季節ごとのイベント情報と観光地情報、豆知識・お役立ち情報などをご紹介!

本読みの上達方法とは?環境を整えて好きな分野の本を探そう!

「本読みが苦手」―その認識が刷り込まれてしまった方は
決して少なくはありません。

筆者を含め、小中学生の頃に、周囲の環境から
活字に対して、条件反射で苦手意識が芽生えてしまった
という方は数多く存在します。

 

 

ですが、そんな活字とは縁遠く育った1人である筆者が
ライターを生業としたように、世界には、読書得手不得手依存しない
言葉を扱う職種が沢山ありますよね!

こちらの記事では、子どもから大人まで向き合える
「本読み」在り方や、言葉との生き方のポイントについて
全部で3つのポイントをお伝えしていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

本読みのポイント その1.本に慣れ親しむ環境づくり

本読みの上達方法とは?環境を整えて好きな分野の本を探そう!

 

 

であれ映画であれ、あるいは音楽であれ、何を取っても
まずは「親の姿勢」が、常に大きく影響することを、覚えておきましょう。

家族全員で本を読む時間を作ること
テレビやスマホなどのメディアを切り離す時間を作ることは
言わば、究極の方法でもあります。

 

 

そこまでせずとも、親が楽しそうに本を読む姿を見せるだけで
子どもにとっては大きなプラスの影響に繋がるものなのです。

また、子どもが小さいうちの読み聞かせや、交互読み
文章を読む、言葉を追う、といった、基礎的な知育にも繋がる
よい習慣作りに役立ちます!

日常生活において、というものの存在が身近にあること
そして、それらに集中する時間を設けることが
本来、最も重要な要素であると言えます。

 

 

子どもには全てが素直に響くので、「親の嫌いは子どもの嫌い」
という仕組みは、自然の摂理に適った、極当然の現象です。

とは本来、無理をして読むものではなく
自ら興味を持ち、楽しみながら読み進めていくもの。

まずは何よりも、そうした環境・雰囲気作りが、本読みに対する
最初の鍵
になる、ということですね!

 

 

本読みのポイント その2.好きな分野の本を読む

活字は、雑誌教科書新聞などをはじめ
実は私たちの生活の、あらゆるところに溢れているもの!

例えば、漫画の台詞が面白かったり、新聞のスポーツ欄は読むなど
自分が前のめりに興味を持って読める活字
本当の本読みのスタートラインであるべきですよね。

 

 

興味面白さ楽しさの中にあってこそ
人は本来、初めて、好奇心という意欲が湧くものです。

文学作品や伝記など、この本は良い、この本はダメといった
極端な限定形・命令形は、本当の意味での読書意欲の芽
摘み取ってしまうことになりかねません。

純文学や小説など、活字が苦手であったとしても
この物語は面白い、タイトルから内容が気になる、情報を得たいなど
目的がはっきりとしていれば、どんな本も読み進められます

 

 

本読みとは、本来、活字であるか否か以前
「読みたい本」かどうかが重要である、ということ。

「読んでみたい」という意欲を大事にすることが、一番大切であり
つまるところは、本の種別自体は、二の次三の次でも構わない
と言っても過言ではありません。

 

 

動画ネットで、容易に情報を得られる時代―
活字は内容を知る手段に過ぎない、という声もある中
本を読む良さとは、一体どこにあるのでしょうか?

テレビを含めた動画は、全て受動であることが前提にあり
方向付けがなされた状態且つ、受け手自身が想像力を膨らませること
実に困難なメディアの形であると言えます。

 

 

一方のは、自ら手先で読み進め、ページを進める毎に
文字では足りない情報を求め、頭を働かせ、イメージ展開
考える、という仕組みが、半強制的になされるもの!

本の中にメモを残したり、を挟んだりと
物理的に、幾通りもの解釈を広げられるのが
本が本として在り続ける由縁でもあります。

この、にまつわる一連の脳のシステムに限っては
「興味を持つ」ことのできる、人間ならではの特権である
と言えるので、ぜひ今後も意識し続けておきたい部分ですね。

 

 

本読みのポイント その3.評価することの大切さ

本読みの上達方法とは?環境を整えて好きな分野の本を探そう!

 

 

本を読むための環境を整え、気になる分野の書籍を据えたら
最後は、読書に対する評価の仕方について
その重要性を、一緒に考えてみましょう。

最もイメージできる本読み評価の在り方と言えば
夏休み最後の砦となっていた、「読書感想文」の構図
ではないでしょうか?

 

 

作品を読んだら、必ず気持ちや様子を読み取り
自分の考えも入れながら、それらを文章にまとめるという
何度考えても、少々ハードルが高い課題ですね。

「宿題付きの読書」というのは、大人でさえ
ストレスの原因になっても仕方がない
プレッシャーを含んだものになっているということ。

これらは全て、自発的に読んだ内容に感動し、それを伝えたい
という思いが強く宿った瞬間に、感想文紹介文としての
価値が生まれると言えます。

 

 

形式や数のための、「押しつけに近い作文」
強要するスタイルのままでは、人はいつまでも
子どもの頃から読書を毛嫌いしてしまいかねません。

そうした意味で、本来、読書の後の評価というものは
「読了した事実」そのものを、評価し称えるべきです。

 

 

さらに言うと、元来の感想文における、文章化のポイント
感動した部分や伝えたい部分だけでも、問題ありません。

そして、親や家族であれば、その本の原作続編シリーズ
追加で買い与えることでも、評価に繋げられると言えます!

 

 

ただし、読まずに埃を被った本に対し、勿体ない
お金や場所の無駄などと思わないことも、同時に大切なポイントです。

本読みは、興味が持てて、最後まで読める本探し当てること
そのものも、読書の一部なので、その時の本人、また自分にとって
しっくりこない本や作品だった時は、潔く棚に戻すことをオススメします。

 

 

「興味の持てる本探し」の成功体験を積む中で
人はそうした能力を培っていくので、ぜひあなたも
まずは本屋さんを散策してみましょう!

「何となく好きな作品」を、どれだけ多く見つける
「読みやすそうな作品」を、どれだけ読了できるかが
読書への偏見を覆す、最大のポイントであると言えます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

本読みを上達させるポイントのまとめ

「本を読むことが日常の一部」―ここへ至るには
やはり環境作りが大切であり、好きな分野を見つけることで
その方向性を生み出されていきます。

そこから、好きな本好きな表現
人生の中で積み上げ続けていることを、評価するのが
最もシンプルで重要な過程です!

 

 

テレビの字幕、音楽の歌詞、ニュースや新聞の見出し
そして、インターネットにはホームページやブログがあるように
はもはや、活字必須の世界に生きています。

だからこそ、堅苦しい古文や歴史書、戯曲や書物
無理して読む必要はありませんよね。

勉強のため、道徳心を育てるためなどの理由もありますが
それらは結果として、成績のための本の読み方になっていることもあります。

 

 

算数の文章題は、読解力以上にパターンの場数が必要であり
国語においては、「国の言語」を習得する授業であって
本来、物語の正解を探す授業ではありません。

作者の数・読み手の数だけ、様々な解釈が存在するので
多様な考え方・捉え方・予想の仕方があっていいものなのです。

それら机上の授業も、年齢と共に、社会通念を踏まえながら
活字を越え、現実との照らし合わせに展開されていきますよね!

 

 

ここで初めて、メディアを越えた社会体験と
自分の感覚とのすり合わせを経て、文字や文章以外
人としての感性が育てられるということ。

「本読み」のみならず、古い価値観だけを妄信することは
かえってリスクを伴う時代です。

事実を見つめ、時代に応じた読書のすすめを探し
他人の感想文だけを求めず、自分自身興味のある分野を
自由に読み進めてみることが、最も大切であるのではないでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク