季節ごとのイベント情報と、最新の芸能ニュースなどトレンド情報をいち早くご紹介!

ぱっちり目の二重を目指して~二重術の方法を3つご紹介~

自分のを大きくして、顔の印象をよくしたい―
女性であれ男性であれ、そう思う方は少なくないですよね。

では実際に、目の変化を実現させるには
どのような手段があるのか、気になるところ!

 

 

そのために思いつく、最もシンプルな方法と言えば
ずばり、目を二重にすることですよね。

どうすれば、自分の目を二重にさせられるのか―こちらの記事では
その方法について、全部で3つの手段を順番にご紹介していきましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

 

二重術① お手軽テープでくっつける

ぱっちり目の二重を目指して~二重術の方法を3つご紹介~

 

 

初めにご紹介する方法は、比較的メジャーな二重術である
二重づくり専用のテープを用いた手段です。

二重にするための専用テープが、薬局などに売られており
お手頃な価格で手に入れられるのが、その特徴的なポイント!

シールなので、現状復帰が簡単にできることから、初心者をはじめ
二重術へのハードルが高く感じる人でも、迷わず実行に移せます。

 

 

特に若い女性においては、最初の第一歩として、この方法を選択する人が
非常に多いのも、印象的なポイントです。

もちろん、二重術のスタートラインでもある
このテープを用いた方法には、いくつかのデメリットも存在します。

 

 

あくまでもシールなので、いびつになってしまったり
シールのカットによっては、バランスが悪くなってしまう
というケースは多々あります。

ある時はよくできて、ある時は少し曲がっている、という状況に陥りやすく
顔のパーツに一貫したバランスが伴いにくいのは、テープならではの難点。

 

 

また、テープの粘着成分が、地肌に影響を及ぼす場合もあり
瞼の肌荒れや、ただれといった症状や炎症を起こす人がいることも
ぜひ覚えておきましょう!

綺麗になろうとして、本末転倒の結果を招かないためにも
最初のお試し、あるいはその日限りの即戦力としての使用を
検討しておきたいところ。

 

 

常時普段使いできるものが見つかるまでは
いくつかのテープを試しておくのも、オススメの方法です!

テープには、片面タイプと両面タイプ
そして、ファイバータイプと、大きく分けて3種類があります。

 

 

それぞれ、片面でくっつけて、瞼をその上に乗せる
両面で瞼をしっかりとくっつける
両面の細い糸状でくっつける、といったものです。

ファイバータイプは、仕上がりが最も綺麗ですが
左右対称にバランスよく仕上げるには練習が必要なので
ぜひ自分に合ったテープを探してみましょう!

 

 

二重術② 美容整形による埋没法

ある程度、二重そのものの形を良く保つためには
やはり、美容整形外科での施術が必要になってきます。

お隣の国・韓国では、若年層を中心に
ちょっとした整形や二重の施術は、当たり前のように行われている
と言っても過言ではありません。

そんな近隣諸国の風潮は、日本の若者にも影響を与え
罪悪感を持たず、比較的スムーズに整形できる雰囲気になってきた
と言えるのではないでしょうか?

 

 

顔のパーツの美容整形において、最も多い施術方法こそが
二重施術であるとされています。

さらに、その二重施術の中でも、半数近くの割合で行われるのが
2つ目にご紹介する、「埋没法」と呼ばれる二重術です。

特殊な糸を使い、瞼を縫い合わせる
至ってシンプルな施術方法であると言えます。

 

 

この止め方にも、大きく2つの方法に分けられており
3~6点など、点で止める方法と、スクエア状に縫う方法があります。

点で止める方法は、手軽で安価ですが固定数が少なく
取れやすい、またはバランスが悪くなってしまう場合があります。

一方の、スクエア型は、二重そのものがくっきりとしており
バランスがよく、形状が保たれやすい丈夫さを誇ります。

 

 

また、現状復帰もしやすく、多少のやり直しができるのも
「埋没法」ならではの利点であると言えるのではないでしょうか?

どちらの方法も、テープよりは良質な仕上がりですが
もちろん、永久的ではないため、ほつれる可能性もあります。

3~5年で糸が緩み、元の一重になってしまう確率は
全体で約50%といったところ。

 

 

費用は5~10万円程度が相場であり、馴染むまでに
約1~2週間の時間を要するのも、特徴的なポイント。

人生で最初の整形、という場面においては
この方法が、最も一般的なものであるということですね!

 

 

二重術③ 切開法による永久的な二重

ぱっちり目の二重を目指して~二重術の方法を3つご紹介~

 

 

最後にご紹介する二重術は、「切開法」と呼ばれる
美容整形の施術方法です。

「切開法」は、メスを用いて、1~2㎝程度の切開をし
皮を切って内部処理をする、最も本格的な施術

この方法においては、元の目に戻すことはできず
いわゆる永久的な処置とされる二重術であるのが、最大の特徴です。

 

 

ですが、そうしたリスクや犠牲を伴う分、非常に安定性があり
バランスよく仕上がるのが、最大の魅力でもあります。

「切開法」にかかる費用は、約20万円~と
上記2つの方法に比べて、かなり高価であり、完治するまでは
約4週間~1ヵ月程かかるため、即時性は無いと言えます。

 

 

これらの方法は、一般的に「部分切開」と呼ばれますが
これに対し、脂肪が多く、はれぼったい目をしている人は
いわゆる「全切開」が必要な場合もあります!

瞼全体を切開し、余分な脂肪を取り除くことで
皮膚の弛みまで、しっかり取り除くことができます。

ゆえに、この「全切開」は、瞼が分厚く目が細い人をはじめ
瞼が弛んで目が開きにくい人の改善に最適であるとされています。

 

 

全切開」の場合、手術が大がかりになるため
術後の腫れが伴い、完治までに約3~6ヶ月程度と、長期間を要します。

施術の流れとしては、まず痛覚を消すために
点眼薬の麻酔と、目元クリームによる麻酔を施します。

メスを入れる直前に、注射で局所麻酔を行い
麻酔が切れるでの間に、施術、固定が行われます。

 

 

永久的な切開による二重は、その形が変えられず
術後の傷の経過が、予定よりも長引く場合もあります。

また、個人差があるのはもちろん、肌質や生活習慣により
水が溜まったり、内出血が続くなどの症状が現れる場合があるのも
覚えておきたい注意点の1つです!

元に戻らないからこそ、永久的な二重施術を実現する「切開法」は
目元の整形を検討している人にとって、不可欠な選択肢の1つである
と言えるのではないでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

 

ぱっちりした目になる二重術に関するまとめ

ここまでご紹介してきた、二重術に関する
3つの方法について、少しでも、今後の参考にしていただけましたか?

一昔前は、「親からもらった顔にメスを入れること」が否とされたり
「あの人は整形している」などと、非難される時代でしたが
現代においては、整形の事実をあえて公表できる時代です。

整形施術が一般化・日常化して、世の中に馴染んできている
という背景が、よく分かりますよね!

 

 

特に、顔のパーツに関しては、目や鼻の整形というものが
その大多数を占めています。

自分の顔にコンプレックスを抱き、暗い気持ちで人生を送る
のではなく、少しの勇気で新しい人生を選択する人が多くなった
と言えますよね!

また、現代の家族や親としての価値観
そうした子どもの判断を後押しするケースが増えています。

 

 

容姿の美しさは、心の美しさも育てるものであり
顔の印象を変えるだけで、自分の性格や行動もまた
明るく、社交的に変化させられるもの

たった一度の人生だからこそ、明るく元気に悔いなく過ごそう
と思えた時、1つの選択肢として、二重術が選べる時代になりました。

罪悪感を抱かず、整形手術の品質と使命を受け入れ
それぞれの良さを、さらに生かし合いながら
過ごしていきたいものですよね!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク