季節ごとのイベント情報と、最新の芸能ニュースなどトレンド情報をいち早くご紹介!

六義園の紅葉 2017年の見頃時期は?見どころも紹介!

東京都の観光地のひとつである六義園は、しだれ桜モミジの紅葉で有名ですが、
2017年の紅葉はいつごろなのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

 

六義園とは?

六義園 紅葉 2017年 見頃時期 見どころ

 

 

六義園は、東京都文京区本駒込に位置する、都立庭園です。

徳川五代将軍、徳川綱吉が側用人、柳沢吉保下屋敷として造営した大名庭園です。

六義園の名称紀貫之が「古今和歌集」の序文に書いた、
六義」(むくさ)という和歌の六つの基調を表す語に由来するといわれています。

 

 

庭園は、中の島を有する大泉水樹林が取り囲む形で作庭され、
万葉集」や「古今和歌集」に由来する景勝を選び、八十八景として作り出されました。

明治初年には三菱財閥の岩崎弥太郎が購入し、レンガの塀などで囲んだり、整備し、
のちに東京都へ寄贈されました。

 

 

広さは約8,800m㎡で、東京ドームの約2倍です。

真ん中に大きな泉があり、まわりを木々が囲んでいて、春はしだれ桜、ツツジ、秋はモミジと、
四季折々の自然が楽しめる庭園です。

 

 

六義園の紅葉

六義園には、カエデモミジハゼノキケヤキミズキクスノキつげの木など、
紅葉する樹木が数多く植えられていて、長期間にわたって楽しめます。

大泉水沿いに歩くと、ススキ越しのモミジカエデハゼの大木など、
赤く染まりはじめから、満開の紅葉まで、各所見どころポイントがあります。

2017年の六義園の紅葉が見頃を迎える時期は?

気象庁の予報では、今年2017年の気温が高く、晴れの日が多く、9月は残暑が厳しく、
平年並みという見込みです。

 

 

なので、気温の高い夏が終わり、秋が深まり温度が下がると、紅葉が進み、
2017年の紅葉見頃時期は、11月中旬から下旬にかけて色づきはじめ、
ピークをむかえる見頃時期は、11月下旬から12月初旬頃まで、
美しい紅葉が期待できそうです。

 

 

紅葉と大名庭園のライトアップについて

六義園 紅葉 2017年 見頃時期 見どころ 大名庭園 ライトアップ

 

 

今年2017年も「紅葉と大名庭園のライトアップ」の開催が決定しました。

 

 

紅葉と大名庭園のライトアップ期間

2017年11月18日(土)~12月6日(水) 

9時~21時(最終入園は20時30分)、ライトアップの時間は日没から21時まで

普段は17時で閉園するところ、夜も楽しめます。

 

 

紅葉の幻想的な美しさを楽しめます。

スポンサーリンク

 

 

六義園の見どころは?

六義園の見どころは、カエデ、モモジ、ハゼノキなど、
いろんな種類の樹木の紅葉楽しめることです。

 

 

ハゼの大木や、中の島の田鶴橋とモミジ、吹上茶屋前のツゲの木、藤代峠からの展望、
渡月橋とモミジ、松の木越しのモミジに、その奥に広がるハゼの大木など、
どれをとってもピーク時にはみごとな満開の紅葉を見ることができます。

 

 

中の島に漂う小船風情があり、白鷺や水鳥をみかけることもあります。

ゆっくりと庭園を散策して、もみじ茶屋吹上茶屋心泉亭小休止して、
上生菓子や抹茶をいただきながら、紅葉を見るのもいいですね。

 

 

ライトアップの時のみどころは、「水香江」の景色です。

昔、水香江には蓮池があり、その蓮池を再現するために、
水を模したライト跡地に設置して、ライトアップされた光は、
まるで水が流れるかのような幻想的な景色をかもしだしています。

 

 

ライトアップの時期はもみじ茶屋、吹上茶屋、心泉亭も、夜20時30分まで営業しています。

園内には車いすでの通行可能なルートもあり、子供からお年寄りまで楽しめる庭園なので、
ぜひ、ご家族みなさんでいらしてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク