季節ごとのイベント情報と、最新の芸能ニュースなどトレンド情報をいち早くご紹介!

土用の丑の日 2017年はいつ?由来とうなぎを食べる理由とは?

夏の暑い季節になると、スーパーや百貨店で謳われる【土用の丑の日 土用うなぎ】

魚屋さんではうなぎが並び、お客さんはみんな競うようにして買っていきますね。
 

土用の丑の日 2017年はいつ?由来とうなぎを食べる理由とは?

 

 

そもそも、土用の丑の日ってどういう日なのでしょうか?

なぜ、うなぎを食べるのでしょう?

今回はそんな土用の丑の日について、分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

 

 

土用の丑の日って?

まず【土用の丑の日】がどのように決まっているか、ご存知ですか?

 

 

始めに【土用】について。

【土用】とは、一年の春夏秋冬すべての季節にある、季節の変わり目の期間のことをさします。

具体的には「立春・立夏・立秋・立冬の各々約18日前の期間」ということです。

土用は、夏だけでなく他の四季にもある期間なのです。

 

 

次に【丑の日】について。

【丑の日】とは、毎日の暦にある十二支の「丑」の日です。

つまり12日に一度回ってくる日ということですね。

 

 

上記の二点で分かるかと思いますが、【土用の丑の日】とは、
「立春や立夏などの前日より約18日間の中にある丑の日」のことをさします。

 

 

もちろん夏以外にも、土用の丑の日は存在します。

年に何回かある内の、夏の土用の丑の日のことを、最近では土用の丑の日、と言う訳です。

 

 

2017年の土用の丑の日はいつ?

さて、先程のやり方でカレンダーを確認すると、2017年の土用の丑の日は次の通りです。

7月25日(火)

8月6日(日)

 

 

今年の夏の土用の丑の日は2回あります。

ちなみにひとつの土用の内の1回目が「一の丑」2回目が「二の丑」と言います。

世間一般としては、一の丑のほうがイベントとして注目されやすい傾向にあります。

なぜ?土用の丑の日にうなぎを食べる理由は?

土用の丑の日 2017年はいつ?由来とうなぎを食べる理由とは?

さあ、今年の夏のうなぎを食べるべき日がわかりましたね。

 

 

さてそこで、もうひとつ気になるのが、「なぜ“うなぎ”なのか?」という点です。

その答えには様々な謂われがあります。

 

 

①平賀源内が広めたという説

歴史的なエピソードとして有名なお話がこの説です。

江戸時代、ある魚屋さんが「夏にうなぎが売れない」と、
蘭学者である平賀源内に相談しました。

そこで平賀源内は、魚屋さんに「本日土用の丑の日」という貼り紙をさせたといいます。

 

 

一般的に「丑の日には“う”のつくものを食べると良い」とされていたことから、
“うなぎ”はそれにぴったりだったのです。

貼り紙の効果で、うなぎが売れるようになり、
それを見た他の魚屋さんも真似するようになった、ということです。

 

 

実はうなぎの旬は、秋から冬にかけての季節なのです。

シーズンオフのうなぎを売りたいという魚屋さんの気持ちと、
平賀源内という頭の切れる学者さんの策略に、
当時の人びとだけでなく現代人も、まんまと乗せられたということですね。

 

 

②うなぎの栄養価が高いから

理由の二つ目は、うなぎに含まれる栄養価が優秀であることです。

夏の暑い時期を乗り越えるために、夏バテを防ぐのにもってこいの栄養素がたっぷり含まれています。

 

 

特筆すべきなのは、ビタミンAビタミンB1ビタミンEDHAEPAです。

 

 

ビタミンAは、眼精疲労に特に良いと言われ、免疫力アップも期待できます。

ビタミンB1は、糖質を体内でエネルギーに変える働きをすることから、
疲労回復効果があり、疲れを感じた時には欠かせません。

ビタミンEは、抗酸化作用が強く、生活習慣病の原因とされる細胞の酸化を防ぐ働きが期待できます。

またアンチエイジングのビタミンとも言われています。

 

 

DHA、EPAは青魚の成分として有名ですが、うなぎにも多く含まれています。

血液をサラサラにしたり、コレステロールを下げるなど、多岐に渡る作用があります。

 

 

うなぎ一尾を食べると、これらの成分が
成人男性の1日の摂取量の1/2~1日分以上も摂れるということです。

これだけ栄養価の高い食材であるうなぎなので、
夏バテ防止栄養不足の改善が期待できるということなのです。

 

 

③夏でも食欲が湧き、食べやすいから

そしてやはり夏場の食欲減退時期に重要なのが、うなぎの蒲焼きのいい香りですね。

「うなぎの蒲焼きの匂いだけでごはんが食べられる」なんて笑い話もある位、
その香りは食欲をそそります

夏場で食べる気がしない時でも、うなぎの蒲焼きの香りを嗅いだら、食欲が増幅しますよ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

土用の丑の日のまとめ

さて、土用の丑の日について、またうなぎを食べる理由について、ご紹介してきました。

近年ではうなぎの漁獲量が減り、ますます手に入りにくくなっています。

【土用の丑の日の土用うなぎ】は季節の変わり目である土用に、
体を元気にしてくれる働きはもちろん、
滅多には味わえない、少し贅沢な気持ちにさせてくれる効果も期待出来るのではないでしょうか。

今年2017年の土用の丑の日は、体にも心にも美味しいうなぎをぜひ頂いてみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク