季節ごとのイベント情報と、最新の芸能ニュースなどトレンド情報をいち早くご紹介!

季節ごとの旬の魚~夏が旬の魚にはどんな種類がいるの?~

にはそれぞれ旬となる季節が決まっています。

旬の魚は他の季節よりもおいしく食べることができるようになっているのですが、
どの季節にどのような魚が旬となっているのでしょうか。

今回は季節ごとの旬の魚の中でも
夏が旬の魚にはどのような種類がいるのかについて
紹介をしていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

夏が旬の魚の種類

夏が旬の魚の代表といえば、ウナギではないでしょうか。

 

 

夏が旬の魚の代表といえば、ウナギではないでしょうか。

ウナギは世界中に分布する魚ですが、
日本では食用としてニホンウナギが主に食べられています。

ウナギには食べることができる種類のウナギと
食べることができない種類のウナギが存在し、

中にはウナギという名前が付いていながらも
ニホンウナギなどの食用のウナギとは
全く違う性質を持っている種類もいます。

 

 

ウナギは基本的に罠を用いた捕獲方法がとられています。

現在ではウナギ養殖が盛んに行われており、
市場に出ているウナギのほとんどは養殖のウナギとなっているほどです。

日本では毎年7月土用の丑の日があり、ウナギを食す文化があります。

そのため、ウナギは高級魚ではありますが、
昔から日本の食文化になじんでいる魚であるということができます。

 

 

ウナギの他にもアジ夏が旬の魚となっています。

 

 

アジにもさまざまな種類がいますが、
日本で食べられているアジはマアジという種類のアジとなっています。

マアジは比較的に小型の魚となっていて、体長は平均して15センチ程度しかありません。

釣りの初心者でも釣りやすい魚の種類となっているため、
釣りをする人に好かれている魚であるということができます。

また、これらの魚以外に夏が旬の魚の代表として、アナゴアユなどがあります。

 

 

夏が旬の魚以外の海の生き物

夏が旬の魚以外の海の生き物には様々な種類がいます。

 

 

その中でもよく知られているのがクルマエビではないでしょうか。

クルマエビは一年を通して、漁獲される種類となっていますが、
特に夏に漁獲量が多いため夏が旬であるとされています。

日本では特に愛知県熊本県で多く漁獲されています。

クルマエビは死んでしまうと短時間のうちに臭みや痛みが出るようになっているので、
おがくずに詰めた状態で出荷されることが通常となっています。

 

 

また、クルマエビ以外にもサザエも夏が旬となっています。

サザエは春から初夏にかけて旬となっており、
産卵期には身が痩せてしまうという特徴があります。

日本の代表的な食用貝の1つで特徴的な大きな殻を持っています。

基本的には岩礁に生息していて、
大きくなるにつれて水深が深い場所に生息するようになります。

 

 

他にもスルメイカも夏が旬の海の生き物となっています。

スルメイカはマイカと呼ばれることもあり、
古くから日本人が食してきたイカの種類となっています。

スルメイカは日本で一番消費量が多い魚介類となっていて、
平安時代から食べられてきたと考えられています。

 

 

スルメイカは夏が旬となっていますが、
生まれる時期が個体によって異なるものとなっています。

そのため、同じ季節に漁獲されたとしても、
成長の度合いに差があることも珍しくありません。

スルメイカは日本列島の周辺でのみ漁獲されていた種類ですが、
最近ではスルメイカの分布域も拡大しており、アメリカでも漁獲されるようになっています。

 

 

夏が旬の魚の代表的な料理

夏が旬の魚の代表といえば、ウナギではないでしょうか。

 

 

ウナギはとても栄養価が高い魚として知られています。

ビタミンやミネラルが豊富なだけでなく、消化にも良いということで様々な料理に使われます。

 

 

場合によってはウナギ料理の専門店があることもあります。

このような特徴がある食材のウナギは蒲焼として料理されることが一番多くなっています。

土用の丑の日にも夏バテ防止にウナギを食べますが、
蒲焼として料理されたものを食べる人が多いのではないでしょうか。

また、蒲焼以外にも串焼きとして食べる場合もあります。

 

 

アジは体長が小さく、平らな形をしているため、
唐揚げとして料理されることが多い食材となっています。

また、干物として食べられることも多くあり、
日本の昔ながらの朝食ではアジの干物がおかずとして提供されることも少なくありません。

 

 

クルマエビエビフライとして利用されることが多いですが、
エビフライの材料以外にも唐揚げ天ぷらとして利用されることもあります。

クルマエビは基本的に過熱をした方が旨みは増すとされているので
生食よりも火を通して食べられることが多い食材となっています。

 

 

スルメイカは昔から煮物に入れられることが多い食材となっていますが、
それだけでなく、スルメイカを焼いた焼きイカとして食べられることがあります。

天日干しをしておやつとして食べられることもあります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

夏が旬の魚のまとめ

今回は季節の旬の魚の中でも夏が旬の魚を紹介していきました。

夏が旬の魚の代表としてウナギがありますが、
ウナギ以外にもさまざまな魚が旬の魚としてあります。

今回紹介した魚以外にもいろいろな魚が夏の旬としてあるので、
気になった方は調べてみると楽しいのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク