季節ごとのイベント情報と、最新の芸能ニュースなどトレンド情報をいち早くご紹介!

七夕にそうめんを食べるのはなぜ?由来とそうめんを食べる意味とは?

あなたは七夕そうめんを食べますか?

「なぜ七夕にそうめんを食べると思いますか?」と聞くと
「暑いからでしょ?」って答える人も少なくないのではないでしょうか?

実はこの「そうめん」は、れっきとした「行事食」なんです。
 

七夕にそうめんを食べるのはなぜ?由来とそうめんを食べる意味とは?

 

 

意味としては、邪気を払い、無謀息災を願うものであり、
そうめんのあの細さが織姫の織り糸や天の川をイメージしているとされています。

そんな行事食「そうめん」の由来などをまとめてみました。

何気なく意味を知り、食べるというのも良いのではないでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

 

七夕にそうめんを食べる由来(ルーツ)は?

そうめんのルーツは、中国伝来の「索餅(さくべい)」という小麦粉料理です。

これだけでは、最初に述べた「無病息災」にどう繋がるか分かりませんよね?

 

 

実はこういう言い伝えがあるのです。

古代中国に、7月7日に死んだ帝の子が霊鬼神となって熱病を流行らせた。

そこでこの子の好物だった策餅をお供えし、祀るようになったことから、
7月7日に策餅を食べると、1年間無病息災で過ごせると言い伝えられてきたものです。

 

 

それが、小麦が一般的に食べられるようになったのを受け、
「そうめん」という形に変化していきました。

形は変われど「願いをかける」というのは残ったようです。

 

 

現在は、「無病息災」に限らず、
「いろいろな願いの短冊の花」が夏の世空を彩ります。

また、七夕まつりが各地域や学校などでも行われており、
夏の行事として定着しています。

夏に食べたい和菓子

四季を大事にする「茶道」でよく使われる和菓子
いくつかピックアップしてみました。

「みんなと同じようにそうめんはつまんない!」

「そうめんだけじゃなく、季節を感じられるお菓子を食べたい。」という方へおすすめです。

 

 

<購入出来るオススメ和菓子>

和洋折衷!!

柏屋光貞の「行者餅」
 

七夕にそうめんを食べるのはなぜ?由来とそうめんを食べる意味とは?

 

 

求肥と白みそと山椒をクレープで包んだものです。

 

 

故事に因んだお菓子

亀廣永(かめひろなが)の「したたり」
 

七夕にそうめんを食べるのはなぜ?由来とそうめんを食べる意味とは?

 

 

聞くの露の愛たたりを呑んで
700歳の長寿を保ったという故事に因んで作られたものです。

「無病息災」を祈る七夕に
「700歳の長寿を保ったという故事」に因んだ和菓子もいいと思います。

 

 

こしあんが好きなら・・・

鶴屋吉信の「夏衣」
 

七夕にそうめんを食べるのはなぜ?由来とそうめんを食べる意味とは?

 

 

この菓子の皮の部分が寒天の中に道明寺粉を混ぜ混んで作る。

その薄い皮でこしあんを包んだもの

薄衣のようにうっすらと透けて見える、まさにという菓名です。

 

 

和菓子は季節を大事にします。

季節感を味わうのにぴったりです。

ぜひ召し上がってみて下さいね。

そうめんのルーツ「策餅(さくべい)」をつくろう

そうめんのルーツ策餅のレシピを紹介しますね。
 

七夕にそうめんを食べるのはなぜ?由来とそうめんを食べる意味とは?

 

 

<材料(9本分)>

★ホットケーキミックス 150g

★白玉粉100g

★卵1個

★オリーブオイル大さじ2杯

★牛乳90㏄

★サラダ油  揚げ焼きできる程度

★粉砂糖又orグラニュー糖

 

 

<作り方>

牛乳と粉砂糖orグラニュー糖以外の材料(もちろん揚げ焼き用の油も除く)を全てボールに入れます。

そして、それらに少しずつ牛乳を入れ混ぜてください。

 

 

白玉粉の「つぶつぶ」がなくなり、つやが出たら耳たぶ程度の硬さにし、
40g程度の塊に分け、9つとります。

それを転がしたり、伸ばしたりして、
グルグルした形(中尾彬の「ねじねじ」みたいな感じです)にして、フライパンで揚げ焼き。

 

 

その後、油切りを忘れないでね(クッキングタオルの上がおすすめ)。

そして、粉砂糖orグラニュー糖をまぶせば完成です!!

 

 

独別な材料がなくてもできるのがいいですよね。

揚げ焼きの部分以外はお子様と作ったりもできると思います。

 

 

<ポイント>

牛乳は必ず少しずつ入れましょう。

固まらなくなってしまいます。

スポンサーリンク

 

 

夏衣は手作り可能!夏衣のレシピを紹介!

<道具>

玉子どうふ器 大1台(4個分)

冷やし固めるためのパット

流し出すようのパット

 

 

<材料(4人分)>

★道明寺粉10g

★熱湯20g

★水70g

★粉寒天1g

★グラニュー糖30g

★水あめ10g

★こしあん100g

 

 

30分ふやかした道明寺粉を粗くつぶし餅状にする。

鍋に水と寒天を入れ火にかけ煮溶かす。

その後水あめ、グラニュー糖を加えさらに煮溶かす。

 

 

<作り方>

グラニュー糖が煮溶かされたら、粗くつぶし、餅状にしたものを加え、
5ミリの厚さにし、冷やし固める。

固まったら軽く濡らしたパットに出し、4.5×9cmにカットする。

4等分し、丸めたこしあんを筒状に包めば完成です!!

 

 

難しすぎないですし、市販品にはない良さがあります。

見た目が市販品のように美しくないと思ったとしても大丈夫です。

 

 

一番注意したい工程は「寒天の煮溶かし」。

ここで失敗すると皮が作れないので注意が必要です。

あとは、それほど心配な要素はないですし、
煮溶かす工程以外は、お子様と一緒に作ることもでき、楽しいと思いますよ。

 

 

長文お付き合い頂きありがとうございました。

いかがでしたか?

「まさか、そうめんが行事食だったとは!」と驚いた方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

簡単ではありますが、今一度まとめさせて頂きますね。

  • そうめんのルーツは策餅
  • 七夕は策餅を供え無病息災を祈るものだった。
  • 季節の和菓子やルーツの策餅を手作りするのもgood。

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

今年の七夕もぜひお楽しみくださいね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク