季節ごとのイベント情報と、最新の芸能ニュースなどトレンド情報をいち早くご紹介!

算数のコツコツ解法~○を描いて解く、絵を描いて解く、場合の数を考えて解く

算数とは、問題を解く場合に、よりスマートで
合理的な方法を目指し考えていく教科です。

しかし、本来であれば、1つひとつの解き方に
良い悪いがあるわけではなく、正しい答えが導き出されていれば
それで良しとすべき教科でもあります。

 

 

極端な話ですが、1つずつしらみ潰しに答えを導き出す方法
イラストや図形を利用する方法、場合分けから叩き出す方法など
様々に認められるべきでもあるのです。

この記事では、公式などだけに寄らない
様々な解法の仕方について、いくつかのポイントに分けながら
その在り方を考えていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

○を描いて数える方法

算数のコツコツ解法~○を描いて解く、絵を描いて解く、場合の数を考えて解く

 

 

入学したての1年生では
比較的この手の方法を実践するお子さんが多いもの。

足し算や引き算を学ぶ時に、具体的に物を使って説明
それをブロックのような半具体物で考えながら
抽象的な数字に変える思考過程を踏むのです。

 

 

しかし、その理解に達していないお子さんの場合
例えば、「2+3」の足し算で、○を2つ描き、さらに3つ描き足して
最後に全部を数えて5の答えを導き出します。

また、2年生ではかけ算を学習しますが、その際
○ではないものの、「同数累加」の方法をとる子もいます。

例えば、2×3での計算問題で、「2+2+2」といった具合に
2を3回足すやり方です。

 

 

○や同じ数を沢山描き、計算の答えを求める方法は
理解不足の子どもに向けられる、最終手段であると言えます。

これは、いわゆるしらみ潰し的な方法であり
確かに1つの計算手段として捉えられます。

 

 

本来的な戦術ではないものの、計算が出来ないまま手をこまねくよりは
まだ逞しく素直な課題への取り組み姿勢です。

何とか問題を解こうとする、強い思いや思考があって初めて
学習に対する意欲というものが、理解を高めていくと考えます。

 

 

絵を描いて求める

先にご紹介した、○と類似した方法ですが
問題を読んで内容の理解をするための手段として
絵・表・図形に表す方法があります。

これは、問題に出てきた数値や条件を、整理する意味を持っており
視覚的な理解を高め、解法への糸口へ導ける非常に価値がある方法です。

 

 

文章題に取り組む場合、テープ図や線分図等を描き
式を考えていくという方法は、主に学校で教えられる方法です。

先ほどの「同数累加」の○ではなく、代わりに絵をたくさん描く
というやり方は、この範疇には入れません

 

 

しかし、問題理解を進め、何とか答えを導き出そうとする
取り組みの方向性としては、似ている部分があると言えます。

文章題の文や数字を眺めていただけでは
問題の核心に迫ることができないので、まずは簡単な絵や図を描いて
事柄の関係性・関連性を明らかにし、式へとつなげていくのです。

 

 

場合の数を考えて解く

算数のコツコツ解法~○を描いて解く、絵を描いて解く、場合の数を考えて解く

 

 

算数では、「場合の数」という単元がありますが
これは中学校で学習する、「確率」の分母を担う
色々な場合の数のことを指します。

「場合の数」の単元では、例えば、A君、B君、C君の並び方を考える時
最初がA君であれば、残りはB君、C君の順か、その反対の2通りです。

B君が先頭でもC君が先頭でも、その後ろは2通りであり
この要領で調べると、3パターンの先頭と、その後の状況下に
2通りずつ考えられるので3×2で、6通りという答えが導き出せます。

 

 

最後にかけ算を使うか、出した場合の数を数えるかは
その時々に選べばよい問題ですが、このような各場面を想定して
グループ化し、地道に出して答えに辿り着く方法は確かにあります。

「場合の数」の単元が良い例ですが
違う単元でもできることです。

ここで重要なのは、闇雲に調べるのではなく
分類しながら調べていくということ―そうすることで
答えのリストに抜けが生じるのを防ぎ、正解率が高まります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

算数・数学のコツコツ解法にまつわるまとめ

ここまでご紹介してきた、コツコツ解法について
少しでも、参考にしていただけましたでしょうか?

算数・数学は合理性を追求していく教科であり
速い・簡単・正確という、3つの要素を組み合わせながら
1つの答えに向かうことが重要です。

 

 

しかし、意味も分からないまま、公式や手順だけを覚え
そこから答えを出すことができたとしても
それはまだ真の理解とは言えません。

地道でも、○や絵、分類した場合の数を
しらみ潰しに出していく方法は、そうした意味の理解
進めるためにできること。

 

 

まずは、正解できる力が自分にはある
自信を持つ事が非常に大切であり、その後に初めて
もう少し合理的な方法を選ぼう、という選択に至るわけです。

今すぐにはできなくとも、少しずつ式を立てながら
スマートな方法を身につけることができるでしょう。

指計算も同じで、指で計算するスタイルだけが
1人の人の計算方法として、一生続くわけではありませんよね。

 

 

抽象的な数字や式の理解が進むまで
指を経由した理解でも十分価値があると言えます。

指での数え方を禁止するのではなく、ブロックやタイルと同じ半具体物で
抽象化への足がかりと捉えるのが、本来の在り方なのです。

算数・数学については、答えそのものは1つだけしかない
としても、そこに至る解法は1つとは限りません

 

 

考え方によっては、正しい答えに辿り着く方法が
無限に存在する場合もあります。

その内の1つが、地道な努力によるコツコツ解法であるに過ぎず
問題次第では、端的な解法がなくこの方法しかない
というケースや問題も、現にあるのです。

 

 

地味な手段にも見えますが、初歩的な確認を兼ねるのであれば
このコツコツ解法で挑むことも、ぜひ視野に入れておきたいところ。

こちらの記事でご紹介してきた、コツコツ解法
1つの計算手段として、ぜひあなたも、お子さんと一緒に
実践してみてはいかがでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク