季節ごとのイベント情報と、最新の芸能ニュースなどトレンド情報をいち早くご紹介!

要注意!間違えやすい有毒植物の見分け方と基本的な特徴をご紹介!

有毒植物とは、主に全体、或いは一部に毒を持っている
植物
のことを指します。

触ったり食べてしまうことで、炎症嘔吐痙攣など
様々な症状
を引き起こし、最悪の場合は死に至る大変危険な植物です。

 

 

そんな危険な有毒植物ですが、毎年誤って肌に触れてしまう人
誤食してしまう人の被害が後を絶ちません。

それだけ、見分けることが困難な有毒植物
この世に数多く存在しているとされています!

 

 

今回は、そんな危険な有毒植物間違えやすい植物
見分け方についてのポイントを、ご紹介していきます。

誤って有毒植物に触れたり、食べてしまうことのないよう
事前にしっかり学んで、正しい知識を身につけましょう!

スポンサーリンク

 

 

身近な野菜と酷似している有毒植物-「スイセン」

要注意!間違えやすい有毒植物の見分け方と基本的な特徴をご紹介!

 

 

最初にご紹介する有毒植物は、凛とした花の姿が美しく
季節の花としてもよく知られている、品種改良が盛んな「スイセン」です。

「スイセン」は、ヒガンバナ科スイセン属の球根植物のことであり
開花時期は種類によって異なりますが
概ね11月中旬から4月にかけて花を咲かせます。

 

 

「スイセン」は、副花冠がラッパに似たラッパスイセン
古くから日本で親しまれるニホンスイセンなど
日常生活の中で、見たことがある人も多いのではないでしょうか?

綺麗な花を咲かせる「スイセン」であるが故に
まるで有毒植物には見えない植物の1種ですが
実はそんな「スイセン」は、全ての部位に毒が含まれています。

特に、球根部分にある鱗茎には、他の部位よりも
毒性物質が多く含まれているので気をつけましょう!

 

 

「スイセン」の毒が及ぼす症状は、頭痛発汗嘔吐下痢といった
食中毒症状などが挙げられ、最悪の場合、昏睡状態に陥る危険があります。

そんな有毒植物の「スイセン」間違えやすい植物
私達の生活の中でも、比較的身近な野菜である「ニラ」です。

 

 

「スイセン」の葉は、「ニラ」の見た目と非常によく似ていて
「ニラ」と間違って食べてしまうケースがあります。

「スイセン」「ニラ」見分けるポイント
大きく分けて「葉の臭い」「茎の太さ」2つが挙げられます。

 

 

「スイセン」の葉には強い匂いがほとんど無いことに加え
全体的に幅が広く厚みがあるのが特徴です。

対する「ニラ」は、特有の強い臭いがすることはもちろん
「スイセン」の葉に比べると、幅が狭くて薄いのが特徴。

また、「茎の太さ」で比較しても、「スイセン」の茎
「ニラ」の2倍は太いことがほとんどなので
ぜひこれら2つの違いを、見逃さないようにしておましょう!

 

 

春の山菜と似ている有毒植物-「ハシリドコロ」

要注意!間違えやすい有毒植物の見分け方と基本的な特徴をご紹介!

 

 

続いてご紹介する有毒植物は、鎮痛剤や目薬の原料としても知られる
「ハシリドコロ」と呼ばれる植物です。

「ハシリドコロ」は、日本の本州から、四国、九州にかけて分布する多年草
山間の湿った木陰などに群生する、春の植物の1種です。

 

 

「食べると錯乱して走り回る」と言われており
根茎がトコロという、ユリ目ヤマノイモ科ヤマノイモ属の
蔓性多年草の植物に似ている「ハシリドコロ」

鎮痛剤や目薬の原料にもなる「ハシリドコロ」ですが
実は全草に毒を持っており、特に根茎と根に強い毒を持っています。

無暗に触ることはもちろん、誤って「ハシリドコロ」を食べると
嘔吐下痢血便などの症状が見られ、更にはめまい幻覚
異常興奮などを起こす、とも言われています。

 

 

そんな、最悪の場合、死に至る可能性もある
非常に危険で厄介な「ハシリドコロ」間違えやすい植物
春の訪れを告げる山菜でお馴染みの、「フキノトウ」

「ハシリドコロ」「フキノトウ」は、共に春の植物であり
「フキノトウ」の新芽と、「ハシリドコロ」の新芽
誤って採取するケースがあるのも、無視できない現実です。

 

 

しかし、「ハシリドコロ」「フキノトウ」見分ける方法
「新芽の形」を確認するという、至ってシンプルなもの!

「フキノトウ」の新芽は、丸い球形をしている一方
「ハシリドコロ」の新芽は、細長い形をしています。

 

 

また、更にこの2種類の違いを見分ける有効な手段
それぞれの「手触り」を確認すること

「フキノトウ」の新芽は、産毛のような毛が生えていて
フサフサした手触りであるのに対し
「ハシリドコロ」の新芽は一切毛が無く、ツルツルしています。

「新芽の形」「手触り」を、しっかりと確認して
「ハシリドコロ」「フキノトウ」間違いを防ぎましょう!

 

 

死者が出るほどの猛毒を抱える有毒植物-「イヌサフラン」

要注意!間違えやすい有毒植物の見分け方と基本的な特徴をご紹介!

 

 

最後にご紹介する有毒植物は、見た目も名前も
「サフラン」によく似ている
「イヌサフラン」です。

「イヌサフラン」の開花時期は、9月中旬から10月という
比較的短い期間であり、サフランやクロッカスの様な
美しい花を咲かせることが特徴です。

 

 

「イヌサフラン」「サフラン」と酷似していますが
「イヌサフラン」自体は、イヌサフラン科の植物で
アヤメ科に分類される「サフラン」とは別種になります。

そんな美しい花を咲かせる「イヌサフラン」もまた
実は、葉や球根など、全草に毒が含まれているのです。

「イヌサフラン」の毒による主な症状は、嘔吐下痢呼吸困難
皮膚の知覚麻痺、などが挙げられ、最悪の場合は死に至ることもあります。

 

 

「イヌサフラン」を誤食し、亡くなられた方のニュース
世界各国で報道されることも珍しくなく、世界規模で
危険な有毒植物であることが周知
されています。

そんな、有毒植物の「イヌサフラン」間違えやすい植物
-実は驚くほど沢山存在するので、気を付けましょう

 

 

「イヌサフラン」の葉「ギョウジャニンニク」と似ており
見分ける方法は、「臭い」「葉の形」両方を確認することです。

「ギョウジャニンニク」の葉は、特有のニンニク臭に加え
葉の数も、1枚から2枚程度と少ないことが特徴である一方、
「イヌサフラン」の葉無臭で、大きな葉が複数重なります。

 

 

また、「イヌサフラン」の球根は、「ジャガイモ」「タマネギ」
「ミョウガ」に間違えられた事例もあります!

「イヌサフラン」を扱う際には
くれぐれも細心の注意を払いましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

要注意!間違えやすい有毒植物にまつわるまとめ

間違えやすい有毒植物の見分け方を、いくつかご紹介しましたが
どの植物も、見た目がよく似ていて、見た目だけでは
見分けることが難しい事実が、よく分かりましたね!

有毒植物を誤食して、食中毒になる人のニュース
目にする機会は多々ありますが
それら全て、実は他人事ではありません

 

 

野菜や山菜の扱いに慣れている人
その道のプロフェッショナルであっても、間違えることがあります

その事実を肝に免じ、有毒植物の正しい知識を身につけ
不用意に野生の植物を口に運ぶことが無いよう
十分に注意しておきたいですね!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク