季節ごとのイベント情報と、最新の芸能ニュースなどトレンド情報をいち早くご紹介!

エイプリルフールの由来をご紹介!嘘をつけるのは午前中だけって本当?

4月1日と言えば、
「年に一度、嘘をついても許される日」でお馴染みのエイプリフールですね。

近年、日本でも企業のエイプリルフールネタで大きな話題になる楽しいイベントですが、
そもそもエイプリフールが始まった由来
は意外と知らない人も多いのではないのでしょうか?

 

 

今回は、そんなエイプリフールの由来にスポットを当てて、
エイプリフールについて詳しくご紹介致します!

エイプリフールの由来以外にも、
エイプリフールのルール海外のエイプリフール事情など、
色々とエイプリフールに関連したことを沢山ご紹介致しますね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

エイプリフールの由来について

エイプリルフールの由来をご紹介!嘘をつけるのは午前中だけって本当?

 

 

まずは、エイプリルフールの由来についてご紹介致します。

とは言ったものの、実はエイプリルフールの正確な由来は不明なのだそうです。
なので、有力だとされているエイプリルフールの由来をいくつかご紹介致しますね!

 

 

・フランスの「嘘の新年」説

まずは、最も有力だとされているエイプリルフールの由来である、
フランスの「嘘の新年」説をご紹介致します。

 

 

ことの始まりは、
フランスで新しい暦であるグレゴリオ暦の採用が決定したことから始まります。

暦が変更する前のフランスでは、
新年を3月25日としていて、
4月1日までの期間にお祭りを行なっていました。

 

 

しかし、1564年に当時のフランス国王であるシャルル9世が、
1月1日を新年とするグレゴリオ暦を採用したことに、
フランス国民が大反発してしまいます。

そんなフランス国民の反発は、
4月1日を「嘘の新年」として盛大なお祭りを開催することで形となり、
その反発に腹を立てたシャルル9世は「嘘の新年」を祝った国民を次々と逮捕し、
挙げ句の果てには処刑してしまったのだそうです。

 

 

この出来事に憤りを覚えたフランス国民は、
シャルル9世によって引き起こされたショッキングな出来事を忘れないように、
その後も「嘘の新年」を祝い続けたそうです。

その「嘘の新年」が現在のエイプリルフールとなったと言う説なのです!

 

 

エイプリルフールには、国王への批判や反発悲惨な出来事を忘れない為など、
様々な感情や思惑が込められたことで生まれたイベントだったのですね。

正直、今の日本で行われているエイプリルフールからは全く想像出来なかった由来ですね…!

 

 

・ノアの箱船説

続いてご紹介するエイプリルフールの由来は、ノアの箱船説です。

あなたもご存知かと思いますが、
旧約聖書「ノアの箱船」
実はエイプリルフールの誕生に関係しているのではないかと言う説がございます。

 

 

大洪水の予言を受けたノアが、
巨大な箱船を作って無事に大洪水から逃げのびることが出来た後、
大陸を探す為を飛ばしたのですが、
残念ながら鳩は陸地を探すことが出来ずに戻ってきてしまったそうです。

その、無駄足となった日こそが4月1日だったことから、
「無駄なことをする日=嘘をついてもいい日」となって、
エイプリフールが誕生したと言う説です。

 

 

・キリスト教信者によって作られた説

続いてご紹介するエイプリフールの由来は、
キリスト教信者によってエイプリフールが作られたのではないかと言う説です。

と言うのも、4月1日キリストの命日なので、
キリストがユダに裏切られて命を落としたことを忘れない為に、
と言うのが由来だそうです。

「裏切り=嘘」と言うことから、
エイプリフールが作られたのではないかと言う説なのですね。

 

 

上記の3つのエイプリフールの由来以外にも、
インドの修行僧をからかう行事や古代ローマで行われていた遊びなどが
エイプリルフールの由来だとも言われていますが、
最も有力なのはフランスの「嘘の新年」説なので、是非覚えておきましょう!

 

 

エイプリフールのルールについて

エイプリルフールの由来をご紹介!嘘をつけるのは午前中だけって本当?

 

 

ここで、エイプリルフールのルールについて詳しくご紹介致します。

「嘘をつくだけなのにルールが必要なのか?」とお思いの方もおられると思いますが、
物事を楽しむ為にはルールを守ることは大切です。

エイプリルフールにも、一応ルールは存在します!

もちろん、強制力があるわけではありませんが、
このルールを守っておいた方がよりエイプリルフールを楽しむことが出来ると思うので、
是非覚えておいて下さい!

 

 

・エイプリルフールに嘘がつけるのは午前中だけ!

こちらは割と有名なエイプリルフールのルールだと思いますが、
「午前に嘘をついても、午後にはちゃんとネタばらしをしましょう!」と言う
意図が込められているのですよ。

元々はイギリスの言い伝えが元となっています。

 

 

・エイプリルフールについた嘘は叶わない?

こちらはルールと言うよりかは、ジンクスのようなものですね。

何故このようなルールが生まれたのかは不明ですが、
そもそも叶いそうではないことを嘘で「叶った!」と言うことが
元となっているのではないかと言われています。

 

 

・他人を不幸にする嘘は絶対ついてはいけない!

エイプリルフールのルールの中で、これが一番重要なルールではないかと思います。

他人の利益に関わることや他人を傷つける内容の嘘は、
絶対にエイプリルフールだからと言って許されません!

エイプリルフールにつく嘘は、笑えるもの可愛らしいものにしましょうね!

 

 

スポンサーリンク

 

 

海外のエイプリルフール事情について

エイプリルフールの由来をご紹介!嘘をつけるのは午前中だけって本当?

 

 

最後に、海外のエイプリルフール事情についてご紹介致します。

 

 

海外のエイプリルフールでも、
企業のエイプリルフールネタ大きな話題となるは日本とあまり変わらないのですが、
国によってはそもそもエイプリルフールを禁止にしている国もあるのですよ!

エイプリルフールを禁止にしている国にあげられるのは、まずは中国です。

中国では、嘘をつくことが国の文化と合わないこともあって、
エイプリフールは禁止になっているそうです。

また、韓国ではエイプリフールはあるものの、
軍隊に関係する嘘は禁止となっているそうですよ!

 

 

他には、禁止というわけではなく単純にエイプリフールが浸透しなかったと言う理由で、
フィリピンペルーではエイプリルフールが行われていないそうです。

 

 

エイプリフールの由来を中心に、エイプリフールについて色々とご紹介して来ましたが、
私自身が意外とエイプリフールについて知らないことが多くて、
調べてみて「なるほど!」と思うことが沢山ありました!

しっかりとエイプリフールのルールを守って、エイプリフールをより楽しみましょうね

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク