季節ごとのイベント情報と、最新の芸能ニュースなどトレンド情報をいち早くご紹介!

自分に自信をもつ方法とは?自信の持ち方についてご紹介!

「自分に自信がありますか?」―そう聞かれた時
あなたはどのように答えるでしょうか?

恐らく、筆者を含む、多くの日本人は即答もしくは少し迷いながら
「自信がない」と答えるでしょう。

 

 

自分に自信がないことは、仕事やプライベートをはじめ
生活でのあらゆる場面において、必要以上に自分自身へ不安
感じさせる原因になります。

気がつくと、精神的に生活しずらくなった、なんてことも
現実問題、珍しくありません。

しかし、その状態は、本来のあなたの貴重な時間を浪費する
非情に勿体ないことでもあるのです。

 

 

ここでは、自分に自信をもてないあなたに知ってもらいたい
自分に自信をもつ」ための、4つのポイント
ご紹介しています!

決して難易度が高いこと事ばかりではないので、まずは
出来る部分から、少しずつ取り組んでみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

「自信がない」ということ

自分に自信をもつ方法とは?自信の持ち方についてご紹介!

 

 

自分に自信がある状態は、安定した心身を生み出す大切な要素ですが
現実は多少自信が無い状態でも、人々は極普通に生活できるもの。

筆者自身、自信が無いと、人生にどのような支障があるのか
と、ふと疑問を感じることもありました。

ですが、あらゆる経験を経て、ただ何となく自信が無いより
少しでも自信があるだけで、今以上に生きやすくなる世界
を知ったのです!

 

 

自信が無い状態・状況において、人は無意識下で
過剰」に物事を行う傾向があります。

その理由は至って単純であり、何よりも自分の行動の
「質」を「量」で補おうとするからです。

 

 

自分に自信さえあれば、1で大丈夫、と思える事象や行動でも
ただ自信が無いことによって、念のために2と3と、もっとすべきではないか
とさえ考えてしまいます。

例えば、トイレの水を流す行為において、詰まりや故障が無い限り
1度レバーを引けば水が流れる、という事実も
誰かに説明するには、自信が無ければできないことなのです!

ここで、そんな「過剰」になりやすい条件性格
いくつかご紹介していきましょう。

 

 

●過剰になりやすい条件
気を遣う、自分を責める、他人に合わせる、評価を気にする

●過剰になりやすい性格
優しい、心配性、協調性、努力家、熱心、真面目

こうした特徴を持つ人の多くは、何においても、自信の無さをカバーすべく
かえって過剰な行動に走りがちです。

 

 

では、そんな過剰になる気持ちを、少しずつ抑えるには
どういった対策が必要なのでしょうか?
―その答えこそ、「心のゆとり」であると言えます!

現代人、特に日本という国民性を鑑みると、マルチタスク
即ち色々なことを同時にこなす人が実に多いもの。

その中で無意識のうちに、神経全体緊張状態に置かれる場面が
増えていると言えます。

 

 

だからこそ、心の緊張をほぐしながら、まずは自分の気持ちに
ゆとりを与えてあげましょう!

自信がある人の特徴として、出来ることと出来ないことを
弁えている、という点が挙げられますが、それはシンプルに
「出来ない事は出来ない」と断る力があるということ。

実力の範疇で自分をコントロールするので、常に周囲の状況も
俯瞰できるという構造ですね。

 

 

また、自信がある人ほど、常に落ち着いていられるので
色眼鏡で見られることなく、「ありのまま」が受け入られやすいもの。

自分の強さと弱さを、自分自身で受け入れられる時点で
他人が出来ないことや、不完全な環境をも受け止められる
というわけですね!

 

 

自信をもてる人による3つの考え方

本当に自信がある人が持つ、特徴的な考え方は、大きく分けて
3つあると言えます!

では、その3つの考え方には、一体どのようなものがあるのか?
―こちらではその部分を、より詳しくお伝えしていきましょう。

 

 

その1. 「僕・私は、人生の主人公である」という断定形の思い込み

あなたは本来、誰かの脇役やライバル、その他大勢のエキストラ
ましてや代役ではなく、あなたの人生を演じ続けている
あなたの物語の主人公、という位置づけにあります。

 

 

この自覚は、まさに「精神的に自立している」状態であり
誰かに何かを決められながら生きるのではなく
自ら意思決定できる力がある、ということです。

この自立の過程を経る中で、いわゆる「自分を信じる力」である
自信をもつ状態に至ります。

 

 

その2. 「自分は自分である」という存在肯定ができている

あるがままの自分を認める行為そのものが、自分を信じること
への裏付けになる、ということ。

自己肯定感がある」とも言い換えられるこの力は
何か1つでも出来る自分を知り、何かが出来ない自分を受け入れられる力
でもあります。

 

 

今の自分をそのままに受け入れることでプラスの意味
「これが自分」という妥協点を見つけられ、自分を好きになる
きっかけを得ることができる、ということ!

反対に、「嫌」や「嫌い」と思う自分の側面を見つけ過ぎると
自分の良さを霞めることになり、いざと言う場面にも
自分を信じられず、本来の力が発揮できなくなる悪循環に陥ります。

「目覚ましがなくても起きれる自分」や「寄り道せずに帰宅できた自分」
あるいは、「睡眠を優先した自分」や、「帰り道に買い物を済ませた自分」
という具合に、行動の視点を変え、意識してみましょう!

 

 

その3. 「出来る」・「出来た」を認められる

何かを成し遂げられる、と思えるかどうか
自信を持てるかどうかに直結する、大事な部分であると言えますよね。

ここで言う成し遂げるというのは、難しいこと、複雑なことではなく
シンプルで簡単なこと、慣れていることで構わないのです。

 

 

これは逆説的にも言えることであり、人間は誰しも
「やったことが無い」ことや、「経験したことがない」ことは
即座に「出来ないこと」と分別がつけられます。

だからこそ、まずは「出来ること」のスタートラインに立てるよう
出来ると思うこと、出来る姿をイメージすることが
実際に出来る、あるいはやりきれる自信に繋がるということですね。

その「出来そう」、「出来る」、「出来た」の経験を繰り返すこと
自分に自信をもつ上で、最も重要であると言えます!

 

 

人は、この3つの考え方を確保できた時に初めて
いわゆる自信を持てるもの。

ただし、少しずつ意識しながら、その状態に慣れていく中で
気を付けるべきポイントも2つあります。

自分にダメ出しをしないことと、他人と比べないこと
―この2点は、常に心得ておきたい部分です!

 

 

自分にダメ出しをすることは、一見大事な要素にも見えますが
問答無用で行うのは、自分で自分をわざわざいじめているようなもの。

自分を大切にできるかどうかは、やる気の有無に止まらず
他人に対しても、必要以上に厳しくならないようにする上で
実に大事なポイントです。

終わりのない無限ループで、自分を責め立てるだけの反省は
真の反省点を掻き消すので、ぜひ注意しておきたいところ!

 

 

また、他人と比べることは、相手に対して失礼にもなり得る
リスキーな考え方であると言えます。

他人は他人、あなたはあなたのペースを守ることで
人は初めてそれぞれの個性を活かせるものですよね!

あの人に出来て私には出来ていないこと、があるということは
あの人には出来ないけれど私には出来ること、があるということ。

 

 

ありのままの自分を受け止めつつ、誰かをフォローできる自分
焦点を当ててみてください!

自分に出来ることを増やせるかどうかが
自信をもつ上で、重要なキーポイントになりますよ。

 

 

自信を持つ為に必要な事は?

自分に自信をもつ方法とは?自信の持ち方についてご紹介!

 

 

では、実際にどうすれば自信をもてるのでしょうか?
―まずは、過去の自分と今の自分を、完全に別人として考えてみましょう。

昨日のあなたに出来なかったこと、1ヵ月前のあなたが出来なかったこと
半年前のあなたが出来なかったこと、思い返すだけでも
数えきれないほどの「出来なかった」を思い出せますよね。

 

 

1人で歩くこと、麺をすすること、お箸を使うこと
風邪薬を飲み込むことも、自分の名前を漢字で書くことも
好きな曲の歌詞を覚えることも、全て元々「出来なかった」のです!

人は、そうした今までに出来なかったことほど
出来るようになった直後から、徐々に忘れてしまうもの。

ここでも同じように、あえて「出来なかったこと」を
一旦忘れてみましょう。

 

 

そして、「あの時出来なかったこと」という諦めの心理逆手に
「あの時しなかったこと」を選んでみるのです。

そうした新しい挑戦を、1つずつ重ねる中において、常に
現在」、「」を意識してみることが重要であると言えます。

 

 

現代の人々は、あらゆる環境要因により、「今」を捉える
アンテナが鈍感になっている場合が多いのです。

手先では仕事を進め、頭の半分は来月の納期にむけた逆算が行われ
帰宅しながら今週の献立を考え、寝る直前もプレゼン資料に目を通すなど
「今」に意識を向けるのは、もはや困難な時代でもあります。

 

 

だからこそ、新しい試みに挑む上では、その瞬間にやるべきこと
まさに1つずつ、こなしていくことが、大切なのです!

ただこれを繰り返すだけで、人は不思議と
条件反射で蓄積される過去の体験と記録から
半自動的に自分を信じざるを得なくなるということ。

その中で時々見つかる、「あの時はあれだけやりきったな」
「あの時の仲間なら、また頑張れるな」という達成感や誇りこそが
最も自然に自信をもつ瞬間であるということですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

自分に自信をもつ方法のまとめ

ここまでご紹介してきた、自分に自信をもつ方法について
いかかでしたでしょうか?

自分に自信があるのと無いのとでは、生活のクオリティそのものが
大きく変わることが、よく分かりましたよね!

 

 

今まで周りに振り回されていたあなたも、自信をもつことで
自分の軸を持てるようになり、振り回されることが、一気に少なくなります。

自分というはっきりとした基準やこだわりを大切に
ぜひあなたも、自信探しを楽しみながら、有意義な日々を過ごしてみましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク