季節ごとのイベント情報と、最新の芸能ニュースなどトレンド情報をいち早くご紹介!

オセロ症候群とは?その原因や治し方は?

寒さが増す今日この頃、異性が気になる季節でもあります。

オセロ症候群」は異性、パートナーに対しての「嫉妬」が巻き起こす病気ですが、
どのようなものなのでしょうか?
 

オセロ症候群とは?その原因や治し方は?

 

 

恋の病」も沢山ありますが、色々な角度から「オセロ症候群」を考えたいと思います。

そんな「オセロ症候群」について少しだけ説明します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

オセロ症候群について!

オセロ症候群の「オセロ」は、「シェクスピア」の悲劇である「オセロ」から来ています。

ヴェ二スの軍人オセロが部下のイアーゴーのたくらみに騙され、
妻を疑って殺してしまうという物語です。

 

 

オセロ症候群の特徴として、配偶者、異性パートナーに対して
病的な「嫉妬妄想」がでることがあります。

 

 

また「恋人が浮気をしている」とか、「恋人が浮気するのではないか?
と思い込んだりして、恐怖感から束縛をしてしまうこともあります。

 

 

オセロ症候群の原因

オセロ症候群とは?その原因や治し方は?

 

 

オセロ症候群の原因はいろいろあると言われていますが、幼年期の体験性格
アルコールパートナーとの関係などさまざまです。

 

 

幼年期の体験としては、子供のころ両親に愛されていなかった体験などが大きく影響します。

性格的なこととしては、不安をかかえやすい性格や、
愛情をなくすことに敏感な性格などがオセロ症候群の原因となります。

 

 

また後ろ向きに考える人や、独占欲が強い人なども「オセロ症候群」にかかりやすく、
性格を治そうとしても簡単には治りません。

 

 

アルコールを多く飲むことで発症するケースもあり、
その他精神疾患統合失調症など様々なケースがあります。

 

 

また信じていた友人に裏切られたことや、
愛していた恋人にひどく捨てられた経験なども「オセロ症候群」の原因の一つです。

 

 

オセロ症候群の「治し方」!

厳重な注意も時と場合によっては必要な「治し方」ですが、
パートナーに嫉妬や不安が多少はあるのは普通のことで、
過剰な嫉妬等気になりだしたら医療機関に相談することが大切です。

 

 

薬物治療がありますが、統合失調症などの使われる抗精神病薬は、
副作用もありあまり効果的な「治し方」ではありません。

 

 

医師などのカウンセリングも立派な治療法の一つで、
話を聞くことで症状が和らぐこともありますが、全く効果がない場合もあり個人差があります。

 

 

オセロ症候群はその「原因」を知ることが治療の重要なカギとなり、
例えばアルコール依存が原因であれば、
その「原因」であるアルコール依存を治すことから治療は始まります。

 

 

自分一人で治すのは大変難しく、周囲に人達の理解と協力も必要不可欠ですが、
オセロ症候群かなと思ったら、早めに心療内科精神科などの医療機関への相談も大切です。

また相手の孤独感を刺激せず、安心感を与えてあげることに力を入れることも大切です。

 

 

オセロ症候群の症状

オセロ症候群の症状は「妄想障害」の一つでもあり、
嫉妬妄想」が異性パートナーに対する独占欲や強い「嫉妬」をいだかせます。

 

 

パートナーを監視し、その後支配するようになり、
また不安や嫉妬などから「不眠」になることもあります。

 

 

常にパートナーの行動や言動に不安を抱くようになり、大きな不安が生じます。

その他の症状として、「気分の落ち込み」や「うつ状態」、
不安感」、「恐怖感」、「被害妄想」などの症状もあります。

 

 

オセロ症候群は高齢者の認知症や、重度の「うつ病」、「統合失調症」による、
嫉妬妄想など関連して起こることもあります。

 

 

関連して「アルコール依存症」などの症状も発症します。

妄想性障害」や「パーソナリティー障害」に起因している可能性もあると言うことです。

 

 

ちなみに「妄想性パーソナリティー障害」は猜疑心がひどく、
誰かに利用されているのではないかと常に恐れ、何の根拠もないのに相手に悪意があると思いこみます。

 

 

妄想性障害」は職場では至って冷静なのに家に帰り、
プライベートになると態度が突然変わるのが特徴的です。

 

 

常に疑心暗鬼で自分以外はみな敵になり、誰もパートナーに近かづけないようにし、
何の根拠もなくあれこれと疑い始めます。

 

 

オセロ症候群に関連して!

オセロ症候群になりやすいタイプの人は、自信が不足していたり、
幼少期に近親者との死別などを経験していたりすると、なりやすいとされています。

 

 

また不安を抱きやすい性格や、
地位や財産の大きな損失体験もその要因の一つに挙げられます。

 

 

ちなみにオセロ症候群は認知症の高齢者にもみられまた、
仮想的な三角関係に陥る場合いもあり、
実際にはライバルではない相手にまで敵意をむきだしにすることもあります。

 

 

大切な人を束縛する行動が目立ち、
これはやらないで!」と禁止するものごとが多くなります。

 

 

どこにいるの?」「何をしているの」など頻繁に聞いて確認する行動をとるようになり、
また浮気をしていなくても浮気をしたと疑われ、愛情も減っていってしまします。

 

 

オセロ症候群がひどくなると社会生活やプライバシーが著しく侵害され、
嫉妬束縛によるストレスが蓄積され、愛情が無くなり結果離婚へと至ります。

 

 

スポンサーリンク

 

 

オセロ症候群についてのまとめ

オセロ症候群とは?その原因や治し方は?

 

 

オセロ症候群の説明いかがだったでしょうか!

恋愛に嫉妬はつきものですが、
パートナーにたいして異常なまでの独占欲は愛情とは言えません。

 

 

お互いが不快な気持ちにならないよう、
パートナーどうし常にコミュケーションを密にとり理解し合い尊重し合い、生活しなければなりません。

 

 

オセロ症候群がひどくなった場合は、
その原因の把握と早めに医療機関などに相談することをおススメします。

どうかパートナーとよい人間関係を築き、素敵な人生を末永く送ってください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク