季節ごとのイベント情報と、最新の芸能ニュースなどトレンド情報をいち早くご紹介!

2019年のハロウィンはいつ?ハロウィンの由来は意味は?

10月を代表するイベントの一つである『ハロウィン』に、
あなたはどんな印象をお持ちでしょうか?

 

 

『ハロウィン』と言えば、仮装コスプレをして楽しんだり、
「トリック オア トリート!」という合言葉を言って
お菓子をあげたり貰ったりするイベント
という印象をお持ちの方が多いのではないでしょうか?

 

 

では、そんな『ハロウィン』には本来どんな由来や意味があるのか、
あなたはご存知でしょうか?

これだけ有名な行事ですが、意外と知らない方も多いのではないでしょうか?

 

 

2019年『ハロウィン』はいつなのか?

『ハロウィン』の由来や意味についても合わせてご紹介致しますので、
是非最後までお読み下さい!

 

 

スポンサーリンク

 

 

2019年の『ハロウィン』はいつなのか?

2019年のハロウィンはいつ?ハロウィンの由来は意味は?

 

 

まずは、2019年の『ハロウィン』がいつになるのか調べてみました。

2019年の『ハロウィン』の日付を知る為に、カレンダーで確認してみたところ、
2019年の『ハロウィン』は10月31日木曜日であることが分かりました!

 

 

『ハロウィン』は10月31日日付が固定されたイベントです。

2019年は木曜日なので『ハロウィン』当日が平日になります!

ですが、日本で行われる『ハロウィン』関連のイベントは、
10月最後の週の休日に行われたり、
『ハロウィン』当日の数日前から行われることが多いので、
『ハロウィン』が平日であってもあまり関係ないかもしれませんね!

 

 

2019年の『ハロウィン』当日のイベントを楽しみたい方は、
翌日のお仕事に影響が出ないようにあまり羽目を外しすぎないようにしましょうね!

 

 

『ハロウィン』の由来とは?

2019年のハロウィンはいつ?ハロウィンの由来は意味は?

 

 

続きまして、『ハロウィン』の由来についてご紹介致します。

 

 

『ハロウィン』の起源だと考えられているのは、
”古代ケルト人が行なっていた収穫祭”だと言われています。

古代ケルト人にとって、10月31日1年の終わりの日だったそうです。

 

 

さらに、この日は死者の霊が現れる日であると信じられていた為、
悪霊に色んな悪さを行われないように、
悪霊を追い出す為にも『ハロウィン』の起源とされる収穫祭は行われていたそうなのです。

つまり『ハロウィン』は、
元々収穫祭や悪霊を追い出すと言った宗教的な意味合いで行われていた行事だったのですね!

 

 

そしてのちに、
ケルト民族キリスト教を信仰するカトリック系民族によって制圧されることになります。

この時、ケルト民族の間で10月31日に行われていた収穫祭を、
カトリック系民族にとってのお祭りにする動きがありました。

 

 

カトリック系民族にとって、11月1日『諸聖人の日』(All Hallows)といって、
全ての聖人と殉教者を記念する日とされていました。

”万聖節”とも呼ばれている祝日の1つなのです。

この『諸聖人の日』の前日にあたる10月31日を
”万聖節(All Hallows)の前夜(eve)”と扱うことで
『ハロウィン』(Halloween)と呼ばれるようになったそうです!

 

 

つまり、『ハロウィン』の起源は古代ケルト人が行なっていた収穫祭であり、
『ハロウィン』の名前の由来は
カトリック系民族の祝日『諸聖人の日』の前夜という意味から来ているということが
分かりましたね!

 

 

スポンサーリンク

 

 

『ハロウィン』の意味とは?

2019年のハロウィンはいつ?ハロウィンの由来は意味は?

 

 

最後に、『ハロウィン』の意味についてご紹介致します。

とは言っても、先ほど『ハロウィン』の名前の由来に関しては
カトリック系民族の祝日である”万聖節(All Hallows)の前夜(eve)”であることは
既にご紹介させて頂きましたので、
ここでは『ハロウィン』に関係する習慣本来の意味をご紹介しようと思います!

 

 

・お化けの仮装

『ハロウィン』と言えば、お化けの仮装するイメージが強いですよね?

このお化けの仮装に関しては、ケルト民族の収穫祭から続いている習慣なのだそうです。

 

 

先ほどもご説明しましたが、
古代ケルト人の間では10月31日は死者の霊が現れる日だと信じられていた為に、
収穫祭では仮面を被って悪霊から身を守っていたそうです。

この習慣が仮面から仮装に代わり、
”お化けのフリをすることで、お化けの仲間だと思われるように仕向ける”という意味を
持つことになりました。

 

 

・ジャック・オー・ランタン

『ハロウィン』を象徴するものの1つだとも言えるジャック・オー・ランタン

カボチャをくり抜き、その中にロウソクを入れて飾るものですが、
このジャック・オー・ランタンの習慣も古代ケルト人の間で行われていたと言われています。

 

 

しかも、元々のジャック・オー・ランタンはカボチャではなく
カブが使用されていたそうですよ!

”ランタン持ちの男”という意味で、
悪霊を遠ざける効果があるとされています。

 

 

・「トリック オア トリート!」

『ハロウィン』と言えば、この合言葉を忘れてはいけませんね!

「Trick or Treat!(お菓子をくれなきゃイタズラしちゃうぞ!)」

 

 

この合言葉の語源となっているのは、
昔のヨーロッパで行われていた”ソウリング”という儀式が由来となっています。

キリスト教では11月2日『死者の日』とし、
仮面をつけた子供が”ソウルケーキ”を乞いながら家々を回っていたそうです。

”ソウルケーキ”とは、亡くなった人の霊を天国へ導くための、
魂を供養するためのケーキなのだそうです。

この儀式が『ハロウィン』と共に伝えられたことによって、
「トリック オア トリート!」は生まれたのです!

 

 

2019年の『ハロウィン』がいつなのか?という疑問から始まり、
『ハロウィン』の由来や意味について詳しくご紹介させて頂きましたがいかがでしたか?

 

 

私は、意外と『ハロウィン』について知らなかったことも多かったので、
この機会にたくさん『ハロウィン』について知ることが出来て良かったと思いました!

 

 

2019年の『ハロウィン』は、
今回新たに知ることが出来た『ハロウィン』の知識を活かして、
去年以上に『ハロウィン』を満喫することが出来ると良いですね!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク