季節ごとのイベント情報と観光地情報、豆知識・お役立ち情報などをご紹介!

7月が旬の花や食べ物とは?注目の行事もまとめてご紹介!

7月に旬を迎えるものといえば
あなたは、どのようなものを思い浮かべるでしょうか?

季節を感じられる、旬ならではのもの知っておくことー
日本という国土で過ごす上で、非常に素晴らしいことですよね!

 

 

花や食べ物を例に挙げると、最も綺麗に咲く時期や
最も美味しくなる時期を知っていることで
その魅力をより楽しむことができるもの。

また、季節ならではの行事に関しては
そのシーズンにしか楽しめない、貴重な体験ができる場
といった部分にも繋がっていきます。

四季折々のものを楽しめる日本に住んでいるからこそ
旬のものは、ぜひ知っておきたいところー

 

 

今回は、7月に旬を迎えるものにフォーカスして
花、食べ物、行事に分けてご紹介していきましょう!

2022年の7月にも楽しんでおきたい旬のものを
順番にチェックしつつ、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

7月に旬を迎える花とは?

7月が旬の花や食べ物とは?注目の行事もまとめてご紹介!

 

 

まずは、7月に旬を迎えることで知られる
お花について、そのいくつかをご紹介していきましょう!

 

 

サルスベリ(百日紅)

初夏から秋にかけて花を咲かせる花木であり
鮮やかな赤色やピンク色、白色などの花色が特徴です。

夏の暑さにも負けず、約100日間も花を咲かせることから
百日紅(ヒャクジツコウ)とも呼ばれています。

 

 

ノウゼンカズラ

7月から8月にかけて花を咲かせる、落葉性のつる植物であり
ラッパのような花の形が、最大の特徴であると言えます。

花の色としては、オレンジ色や赤色、黄色といった
夏らしく明るい種類が多く存在します。

 

 

ダリア

7月の初夏から秋にかけて、花を咲かせるのが特徴。

ダリアと言えば、華やかな花を咲かせる大輪種をイメージしますが
意外にも、品種が多い花でもあるため
個性豊かな花の様子を楽しめるのがポイントです。

 

 

睡蓮

5月から秋にかけて花を咲かせる、水性多年草
7月に最盛期を迎えることから、夏の季語としても扱われます。

水面に浮いて咲く睡蓮の姿は、非常に涼しげで
夏の暑さを和らげてくれる存在であると言えますよね。

 

 

月下美人

初夏から秋にかけて花を咲かせる、多肉植物の一種であり
名前の通り、非常に美しい白色の花を咲かせるのが特徴です。

また、香りが強いことも、月下美人ならではの
個性になっていると言えます。

 

 

上記でご紹介した花以外にも、撫子やサルビア、蓮をはじめ
ラベンダーや向日葵なども、7月が旬のお花になります。

ぜひあなたも、ここぞと言う時のために
気になる花、7月の花を調べてみてはいかがでしょうか?

 

 

7月に旬を迎える食べ物とは?

7月が旬の花や食べ物とは?注目の行事もまとめてご紹介!

 

 

続いてご紹介していくのは、7月に旬を迎える
食べ物についてです。

 

 

ウナギ

7月の下旬に当たる「土用の丑の日」で食べる
なんて方も、多いのではないでしょうか?

実はウナギ自体、意外にもその旬は夏ではないのですが
夏の土用の丑の日には食べておきたい、と思える程
日本における、夏の風物詩になっているウナギ。

もちろん、スタミナを蓄えるのにピッタリな食材なので
夏バテ対策として、ぜひ食べておきたいところですよね!

 

 

鱧(ハモ)

関西では、夏の味覚としてお馴染みの食材でもある鱧。

実は、鱧には初夏と晩秋の2つの旬があり
なんと、それぞれに味わいも異なります!

7月の鱧は、あっさりとした味が特徴なので
この季節ならではの鱧を、ぜひ味わってみてくださいね。

 

 

スイカ

夏の旬の果物として扱われることが多いスイカは
意外にも、野菜として分類されるのが正しい食材です。

そんなスイカの収穫は、5月中旬から始まり
6月中旬から7月に、そのピークを迎えます。

夏が訪れると、必ず一度は食べたくなる、旬のスイカー
冷やして食べて、夏の暑さを忘れたいところですよね!

 

 

トウモロコシ

夏野菜の1つでもあるトウモロコシも、7月に食べておきたい
食材である、と言えるのではないでしょうか?

その理由として、トウモロコシは、旬を過ぎると
せっかくの糖度が失われやすいことが挙げられます。

この根拠から、夏祭りでも、焼きトウモロコシを食べたくなる
理由が分かりますし、その収穫・保存・実食に最も適した真夏こそ
トウモロコシを食べておくべき季節であることが、分かりますよね!

 

 

枝豆

暑い夏に欲する飲み物として、キンキンに冷えたビールは
欠かせませんが、そのおつまみにオススメしたいのは、枝豆!

そんな枝豆の旬は6月から9月で、意外にも
旬の期間が短いからこそ、7月はビールと一緒に
食べておきたい食材であると言えますよね。

 

 

これら上記でご紹介した食べ物以外にも
トマトやゴーヤ、メロン、桃、鮑もまた
7月に旬を迎える食べ物になっています。

ぜひあなたも、気になる7月の食材をチェックしつつ
夏のグルメを楽しみましょう!

 

 

7月を代表する旬の行事とは?

7月が旬の花や食べ物とは?注目の行事もまとめてご紹介!

 

 

最後に、7月を代表する行事について
こちらもいくつかご紹介しておきましょう。

 

 

七夕

7月の代名詞と言っても過言ではないほど
欠かせない行事の1つであるのが、やはり、七夕!

毎年7月7日に行われる七夕は、一年の中でも
比較的重要な節句である、五節句の1つに数えられます。

 

 

そんな七夕と言えば、織姫様と彦星様の伝説が有名ですが
実はこの伝説、意外にも発祥は中国であるとされています。

毎年この日には、七夕に関連するイベントが各地で行われ
短冊に願い事を書いて笹に吊るしたり、七夕飾りが作られるなど
七夕ならではの体験を楽しめるものとなっています。

 

 

夏祭り

夏と言えば、やはりお祭りを楽しみにしている方は
多いのではないでしょうか?

日本を代表する夏祭りも、各地で開催されますが、特に7月は
京都の祇園祭や大阪の天神祭、和歌山の那智の火祭りなど
有名なお祭りが開催されることも、珍しくありません。

7月に開催される夏祭りだからこそ、ぜひあなたも
浴衣や甚平を着て、活気溢れる夏の雰囲気を満喫しましょう!

 

 

海開き

海開きもまた、7月ならではの行事である
と言っても過言ではありませんよね。

夏において、海の存在は欠かせませんが、梅雨が明ける頃
本州では、7月の上旬から海開きが随時行われます。

海水浴、潮干狩り、サーフィンやマリンスポーツなどー
夏の海で楽しめることが沢山あるからこそ、海開きが始まると
7月の夏の訪れを、感じられるのではないでしょうか?

 

 

7月が旬のもののまとめ

ここまで、7月に旬を迎えるものについて
お花や食べ物、行事をいくつかご紹介してきましたが
少しでも、あなたが気になったものはありましたか?

 

 

2022年の7月も、これらの旬なものを沢山
見て、食べて、体験してみてくださいね。

その季節だからこそ楽しめるものを知って
ぜひ改めて、大切な人と一緒に、あるいは1人でゆったりと
日本の四季を満喫してみましょう!

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の書籍がAmazonで独占販売中!

すべて、通常価格1,250円(税込)のところkindle版(電子書籍)が
今だけの期間限定で驚愕の60%OFFとなる500円(税込)で販売中です!

このチャンスを見逃さないでくださいね♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください(お得な情報もお知らせ中です!)

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク