季節ごとのイベント情報と、最新の芸能ニュースなどトレンド情報をいち早くご紹介!

コミュニケーションの基本!日々の挨拶にまつわる意味についてご紹介

「挨拶」とは、人間が、基本的な社会生活を送る上で
重要な、コミュニケーションの1種です。

世界中、いつでもどこでも行われている
日常生活の1つの風景であるとも言えますね。

 

 

起きてから、寝るまでの間、人々が当たり前のように交わす挨拶ですが
そこには常に、様々な意味が含まれているもの。

単なるマナー礼儀における、1つの形としてはもちろん
それだけに止まらない、あらゆる「挨拶」の意味について
こちらの記事を通して、ぜひあなたも一緒に、考えてみましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

 

コミュニケーションの基本である「挨拶」の種類

コミュニケーションの基本!日々の挨拶にまつわる意味についてご紹介

 

 

幼稚園児から、おじいちゃん・おばあちゃんまで、あらゆる世代の人々が
共通して交わす、言わば「コミュニケーションの基本」とも言える挨拶

では初めに、そうした挨拶の基本的な種類分け方意味合いについて
順番に確認してみましょう。

 

 

・交流のための挨拶

1つ目の挨拶の形は、最もシンプル且つ、世界各国
それぞれの単語表現が存在する、「交流のための挨拶」

「おはようございます。」「さようなら。」「はじめまして。」から
「よろしくお願いします。」などが挙げられます。

 

 

目先の相手に胸襟を開き心で握手をするように言葉を交わす
「交流のための挨拶」は、マナーとしてのみならず
相手と心を通じ合わせる最初の第一歩となるもの。

これはまさに、国境を超える、コミュニケーションの形そのものである
と言えるのではないでしょうか?

 

 

・事象に対する挨拶

2つ目の挨拶の形は、「交流のための挨拶」の、次のステップである
「事象に対する挨拶」です!

「ごめんなさい。」「わかりました。」「ありがとうございます。」など
自身が受ける状況や、自身が発する反応など、トラブル・アクシデントといった
「事象に対する挨拶」も、立派な挨拶の形であると言えます。

 

 

人とのコミュニケーションにおいて、応答や返事があることにより
相手や自分の行動や選択が異なるのも、こうした挨拶があってこそのもの。

これは、言葉であるからこそ、物事や状況を解決・進行させるため
「潤滑油」となる言葉ですね。

 

 

・意欲や姿勢を整える挨拶

3つ目の挨拶の形は、一般的にイメージする「挨拶」として
最も意外な意味合いを持つ、「意欲や姿勢を整える挨拶」です!

「お願いします。」「はじめます。」「失礼いたします。」など
いわゆる「心構え」や「けじめ」といった、心や気持ちの切り替わりに対する
挨拶の在り方である、と言っても過言ではありません。

 

 

線引きが難しい挨拶の種類ではあるものの、前述した2つの挨拶を
さらに強い意志による表現としたものが、「意欲や姿勢を整える挨拶」

相手の懐で自らの意思・意図を発信する、という意味になるので
信頼や真心の上に成立する挨拶であると言えるのではないでしょうか?

 

 

・食事の挨拶

上記3つ以外の挨拶で、最も有名な挨拶となっている
「いただきます。」「ごちそうさま。」もまた
単に「食事の挨拶」という形で片付けるには、勿体無い意味を含んでいます。

 

 

食にからんだ挨拶は、即ち「命に対する挨拶」でもあることから
魚や肉など、生きものに対してはもちろん、また、農家さんや漁師さん
商店など、売り手に対する「尊敬」や「感謝」を表す挨拶です。

食事の際には、略して「いただきます。」と言いますが
その主語には、他の命があるということも、ぜひ覚えておきたいポイントですね。

 

 

コミュニケーションの基本である挨拶の仕方

世界中の挨拶には、色々な意味がありますが、その全てに共通しているのは
あくまでも、各々の「場面や状況に応じた挨拶をすること」に意味がある
ということ。

例えば、初対面の人同士の食事の場、一方が相手の目を見て
「よろしくお願いします。」と言い、片方が「ごめんなさい。」
頭を下げているのでは、そもそもコミュニケーションが成立しませんよね!

 

 

このように、心の照準を、相手の言葉に合わせながら
自らの姿勢意欲を、その言葉に込めることで
初めて「挨拶」の意味が成り立つわけです。

また、気のない挨拶や、上辺だけの挨拶は、実はその真意や表情が
容易に相手に伝わることから、マナー違反失礼・礼儀の欠如
繋がりやすいのも、覚えておきたいポイントの1つ!

もちろん、体調シチュエーション次第では、小声での挨拶
メール・手紙で明文化することにより、そうした無礼をフォローすることも
十分に可能です!

 

 

ただし、同じ挨拶をするのであれば、根本的な姿勢は常に相手に向け
可能な限り、自身の真っ直ぐな気持ちや思いやりを伝えられるものを
目指したい
ところ。

だからこそ、子どもたちは、小さな頃から
「大きな声で挨拶をしよう!」と、教えられて育ちます。

海外における挨拶には、「自分の存在をその場に発信する」
という意味が含まれている場合も多いものです。

 

 

心を伝えるためには言葉が必要であるように
現実世界での対面において、言葉を伝えるには、原則として
「声の大きさ」が必要になります。

英語に不慣れな日本人が、早口で小声のEnglish speakerから
「Can you speak English?」と聞かれ、「Yes.」・「No.」を答えられない
なんて場面は、そう珍しくありませんよね。

 

 

こうした場合の多くは、言語の差の前に、アクセントや会話のスピードの差
そもそものハンデとなっていることが多いのです!

現に、メールの文章や、子どものEnglish speaker
ハッキリと同じフレーズを話すことで、答えられなかった人の多くが
スムーズに会話できるのは、こうした理由によるもの。

関西弁や博多弁など、いわゆる方言で話すスピード
標準語で話すスピードでは、同じ1文でも、1秒・1文字以上の差が出る
と言われているほど、人の口と耳はその違いを認識しやすいものなのです。

 

 

挨拶1つをとっても、真摯にコミュニケーションを築くためには
適度に何を言っているのかが伝わるボリュームとスピードが必要になる
ということですね!

次に、挨拶姿勢や態度について、さらに詳しく
掘り下げてみましょう。

 

 

電話越しに挨拶をする場面において、相手に自分の姿が見えないにも関わらず
お辞儀をしたり、頷いていた、なんて経験はありませんか?

極端な話が、寝そべって話をしていても気づかれることはありません
多くの場合、なぜか電話越しにも、目の前に相手がいる前提
表情豊かに話せる人が沢山いますよね!

 

 

実はこれも、「挨拶」というコミュニケーションならではのポイントで
相手の声に反応する「気持ちの動作」として
確実に自身の行動に表れている証でもあるのです。

電話越しでそうした姿勢を意識できるわけですから
相手が見えている挨拶であればより一層、態度や姿勢も正しくしたい
と思えるのも、納得できますよね!

 

 

まずは相手の顔や目を見ること、声のボリュームやスピードを意識すること
軽く会釈をしたり、頬の筋肉を上げて微笑んでみることなど
「挨拶」の中には、コミュニケーションの条件が揃っていることが分かります。

この「挨拶」における、一連の心配りこそが、実は相手に対する
最大にして最終形態とも言える、心を込めた「最高の真心」になるのです!

 

 

自分に向けた「挨拶」は存在するか?

コミュニケーションの基本!日々の挨拶にまつわる意味についてご紹介

 

 

自分1人では生きていくことができない世界において
誰かと関わりを持つための、最もシンプル且つ、豊富なバリエーションに富んだ
コミュニケーションの形である、「挨拶」

ここまでは、自分以外の相手に向けた
基本的な挨拶の在り方
をお伝えしてきました!

 

 

ですが一方で、自分に向けての挨拶というものが存在する事実も
ぜひ覚えておきたいところ。

実はこれ、先ほどもお伝えした
「意欲や姿勢を整える挨拶」に含まれているのです!

言うなれば、「自分を鼓舞するけじめの挨拶」
とも言えるのではないでしょうか?

 

 

何かに取り組みはじめる時自分の背中を押したい時
気合いを入れたい時など、自分の生活の中で、けじめをつける時
一言声に出す「自分への挨拶」も、忘れてはならない、1つの挨拶の形です。

例えば勉強や仕事を片付ける時に、「がんばるぞ!」と意気込むことや
寝る直前、自分に言い聞かせる「おやすみ。」など、実は誰もが一度は呟く
「ひとり言」が、自分への挨拶であることも多いということですね。

 

 

ともすれば、「ひとり言」や「暗示」にも捉えがちな
こうした「自分への挨拶」は、不思議なことに、無言で何かに取り組むよりも
遥かに良い成果・結果が得られる
、という研究もあります!

そうした理由から、スポーツ選手が、「大丈夫!できる!」
「気合いだ!」と、自らを鼓舞している姿にも、納得できますよね。

自分の能力以上のものを発揮したい場面では
「火事場の馬鹿力」を出すための、スイッチにも置き換えられる
「自分への挨拶」を、ぜひあなたも上手に活用してみてはいかがでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

 

コミュニケーションの基本である「挨拶」のまとめ

このように見ていくと、挨拶は、実に種類が多く
使われる場面や状況、そして言葉を向ける相手や、自分自身の心持ちにまで
大きな影響を与える存在であることが、よく分かりますよね!

こうした挨拶は、現実の人間の世界だけに止まらず
極身近な自然界においても、表現や合図など、あらゆる形で
沢山のコミュニケーションの例があります。

 

 

動物も人間も、生きものとしての性質という、大きな括りで見るほど
生きていく上で欠かせない習慣・習性の1つが、「挨拶」であるということですね!

人見知りの子どもが、挨拶をためらい、その姿を親に咎められる
なんて経験をした方も、少なくないのではないでしょうか?

 

 

「挨拶」とは、礼儀やマナーであることはもちろんですが
本来はそれ以上に、社会を生き抜くための、コミュニケーションの術そのもの
であるということを、改めて伝えておきましょう。

知らない人に声を掛けられるのは、親心に不安な面が大きいですが
だからこそ、身近な人に対しては、親の姿に習って、自発的に挨拶をする子どもほど
常に周りの大人の目にも止まるものですよね。

大人に守ってもらうための挨拶、という意味では
防犯面で得るものが大きい時代でもあります。

 

 

挨拶をきっかけに、迷子の子どもを案内してあげること
日々の挨拶で、おじいちゃん・おばあちゃんの小さな変化に気づけること
道を聞くために声をかけること、ペットの挨拶人がコミュニティを築くこと。

全ては、自発的な挨拶により、初めて成立する事象である
と言っても、過言ではありません。

 

 

陰湿な事件も多い時代ですが、だからこそ挨拶を通した人との結びつき
そうした事件を未然に防ぐ目になります。

心を言葉で伝え、コミュニケーションを図る「挨拶」こそが
自分や相手の命を守るということ―まさに、生き伸びるための
命の「コミュニケーションの基本」であると言えますよね!

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

トップページへ戻る

 

 

この記事を読まれた方は次にこの記事も読まれています

 

 

トップページへ戻る

 

 

スポンサーリンク




サイト内検索
カテゴリー
お気に入りに追加

お気に入り登録しておくと次回からのアクセスが便利です♪

お気に入りに登録するには、【CTRL + D ボタン】で登録できます。

スポンサーリンク