季節ごとのイベント情報と、最新の芸能ニュースなどトレンド情報をいち早くご紹介!

博多どんたく祭りの2018年の日程・時間は?見どころも紹介!

博多どんたく祭り」というお祭りのことをあなたはご存じでしょうか?

よく知らないという方でも、きっと一度は耳にしたことがある単語ではないかと思います。

 

 

博多どんたく祭りは毎年ゴールデンウィークの期間に福岡市で開催され、
動員数や知名度からいっても国内を代表するお祭りのひとつです。

 

 

そんな博多どんたく祭り2018年版について、
日程や時間見どころ等々、調べてまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

 

博多どんたく祭りとは?

博多どんたく祭りの2018年の日程・時間は?見どころも紹介!

提供:福岡市

 

 

福岡市で開催される大規模なお祭り、ということは何となく認識していても、
博多どんたく祭りはどんな起源で何が催されるのかハッキリわからない方も多いかと思います。

 

 

博多どんたく祭りの歴史は古く、文禄4年(1595年)に行われたのが最古として記録されています。

博多松囃子」という福禄寿恵比寿大黒天三福神稚児に扮した一行が
福岡市内各所を祝賀訪問したお祭りが元になり発展していったもので、これに「通りもん
という町人たちによるコスプレ集団が加わったものが現在の博多どんたくの原型とされています。

 

 

明治維新の後や太平洋戦争の間に中断されていた期間はあるものの、
開催時期変更されたりしながらも現在まで存続しているのです。

 

 

現在のどんたく祭りは5月2日の前夜祭から始まり、5月3日5月4日2日間にわたって
市内各所に設けられたステージで演舞が披露されたり、
どんたく隊」と呼ばれる企業学校等で構成される各グループがパレードを行うのがメインです。

 

 

動員数は200万人超とも言われており、紛れもなく国内最大級のお祭りと言えるでしょう。

ちなみに「どんたく」の語源はオランダ語で日曜日を指す「zondag」が訛って定着したものです。

 

 

博多どんたく祭りの2018年の日程・時間は?

公式ウェブサイトにはまだ正式な日程の発表はないですが、前夜祭5月2日
本祭5月3日5月4日に開催されることが毎年恒例となっており、2018年も例年通りでしょう。

 

 

5月2日の前夜祭は16時30分~20時30分まで、福岡国際センターにて行われます。

前夜祭ではゲストの芸能人やアーティスト、
どんたく隊などが舞台に上がり、演舞などで本祭に向けて盛り上げてくれます。

 

 

前夜祭は何と無料で参加が可能で、毎年大物ゲストが招かれるとあっては
選択肢は参加の一択なのですが、生で見ることができるのは整理券を持っている人のみという条件つきです。

 

 

この整理券を手に入れるのはなかなかハードルが高く、毎年配布会場では行列ができ、
昨年は6000枚あった整理券20分足らずでなくなってしまったそうです!

 

 

地方から博多どんたく祭りに参加を希望する方にとっては、
前夜祭の整理券入手は難しいかもしれませんね。

 

 

5月3日5月4日の本祭は、9時~22時頃まで市内各所に設けられたステージでのイベントと、
10時~20時頃までどんたく隊たちによるパレードが同時進行します。

 

 

5月3日10時よりベイサイドプレイス博多埠頭での式典を行ったあと、
パレードは最初に博多駅前の「どんたくストリート」、
続いて明治通りの「どんたく広場」にて実施され、
どんたく隊たちが実に様々なパフォーマンスを見せてくれます!

 

 

そして5月4日18時過ぎよりフィナーレの総おどりです。

総おどりは観客も飛び入り参加可能で、しゃもじを鳴らしながら踊ります。

 

 

総おどりが終わり次第博多どんたく祭りは終了となりますが、
一部のステージでは21時頃までイベントが行われたりします。

 

 

博多どんたく祭りの2018年の見どころは?

博多どんたく祭りの最大の見どころは、
何といっても本祭の「どんたく広場」でのどんたくパレードでしょう!

 

 

パレードに参加する有志団体は毎年200を数え、博多松囃子を筆頭として、
音楽隊・サンバ隊・コスプレ隊・チアリーディング隊・獅子舞・山車やら何やらが次々現れ、
いずれも華やかな衣装を身に纏い笑顔を振りまいて目の前をパレードしていきます。

 

 

当然、最前列で見れれば最高なのですが、
見物客の多さゆえ開始1時間前には場所取りをすることを強くオススメします。

 

 

また、本祭開催日の夜に航行される「博多湾内クルーズ」も魅力的です!

2種類クルーズ客船があって、5月3日の夜の「どんたくナイトクルーズ」は
市営渡船「きんいん」に乗り19時30分~20時30分まで船旅を楽しめます。

 

 

船上では博多の夜景を楽しめますが、事前応募が必要な上に応募者多数の場合は抽選となります。

料金は無料!

 

 

しかし定員は150名なので、狭き門かもしれませんね!

もう1つのクルーズ客船は5月3日4日の夜に出港する「マリエラどんたくるーず」で、
レストラン船「マリエラ」に乗り19時~21時過ぎまで湾内をクルーズします。

 

 

ディナーはビュッフェ形式の食事のほか、博多の伝統芸能「博多仁和加」を観覧したり、
お楽しみ抽選会など行われ賑やかなアトラクションが用意されています。

 

 

こちらもやはり事前に予約は必要な上有料ですが、
4日夜はフィナーレの花火を船上で見られるため感動もひとしおでしょう。

 

 

その他の見どころでは、
アニメのキャラクターや旬のテーマをあしらった大型自動車(通称「花自動車」)も見逃せません。

 

 

合計で6台の花自動車があり、いずれもカラフルで華やかですが、
夜にはライトアップされますます目立つ存在です。

2018年はどんな装飾が施された花自動車が登場するか、今から楽しみですね!

 

 

博多どんたく祭りの交通アクセス

博多どんたく祭りは市内の至るところで開催されています。

5月2日の前夜祭は福岡国際センターにて行われます。
 

 

 

5月3日5月4日本祭は、主に博多駅前通り明治通りにてパレードが行われます。
 

 

 

期間中は駐車場もすぐ満車となってしまうため、公共の交通機関利用して会場入りするのがオススメです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

博多どんたく祭りのまとめ

博多どんたく祭りの2018年の日程・時間は?見どころも紹介!

提供:福岡市

 

 

博多どんたく祭りは市内の各所にて同時進行でイベントが行われるため、
すべての催し物を見学あるいは体験することは難しいかと思います。

 

 

日程ごとの予定をあらかじめ調べておいて、イベントによっては始まる1時間以上前から
場所取りなどのスタンバイをしないと最前列で見られないこともあり得ます。

それほど博多どんたく祭りの人気動員数は凄まじく、老若男女楽しんで盛り上がれるお祭りということです。

 

 

例えばお知り合いの方がどんたく隊としてどんたくパレードに参加しようものなら、
大きく手を振って声をかけてあげたくもなりますね!

 

 

2018年ゴールデンウイークは、そんな見どころ満載の博多どんたく祭りに参加して楽しむために、
是非とも博多まで足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

 

ただしなぜか博多どんたく祭りに雨はつきものというジンクスも存在するようなので、
雨対策はしっかりした上で臨むことをオススメいたします!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク