季節ごとのイベント情報と、最新の芸能ニュースなどトレンド情報をいち早くご紹介!

いぼの取り方はどうするのか!液体窒素やレーザーがいい!

加齢とともに出やすくなるいぼですが、段々と大きくなると気になります。

何とかして取りたいと思いますが、どうするのが一番いいのでしょうか。

専門医としては、皮膚科ということになりますが、痛かったりしないのでしょうか。

 

 

そんな疑問に、いぼを取った私の体験談をお話します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

いぼに効く食べ物や薬はあるの?

いぼの取り方はどうするのか!液体窒素やレーザーがいい!

 

 

ヨクイニンは、ハトムギの皮をとった種の部分です。

体の内側から働きかけて、水分代謝を促進して、老廃物の排出を促すものです。

いぼ肌荒れを治してくれる効果があります。

しかし、長いスパンで考えないといけない方法なので、薬はないのかなと調べました。

 

 

生薬ヨクイニンが配合された錠剤がありました。

いぼを取ることができるという塗り薬もありました。

飲み薬などもネットで販売しています。

 

 

しかし、たくさんの種類があると、それはそれで迷います。

本当に効くのかとも疑ってしまいます。

 

 

一般的な肌荒れを治す程度のクリームでは、なかなか取れてきません。

これは、素人判断で何かするよりも、専門医の皮膚科がいいのではと考え始めました。

しかし、いざとなるとメスで切り落とすのかななどと恐怖が募ってきました。

 

 

実は、このようないぼは感染性があって、菌のようなもの死滅させなければ完治しません。

ですから、切ったとしても菌が残ってしまう可能性もあるわけです。

専門医では、この場合液体窒素によって焼く?というやり方をします。

 

 

思い切って窒素で焼く?

皮膚科へ行ってみると、私の場合はやはり感染性のいぼという診断でした。

まぶたの上にあって、育ってきたので視界に入るまで成長してしまいました。

医者によると、菌がついて脂肪と皮でてきたようなものが、
血管を通じて栄養を得て育ってきているということでした。

 

 

液体窒素という冷たい液で焼くことで、この栄養ルート断ち切るという施術です。

痛いのかなと不安でいっぱいでした。

でも、麻酔注射でもしてメスで切るという大がかりなことではなさそうなので
内心ほっとしていました。

 

 

先生は、液をつけた綿棒患部に押しつけて塗っているようでした。

数回塗るようなことをして終わりました。

もう終わってしまったと、簡単な治療にびっくりしました。

 

 

その後は、患部が段々と朽ち果ててかさぶたのようになり、ある日ぽろりと落ちました。

通院して塗ったのは、3、4回でした。

今は跡形もなく綺麗になっています。

 

 

一つ注意されたのは、患部にファンデーションなどの化粧をして来ないということです。

女性が外へ出るときには、必ず化粧をするものですが、
このときばかりは患部はすっぴんの状態でなければなりません。

化粧成分が肌にあると、治療後に色素が沈着してしまい跡が残ってしまうそうです。

 

 

レーザー治療をした従兄弟

いぼの取り方はどうするのか!液体窒素やレーザーがいい!

 

 

私の従兄弟は、いぼではなく大きなシミが顔に出来ていました。

ある時遊びに行くと、その肌が綺麗になっていました。

瞼や頬のあたりに大きなシミができていたはずでした。

 

 

どうやったのかと聞いてみると、レーザー治療をしたとのことでした。

液体窒素などと比べて、費用は大きくかかりますが綺麗になった肌を見て、
レーザー照射も効果的なのかなと思いました。

いぼ治療にも、確かレーザーによるものがあったはずです。

 

 

レーザーをあてるなんて、ちょっと怖かったのと費用が高いので敬遠していました。

SF映画やサスペンスではあるまいし、危険なことなどないとは思うのですが、
レーザーはちょっととつい考えてしまいます。

治療は進化していますが、
とにかく栄養を断ち切り菌を死滅させることが大切であることに変わりありません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

いぼの取り方はどうするのかのまとめ

紫外線の影響皮膚の老化が原因でいぼが生まれます。

また、ひっかき傷からウイルスが侵入していぼになる場合もあります。

その除去方法は、
皮膚の新陳代謝をよくする薬による方法
液体窒素の塗布
そしてレーザー治療があります。

 

 

気になる費用ですが、
液体窒素の場合は1回に千円もかからず、それを3回ぐらい繰り返すので、
数千円で完治します。

一方、レーザー治療は、1回1万円程度です。

値段の差が歴然としているので、その人の考え方にあった方法で治療することです。

 

 

いぼは、ウイルスでなると言いました。

ですから、いぼを触った手で他の部位を触ったりしてはいけません。

皮膚の傷から感染して、広がる可能性があるからです。

 

 

でも、他の人にまでうつるという心配はありません。

感染力はそう強くはないからです。

プールお風呂などで気を遣って、一緒にしないようにする必要まではありません。

 

 

始めは小さないぼでも、栄養をもらってしだいに大きく成長します。

見た目だけではなく、生活に支障が起きる場合もあります。

日頃の肌ケアーで清潔保湿代謝を良くすると共に栄養管理が大切となってきます。

 

 

ターンオーバーと言うのでしょうか、
循環がよく働いている肌になるように努力することが大切です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク