季節ごとのイベント情報と、最新の芸能ニュースなどトレンド情報をいち早くご紹介!

女性による一人暮らしの不安を解消!効果的な防犯対策は?

一人暮らしを始めて数日、ワクワクした気分が
いつしか「孤独だな」「怖いな」といった
漠然とした不安に変化していませんか?

せっかく始めた一人暮らしも、不安ばかりに目がいく
自分で楽しむことが難しくなってしまいますよね。

 

 

特に、女性の身の回りには、意図せぬ危険
リスキーな場面が、想像以上に多く潜んでいます

こちらの記事では、そんな女性を含む、一人暮らしの初心者
少しでも安心できるための、防犯対策をはじめとした
一人暮らしの不安の克服方法を、いくつかご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

一人暮らしの鉄則① 防犯対策を徹底的に!

女性による一人暮らしの不安を解消!効果的な防犯対策は?

 

 

一人暮らしは、自立の第一歩を意味することから
関わる人や生活のルーティン、経済感覚など
あらゆる環境や行動が新しくなりますよね。

しかしながら、油断は禁物
一人暮らしを標的とした様々な犯罪が常に起こっていることを
ニュースなどで知る機会も増えました。

 

 

騒音被害害虫問題物損災害時の対応はもちろん
特に女性を中心に、不安を抱えやすい課題は
「ストーカー」「性犯罪」といった性被害です!

「自分なら大丈夫」-そう思い込む方は一定数いますが
実は「ストーカー」「性被害」は、一人暮らしでなくとも起こり得ます

だからこそ、以下にご紹介する、2つのポイントを意識して
常に自分の身を守る方法を模索しておきましょう!

 

 

1.不審者対策

・「ストーカー被害」に遭遇しないために

帰り道はもちろん、毎日決まった時間や決まった場所で
特定の誰かが自分のことを見ている
或いはつけてくる「ストーカー」

 

 

「ストーカー被害」には、「見ず知らずの誰か」によるもの
元恋人や、過去に勤めていた会社の同僚、或いは親戚や身内など
「認識している誰か」がつきまとうもの2つに分けられます。

どのような「ストーカー被害」であれ、そこに陥るか否かの境目は
「身だしなみ」が重要な鍵を握っていると言えます!

1人の夜道や帰り道には、オフショルダーや、胸元が強調される服装
膝上のミニスカートなど、露出が多い格好を避けるのが鉄則です。

 

 

とは言え、女性である以上、結婚式披露宴お出かけ先など
意思に反して、華やかな格好をせざるを得ない場面は多いもの。

「ストーカー」の目を遠ざけるためにも
外気の温度差から体を守るためにも
ぜひ「羽織もの」を上手に活用してみましょう!

女性らしさだけでは、あらゆるリスクが高まるので
夜道を歩く可能性がある時は、まず1人でいることを避け
シンプルな服装を心掛けることが、1つの大きな防犯対策になります。

 

 

・SNSでの投稿に気を付ける

「今日は〇〇と遊びました!」「✕✕に来たよ」など
写真と一緒にSNSへ情報を投稿する場合も、細心の注意が必要です。

 

 

写真に写る建物や景色に、極一部でも見覚えがあるだけで
その場所を特定することは、今や一般人でも
間違い探し同然の観察力で分析できてしまいます!

前述した通り、「ストーカー」
常に「見知らぬ人」とは限らず身近にいる知り合い
という可能性
も、十分に考えられます。

 

 

場所時間が分かる写真を、リアルタイムで投稿せず
位置情報は常にオフにし、信頼できる人のみが閲覧できる設定
心がけておきましょう!

また、同じ写真でも、写真映えを活かした
ぼかし加工のものだけを投稿
するのも、防犯効果はてき面です。

なるべく多くの人に知ってもらいたい内容であっても
最低限度のプライバシー設定は怠らないよう、十分に留意して
SNSを使うことを意識しましょう!

 

 

2.室内での対策

・部屋干しをしよう

一人暮らしをする女性にとって欠かせない防犯の場面の1つ
「洗濯物を干す」時にも、高い意識が必要になります。

 

 

天気が良い日に、ベランダで洗濯物を干す方は多いですが
そこで気を付けておきたいのが、下着などのインナー類

下着を外に干しているだけ
「この部屋には女が住んでいる」という
住居者情報性別情報が、条件反射で外部に伝わります。

「ストーカー」のみならず、突然の下着泥棒など
不要な性犯罪を起こす可能性を、極限まで減らすためには
少し手間がかかっても、室内で干すことがオススメです!

 

 

原始的な発想ですが、人は元来
「見えないもの」に確信を持つのが苦手な傾向を持っています。

外部の人に、「女性が住んでいる」という情報
より与えにくくするためにはかなり有効な手段であると言えます!

 

 

・勧誘やセールスへの対応について

部屋で過ごしていると、宅配来客の予定もないのに
突然インターホンが鳴ってビックリした
なんて経験はありませんか?

 

 

引っ越し直後のインターホンにのぞき穴を見ると
見覚えのない勧誘らしき人が来てしまうことも
稀に遭遇するケースです。

宗教の勧誘が家の前に来る、という話を聞きますが
来訪者にドアを開け、宗教の良さを説得し始めた挙句
いつの間にか身の上話に、という現象、実は珍しくありません

興味が無い時や、既に他の信仰をしている場合
「断りたいけど断れない状況」になってしまっては
元も子もありませんよね。

 

 

こうした場合は、家にいることを知られたとしても
まずはその場限りの居留守を使いましょう!

断っても立て続けに訪れるなど、状況が芳しくなければ
地域の相談センター管理人さん、或いは交番警察への相談も
視野に入れておいてくださいね。

 

 

また、NHKなど、集金の際にも、既に料金を支払ったにも関わらず
過剰に契約を迫るケースがあります。

特に、居住者や契約者が、若い女性1人である場合
営業マンは優しい言葉で隙を突いてくるのも
気を付けておくべきポイント!

こうしたケースも、なるべく相手にせず
勧誘セールス同様頻繁な来訪迷惑行為に繋がる場合
遠慮することなく、しかるべき対応を検討しましょう。

 

 

一人暮らしの鉄則② 物件選び

女性による一人暮らしの不安を解消!効果的な防犯対策は?

 

 

これから一人暮らしを検討している人は
物件選びの段階から、十分すぎるくらいに
慎重な選択を心がけましょう。

以下2つに分けて、安全性が高い物件の
基本的な特徴について、ご紹介していきます!

 

 

・2階以上の共同住宅

1階は、物理的な観点から、不審者が侵入する可能性が高く
女性が住んでいることが分かると、留守中から就寝中まで、昼夜を問わず
いつでも窓から侵入し、すぐに逃亡できてしまいます。

故に、2階以上の部屋を選ぶだけで、犯罪に巻き込まれる確率
格段に低くなることから、女性の一人暮らしにおいては
アパートやマンションの2階以上のフロアがオススメです!

 

 

現在1階に住んでいる、または住む予定の方は
二重ロックの窓であるか、また、窓に針金がついているかなど
防犯面を考慮した賃貸物件を探してみてくださいね。

1階であっても角部屋を避けたり
駐輪場や駐車場に近い部屋を選ぶだけでも、人通りが増え
防犯対策の幅が生まれる
ので、様々な角度から検討しましょう。

 

 

・防犯カメラ・オートロック

予算は上がりますが、防犯カメラ付きの物件
女性のみならず、建物全体における防犯効果
群を抜いて期待できる物件であると言えます!

そもそも不審者は、身元がバレることを恐れるため
顔や声、往来の方向まで分析してくる防犯カメラ
不審者や「ストーカー」の天敵であると言っても過言ではありません。

 

 

また、テレビ付きモニターフォンがあると
不審者が建物の外にいる段階で確認できるのも
ありがたいポイント。

前述した、勧誘や悪徳のセールスはもちろん
中には業者を装う確信犯もいます。

まずはインターホンやモニター画面越し
それぞれの目的を見極めることを意識しましょう!

 

 

また、モニターフォン同様、オートロックがある物件
比較的安全性が高いとされています。

自動ロックエントランスの施錠があることで
怪しいと判断した段階で、一筋縄では通せない仕組みなので
自分の安全はもちろん、対応次第では住民全体を守れます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

女性向け一人暮らしにおける効果的な防犯対策のまとめ

こちらの記事で紹介してきた通り、日常生活において
犯罪が起こるタイミングは、まさに千差万別

いつどこで、どのようにして犯罪が起こるのかは
誰人も予測できません

 

 

だからこそ防犯対策をきちんととることで
身の回りの安全を自力で守ること
一人暮らしのあなたにも十分にできるものです!

あなたが一人暮らしを楽しむためにも
あなたの周りの大切な人たちを安心さるためにも
不安要素を減らしながら、過ごしやすい生活を目指しましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク