季節ごとのイベント情報と、最新の芸能ニュースなどトレンド情報をいち早くご紹介!

常総きぬ川花火大会の2017年の日程・時間は?花火穴場スポットも紹介!

茨城県の鬼怒川の花火大会と言えば、常総きぬ川花火大会

一昨年の水害に遭ってからの昨年の復興祈念花火は、
まことに見事なものでした。

 

常総きぬ川花火大会の2017年の日程・時間は?花火穴場スポットも紹介!

引用:https://www.joso.or.jp

 

 

さて今年2017年も開催される常総きぬ川花火大会
日程や穴場スポットをご紹介しますよ! 

 

 

スポンサーリンク

 

 

常総きぬ川花火大会とは、どんな花火大会?見どころは?

今年も花火の打ち上げ数は約1万発

観覧者数は13万人と予測されています。

 

 

規模は普通の花火大会とさほど変わりありませんが、常総きぬ川花火大会の良さは
各地で有名な花火師による「精巧な花火の質」にあります。

それが見どころのひとつなんです!

 

 

【必見!見どころ】

①オープニング花火 ナイアガラ富士

ナイアガラの滝を思わせる上から下へ流れる仕掛け花火

富士山のように壮大で美しい山型になっており、
これから始まる花火大会の始まりを、堂々と飾ります。

 

 

②ミュージックスターマイン

様々な音楽にぴったりと合わせた、スターマインです。

その息を飲む美しさとリズミカルな花火の数々に、見るものは魅了されます。

特に日本を代表する花火師、青木昭夫氏・野村陽一氏・篠原茂男氏による
究極の花火パフォーマンスの披露は見逃せません!

 

 

③ファイヤーアートコンテスト

一発の花火で見るものをどれだけ楽しませることが出来るか、
8号玉の創作花火で競技するコンテスト

全国各地から集まった15名の日本煙火芸術協会会員によるこの競技は、
本大会ならではのプログラムのひとつです。

 

 

他にもメッセージ花火新作型物花火などボリュームたっぷりのプログラムです。

見物客を飽きさせないことはもちろん、胸いっぱいになる演出が
多数盛り込まれていますよ。 

常総きぬ川花火大会の2017年の開催日程は?

平成29年8月11日(金・祝日)

昨年からの山の日開催です。

午後6時45分~8時40分

ただし荒天の場合は、8月12日(土)に順延されます。

 

 

2時間弱もの時間、たっぷりと花火を堪能出来ますよ!

 

 

常総きぬ川花火大会の開催場所は?アクセスは?

【開催場所】

茨城県常総市橋本運動公園(鬼怒川河畔)

 

 

【アクセス】

□電車の場合
関東鉄道常総線水海道駅下車

もしくは北水海道駅下車

いずれも徒歩15分

 

 

□車の場合
常磐道谷和原IC

もしくは圏央道常総ICから

国道294号線を経由して10分

 

 

当日は会場周辺に2,200台の無料の臨時駐車場が設けられます。

また会場の最寄である河川敷駐車場は有料ではありますが、
1台1,000円という値段で当日停めることが出来ます。

 

 

注意が必要なのは、交通規制です。

周辺道路は17~21時まで車両通行止めとなります。

お車の方は、交通規制のなされる範囲も確認して行けると良いでしょう。

 

 

また駐車場は早い段階で満車となる上、周辺道路も渋滞します。

お車でお越しの方は早めに現地に到着しておくことをおすすめします。

それが難しい場合は、公共交通機関を利用しましょう。

常総きぬ川花火大会の有料の特別観覧席は?

さて花火を見るのに一番の特等席と言えば指定の観覧席ですが、
常総きぬ川花火大会はどうなっているんでしょう?

 

 

①プレミアムシート

②マス席

③ペア席

④イス席

 

 

この4つの特別観覧席があります。

下で詳しく解説しますよ。

 

 

1 プレミアムシート

至れり尽くせりのプレミアム席

□1席につき定員2名 11,000円

□全182席

□1.8m×0.45mテーブル、イス2脚、ドリンク・お菓子付き

□専用駐車場付

 

 

このプレミアムシートのみ、専用駐車場がついてきます!

お値段はお高めですが、席だけでなく駐車場の心配をせずに
会場入りできるのは魅力ですよね。

 

 

②マス席

みんなで楽しむならこれ!

□1マスにつき定員5名 10,000円(常総市民 8,000円)

□全1630マス

□サイズ1.8m×1.8m 同サイズシート付き

 

 

数人で行くならこのマス席の確保がおすすめです。

シート内は5名でも余裕のある広さで、ゆったりと花火を楽しむことが出来ます。

ただイスはなく持ち込みも禁止となっているので、
座布団などを持参することをおすすめしますよ。

 

 

③ペア席

二人で楽しむお得なペア席

□1席につき定員2名 5,000円

□全105席

□簡易ベンチ背もたれ付き(体重制限-2名で150kgまで)

 

 

お二人で花火を楽しめて、リーズナブルな価格です。

ゆとりのある二人掛けのシートです。

 

 

④イス席

お手軽なイス席

□定員1
3,000円

□全600席
□折畳みパイプ椅子

 

 

パイプ椅子が並んだ席です。

前後が少し窮屈ですが、花火の見え方はバッチリですよ!

全席指定席で、番号の指定は出来ません。

 

 

おすすめはマス席ですね。

5人で行けば、値段もリーズナブルでゆったりと見ることが出来ます。

お申し込みは6/19~専用申込みフォームが設けられます。

詳細に関しては、常総市商工会のホームページをご覧くださいね。

常総きぬ川花火大会の穴場スポットは?

さて上では有料観覧席について解説しましたが、
「そこ以外では見ることは出来ないの?」と気になる方に、穴場をご紹介します。

 

 

①鬼怒川の土手

花火の打ち上げは鬼怒川沿いで行われます。

有料観覧席もその近くのグラウンドに設置されますが、
その周りでも花火を見ることができます。

 

 

この場所は近ければ事前に場所取りをしている人が多いですが、
少し離れただけで空いてる場所もあります。

出来るならシートなどで場所取りをしておくのが良いですね。

 

 

②富岡運動場から下流に向かい354号線を超えたあたり

この場所は少し離れた位置になります。

その分、交通規制もなく人も少ないのでゆっくり花火を楽しめます。

 

 

③富岡運動場付近

花火の打ち上げ位置からは河川を挟んで反対側になりますが、
富岡運動場付近からも花火を観られます。

周辺道路は車両通行止めになっているので、
現地に向かうまでの時間には注意が必要です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

常総きぬ川花火大会のまとめ

常総きぬ川花火大会についてご紹介しました。

都心部からも遠くない常総市で行われる花火大会。

例年も規模はさほど大きくないものの、
花火の内容もレベルも共に見応えはばっちりですよ!

 

 

この夏の花火大会は、鬼怒川の花火を楽しんでみてはいかがですか?

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク