季節ごとのイベント情報と、最新の芸能ニュースなどトレンド情報をいち早くご紹介!

季節ごとの旬の魚~冬が旬の魚にはどんな種類がいるの?~

といえば、魚がおいしくなる季節であり、様々な種類の魚が旬となっています。

今回はこのような冬が旬の魚にはどのような種類がいるのかということを
紹介していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

冬が旬の魚の種類

冬が旬の魚の種類の1つとしてブリがいます。

ブリは大きさによって名称が変わる出世魚となっています。

 

 

ブリと呼ばれるのは体長が80㎝を越えている個体となります。

ブリという呼び方は全国共通ですが、ブリになる前の呼び方は地域によって異なります。

ブリが養殖されている場合には呼び方がハマチになる場合もありますが、
ブリもハマチも同じ魚となっています。

 

 

また、アナゴも冬が旬の魚となっています。
 

季節ごとの旬の魚~冬が旬の魚にはどんな種類がいるの?~

 

 

アナゴはウナギと似た見た目をしていますが、アナゴはウナギと違い、
うろこを持っていないという特徴をもっています。

日本で食べられているアナゴの種類はマアナゴという種類がメインとなっています。

 

 

アナゴは食用の他に観賞用として飼育されていることもあります。

観賞用のアナゴとして人気があるのがチンアナゴです。

 

 

他にもカサゴも冬が旬の魚となっています。

カサゴは太平洋に生息している魚です。

カサゴは関西では呼び方が異なります。

カサゴは比較的に釣りやすい魚となっていて、
どのような場所でも釣ることができるため、
釣り人には馴染み深い魚となっています。

 

 

夏が旬でありながら、冬にも旬がある魚もいます。

それがカワハギです。

カワハギは一年を通して漁獲される種類の魚となっていて、
夏が旬として知られていますが、
冬に備えて栄養を体に蓄える秋から冬にかけて第二の旬となっています。

 

 

カワハギの体長は大きくても30cm、
平均すると20㎝程度と比較的小さい種類の魚となっています。

そのため、食べる部分も他の魚に比べて少なくなっていますが、
カワハギの肝はとてもおいしい部位であるとして、
食用として人気のある魚となっています。

 

 

冬が旬の魚以外の海の生き物

季節ごとの旬の魚~冬が旬の魚にはどんな種類がいるの?~

 

 

冬が旬の魚以外の海の生き物の例としてタコがあります。

タコは8本の腕に吸盤を持っている魚介類となっています。

 

 

タコはイカと似ている部分もたくさんあります。

タコ墨はイカ墨よりも一匹から取れる量が少なく、取り出し方も難しいため、
タコ墨料理はイカ墨料理よりも少なくなっています。

タコは日本や韓国では日常的に食されていますが、
ユダヤ教ではタコを食べることが禁止されているため、
ユダヤ教圏の地域ではタコを食べる習慣がありません。

 

 

また、ナマコも冬が旬の食べ物となっています。

ナマコはその特徴的な見た目から好き嫌いがわかれる食べ物となっています。

ナマコは世界に1000種類以上存在していますが、
この中で食用として用いられているのは30種類程度となっています。

ナマコは中華料理で多く用いられている食材で黒ナマコとても高価で取引されています。

 

 

他にもツブ貝も冬が旬の海の生き物となっています。

ツブ貝は正式にはツブと呼ばれる貝の名称であり、
正確にはツブ貝という名称の貝は存在しません。

一概にツブ貝といっても様々な種類があり、
貝の形からマツブ燭台ツブ磯ツブといった言い分けが使われることもあります。

 

 

冬が旬の魚を使った料理

ブリは冬が旬の魚であり、この時期のブリを寒ブリと呼びます。

ブリを使用した料理は多岐にわたり、刺身寿司だけでなく、
焼き魚煮魚としても用いられることがあります。

ブリのアラアラ汁として使用することもあります。

 

 

アナゴウナギと似たような料理に使われることが多い食材となっています。

そのため、蒲焼天ぷらなどとして利用されるのが基本の食材です。

岡山県ではアナゴを用いた郷土料理もあります。

また、広島県ではアナゴ飯が名物として人気のある食べ物となっています。

 

 

カサゴは程よい脂加減と締まりのある身を持っているという特徴があり、
この特徴を生かした煮つけ味噌汁に用いられることが多くなっています。

小型のカサゴであれば、そのまま唐揚げにするという利用方法もあります。

また、カサゴは洋食にも用いられることが多い食材となっています。

 

 

カワハギの身は弾力があり、脂分も少ないため、
刺身として用いられることが多くなっています。

また、唐揚げにも用いることができる魚となっています。

 

 

タコ生食として用いられることもあれば、煮物に入れられることもあります。

タコ飯として使われることもあり、
様々な料理に使うことができる便利な魚介類となっています。

 

 

ナマコは日本では酢の物として食べられることが多い食材となっています。

地域によってはナマコを煮て作る料理もあります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

季節ごとの旬の魚~冬が旬の魚にはどんな種類がいるの?~のまとめ

今回は季節ごとの旬の魚として
冬が旬の魚にはどのような種類がいるのかということを紹介していきました。

冬は様々な魚が旬となる季節となっていて、
多くの魚が脂の乗りが良くなり、おいしく食べることができるようになります。

冬が旬の魚については今回紹介した種類の他にもたくさん種類がいますので、
気になった場合にはより詳しく調べてみてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク