季節ごとのイベント情報と観光地情報、豆知識・お役立ち情報などをご紹介!

憧れのヨーロッパ旅行~綺麗な町並みを誇るベルギーの地~

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月19日17:00~9月24日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月24日16:59まで)はこちら

 

 

筆者と友人は、ヨーロッパでの旅行
イギリスで「サウンドオブミュージック」を観劇しようとしましたが
この時は生憎、満席で予約できませんでした。

当時のミュージカル作品としては
実に人気作だったこともありその日は潔く断念。

舞台を観られなかった分、夕食にはイギリスの伝統的料理
ローストビーフを食べ、少し贅沢なディナータイムを楽しみました。

 

 

連絡船でドーバー海峡を渡り、ベルギー入りを果たすと
その綺麗な町並みと、洗練された文化に心撃たれた私たち!

この記事では、そんなベルギーの旅で体験した
様々な出来事を、順番にお話していきましょう。

 

 

北のベニスと言われるブルージュ

憧れのヨーロッパ旅行~綺麗な町並みを誇るベルギーの地~

 

 

ベルギーに上陸してすぐ、北のベニスと言われる町並み
綺麗なおとぎ話の世界に見える、小さな町・ブルージュを訪ねました。

後に訪れる、本家は南のベニスよりも
全体的に建物が新しく、比較的綺麗に整備されていましたが
コンパクトな町であったというのが、正直な心境でした。

 

 

レンタル自転車で、数時間かけながら町を観光していると
早朝の町で、人々はペットとの散歩を満喫しており
見ず知らずの私たちとも、気さくに挨拶をしてくれました。

ブルージュの町の工芸品として有名なのは
レース編みの工芸品で、ブローチなどのアクセサリーが
綺麗に編まれたレースで仕上がっていたのも、魅力の1つ!

美しい町並みに上品な人々、そして素敵な工芸品という
まさに夢のような世界が詰まった町だったと言えます。

 

 

グラン・プレス広場の一角にある像

憧れのヨーロッパ旅行~綺麗な町並みを誇るベルギーの地~

 

 

ブルージュを離れた私たちは、ブリュッセルの中心部にある観光名所
グラン・プレスへ足を運びました。

中世の建物に囲まれた石畳の広場で、縦70m・横110mの小広場ですが
広場に面する建物の装飾には目を奪われます。

 

 

グラン・プレスから少し行ったところ
この一帯の中では有名な、小便小僧の像がありました。

身長55.5㎝の像でしたが、見てみると小さな子ども達
群がってよじ登っていたのが、印象的なスポットでした。

 

 

その昔、ブリュッセルが敵軍から爆薬攻撃を受ける間際に
小便で導火線の火を消し、町を守った王子がいたことから
その彼を讃え、建てられた像だというのが、有名な説です。

子どもが楽しむ場所の、ランドマークである像は
まさに、王子ならではのユーモア溢れる発想
町を守ったと言えるのではないでしょうか?

 

 

喫茶店の地下3階にあったもの

ベルギーならではの名所を、一通り見物した後
私は友人と一緒に、喫茶店に入りました。

ヨーロッパでは、が非常に貴重であり
ケーキと共に、プレートに並べられて出てきたのです。

ベルギーはチョコレートでも有名な国
出されたケーキは、とても美味しいチョコケーキでした。

 

 

一段落したところで、お手洗いに行こうと
スタッフに場所を尋ねると、トイレは地下にあるとのこと。

言われた場所へ実際に行くと、地下3階の暗い場所で
門番のおばあさんが1人と、お皿の置かれたテーブルがありました。

 

 

これは、当時の日本ではまだ見慣れなかった
いわゆる、有料トイレだったのです。

少し気味悪くも感じたものの、ひとまずは
おばあさんの皿に小銭を支払いました。

その後、日本でも有料トイレを見かけるようになりましたが
ヨーロッパは何かと、日本より早く始まるのだと感じました。

 

 

ベルギー旅行のまとめ

ベルギー旅行は、早朝のレンタル自転車での観光に始まり
終始、綺麗で素敵な印象のまま終わりました。

この地では、友人との大きな喧嘩もなく
一定、仲良く観光ができました。

 

 

この後、オランダを経由し、ドイツへ向かう私たち
オランダは、風車とチューリップが美しい場所というイメージでしたが
町の中心街には、意外にもゴミが散らかる場所も多くありました。

日本人よりもはるかに背の高いオランダ人が
まるで壁のように、私たちの両サイドを歩くので
少し威圧感と不安も生まれました。

アンネの家で隠し扉などを見るなど、王道の観光はしましたが
実際には町の小汚さが際立ち、条件反射でベルギーと比較してしまう
少し残念な旅にもなりました。

 

 

ベルギー、オランダと渡り歩いた後の訪問地・ドイツでは
大聖堂に上ったり、ビアホールで楽しんだ思い出があります。

しかし、フランクフルトのレストランで
同席した外国人に追いかけられるという珍事が起きます。

ベルギーの旅を終えてからの旅路は
山あり谷ありでしたが、実に思い出深いヨーロッパ旅行ができた
忘れられない人生の原点になったと言えます。

.

 

スポンサーリンク

 

 

当サイト管理人の電子書籍がAmazonで独占販売中!

すべてワンコイン500円で販売していますよ♪

さらに月額制サービスなら、すべて【無料】で読むことができるんです!

 

また、当サイト管理人の愛犬「コロタン」がLINEスタンプになりました♪

 

⇒詳しくはこちらのページをご覧ください

 

 

【無料キャンペーン中】

9月19日17:00~9月24日16:59まで、
無料でダウンロードできますので、読んでいただければ嬉しいです。

⇒無料ダウンロード(9月24日16:59まで)はこちら

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク