列などの天変地異が起きない限り
基本的には今後も数億年から数十億年規模で
1つの惑星として存続していくものとされています。

しかし、類人猿と宇宙人の混血である人類の先祖同士が争い
地上が荒廃し始め、宇宙人が決断を下した、という神話のような事態も
現実には全く無かった、と断言し難い部分もありますよね。
 
 

 

青と緑が彩る地球―その場所で、平穏に思いやりながら過ごせない人類が
数多く生まれる事態になれば、宇宙人がそうする説もやむを得ないのでは
と考えてしまうもの。

宇宙人によって、人類のだらしなさを警告される日が来ないよう
一人ひとりにできることを続け、地球史・人類史に誇れる平和な時代を
創造していきたいものですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク