季節ごとのイベント情報と、最新の芸能ニュースなどトレンド情報をいち早くご紹介!

今旅するなら裏京都!パワースポットや絶景スポットもご紹介!

国内外問わず、観光メジャースポットである京都
今回はそんなメジャースポットから離れた「裏京都」をご紹介します!

 

 

行き飽きた・・・
そんなあなたもまた行きたくなること間違いなし!

 

 

スポンサーリンク

 

 

裏京都って?

裏京都とは、祇園嵐山清水寺などの有名スポットとはちがい、
あまり知られていない観光スポットです。

 

 

もう京都は極めた!
というあなたは是非、裏京都へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

 

明智光秀の丹波の拠点!福知山城(郷土資料館)

福知山城天正8年頃
丹波平定に成功した明智光秀が丹波の拠点として新たに城を築いたのが始まりとされています。

 

 

石垣は築城当初の面影を残し、
自然石をそのまま用いた豪放なもので福知山の指定文化財にも登録されているんです!

 

 

天守閣内部は古代から近代にかけての歴史を展示してる郷土資料館として公開されております。

福知山城の近くには明智光秀の霊を祀る「御霊神社」も!

 

 

・住所 福知山字内記5

・休業日 火曜(祝日の場合次の平日)

・料金 大人320円 こども(小・中)100円

・営業時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)

 

 

日々の疲れを癒す、竹林座禅体験

静かな竹林の中で自然に囲まれ座禅体験はいかがでしょうか?

日々のお仕事の疲れ悩みなど、座禅体験で心を落ち着かせ自分と向き合う事ができます。

 

 

体験時間は1時間30程度で日帰り旅行にも最適!

体験へは実際来店いただきご予約が必要となります。

 

 

・開催場所 那智山正暦寺

・料金 2300円~

 

 

日本の滝100選のひとつ「金引の滝」

京都丹後鉄道宮津駅から金引の滝まで路線バスに揺られる事約11分
そこには一年中見られる美しい滝があります。

 

 

水は、金引(右:男滝、左:女滝)、
下流は白龍、臥龍の3滝にわかれて流れそれは金引と総称されており、
巨大な剥き出しの花崗岩(かこうがん)を流れる水と空気に日々の疲れを癒されること間違いなし!

 

 

滝付近は冷えるので上着を一枚多めに持参したほうが良いかもしれません。

車で向かわれる場合は途中の道路が狭いのでご注意ください。

道の駅 海の京都宮津」で行っているレンタルサイクルがおすすめです!

 

 

・住所 京都府宮津氏滝馬 (道の駅 海の京都宮津宮津氏浜町3007

・駐車場有(無料)

 

 

隠れインスタ映え絶景スポット!獅子崎稲荷神社

獅子崎稲荷神社(しいざきいなりじんじゃ)1000本ものミツバツツジが群生しており
4月中旬になると濃いピンク色が色鮮やかに小山を染め、美しい風景が一面に広がります。

 

 

山の上の展望台から見れる景色は水墨画家「雪舟」が描いた国宝の
天橋立図」の構図に似ているため「雪舟観」と呼ばれ親しまれています。

その年の気候により開花時期が異なります、見ごろは4月中旬~下旬です。

 

 

・住所 京都府宮津獅子崎

・営業時間 自由参拝

 

 

貴重なSL車両に出会える加悦SL広場

今旅するなら裏京都!パワースポットや絶景スポットもご紹介!

 

 

アンティーク好き必見!

木造建てのかわいい駅舎や明治時代の機関車など、
色々な展示物をはじめ、場内周遊ミニ列車「ロケット号」でお子様も楽しめます。

 

 

無農薬有機栽培の小麦を使い、素材にこだわったパンがお買い求めいただけるパン屋さんや、
実際使用されていた車両を改造して作ったレストランでは
美味しいパスタやオリジナルカリーが楽しめ、車窓からは四季折々の景色がご覧になれます。

 

 

・住所 京都府与謝野群与謝野町字滝941-2

・営業情報 午前10:00~午後17:00 年中無休

・料金 大人(中学生以上)400円 子供(三歳以上)200円(三歳未満は無料です)

 

 

四季折々の花が楽しめる由良川花庭園

今旅するなら裏京都!パワースポットや絶景スポットもご紹介!

 

 

由良川の河川敷にある花庭園は、丁寧に整備され四季折々の花が楽しめます。

地元の方の憩いの場としても親しまれ、
ゴールデンウィークは毎年コスモス祭りが開催され、多くの人で賑わいます。

 

 

周辺にはスイセンヒガンバナの丘や君尾山の雲海などもあり、
ちょっとした寄り道に最適!

 

 

JR綾部駅から東へ徒歩20分と少し駅から離れておりますので動きやすい靴でお越しがおすすめです。

・住所 綾部市青野町東吉美前64-1

・料金 無料

 

 

スポンサーリンク

 

 

夕日ヶ浦で絶景を楽しもう

夕日ヶ浦はその名の通り、絶景の夕日スポットです。

丹後を代表するその美しい夕日スポットは海に面しており、
別名「常世の浜」とも呼ばれています。

 

 

太陽が夕日と入れ替わる瞬間は水面がオレンジ色に染まり、
鱗の様にきらめいてとても美しい景色が見れます。

 

 

浜辺に沿ってのびる散策路には「夕日の路」があり、ベンチが並んでおり、
座ってゆっくりご覧いただけます。

・住所 京都京丹後市網野町浜詰46-3

 

 

裏京都巡り、いかがでしたでしょうか?

奥深い京都にはまだまだたくさんのパワースポット絶景スポットがあります。

 

 

メジャーな京都観光もいいですが、
たまには裏京都観光で新たな京都の一面を探してみるのも楽しいですよ。

家族友達恋人など、いろんな人と行ってみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク